Yahoo! JAPAN

川崎F アボカドで「市民一体に」 売り上げ一部 等々力整備に〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

タウンニュース

かわさき応援アボカドを手にPRする谷口選手川崎フロンターレ

サッカーJ1・川崎フロンターレは本拠地の等々力陸上競技場の改築整備を後押しするため、「かわさき応援アボカド」ブランドを立ち上げた。「かわさき応援バナナ」に続く第2弾。あさって24日(日)の清水戦でも販売ブースを開設する。

同クラブの本拠地・等々力陸上競技場をめぐっては、市が球技専用スタジアムとして整備する考えを示している。「市民一体となって愛されるスタジアムづくりをしよう」と、同クラブは、かわさき応援アボカドを立ち上げた。

1パック4個入りで398円(希望小売価格)で販売。1パック購入ごとに5円が等々力陸上競技場整備基金へ寄付される。ブランド立ち上げには、地元川崎の青果卸会社・東一川崎中央青果(株)とクラブパートナーの(株)ドールが協力した。

2009年から販売されているかわさき応援バナナは1房売れるごとに3円を同競技場の整備基金に寄付。これまで1千万円が集まり、2015年に完成した競技場のメインスタンド改修工事に寄与した。

10月14日にオンラインで開かれた会見で鳥津忠安東一川崎中央青果(株)代表取締役社長は「アボカドはだれがいつ食べても美味しく食べることができる」と述べ、多くのサポーターに手にしてもらいたいと願った。藁科義弘同クラブ代表取締役社長は「美味しく食べてよりよいホームスタジアムづくりに協力していただきたい」と呼びかけた。谷口彰悟選手は「選手にとっては球技専用スタジアムでプレーすることは楽しみ。自分たちの力になる。市民と一緒に過ごしやすい等々力をつくっていくことができる」と期待を込めた。

かわさき応援アボカドは、市内のスーパーや量販店などで販売。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【JOMONトーク Vol.10】ものづくりを通して縄文の精神をさぐる(佐京窯・佐京三義さん)

    まるごと青森
  2. 松村沙友理、<「LittleTwinStars×新宿サザンテラス Twinkle Color Christmas 2021」点灯式>出演!

    Pop’n’Roll
  3. 2021年10月23日オープン 鮨えび奈

    京都速報
  4. MY FIRST STORY、書き下ろしの新曲が映画『マトリックス レザレクションズ』の日本版インスパイアソングに決定(コメントあり)

    SPICE
  5. 『Bright - Win Inbox』タイの人気俳優のブライトとウィンが視聴者から募集したゲームで争うバラエティ番組がU-NEXTで配信開始

    SPICE
  6. J、ソロとしては2年7ヵ月ぶり全国ツアー開催決定

    SPICE
  7. インターホンが鳴っても居留守を使う人たち。居留守がバレると印象が悪い?

    ママスタセレクト
  8. ドニー・イェン×ニコラス・ツェー、燃えるふたりが激突する 映画『レイジング・ファイア』新場面写真&ムービングポスターを解禁

    SPICE
  9. 【ダイパリメイク/BDSP】地下大洞窟にいるNPC一覧【ポケモン ブリリアントダイヤモンド シャイニングパール】

    攻略大百科
  10. <頼るのは迷惑じゃない!>慣れない新生児のお世話に疲労困憊の新米ママに知ってほしいこと

    ママスタセレクト