Yahoo! JAPAN

犬が興奮しすぎてしまう4つの理由!煽りすぎると体調を崩すことも?

わんちゃんホンポ

犬が興奮しすぎてしまう理由

1.ごはんが嬉しくて♡

ごはんが嬉しくて犬が興奮しすぎてしまうことがあります。

袋を開ける時のカサカサッという音を聞いた時、お皿にカラカラッと入れる音を聞いた時、「ごはんだよー」の声を聞いた時、大興奮で走り回ったりしますよね。

滑って転倒…はあまりないかもしれません。フローリングにはラグやマットを敷くなどして対策をされていらっしゃるはずだからです。

最も気を付けてほしいのは「早食い」です。

嬉しくて興奮しすぎている時にごはんを食べさせてしまうと早食いになりやすいです。

また、未消化で嘔吐や下痢を起こしたり、喉や気管に詰まらせてしまったりなどの恐れがあります。

「完全に興奮が冷めるまで待つ」「早食いを防止する食器に買い替える」「飼い主の手で少しずつ食べさせる」など対応しなければなりません。

2.飼い主が過剰に喜ぶから

飼い主が過剰に喜ぶことで犬が興奮しすぎてしまうことがあります。

興奮している時の犬の表情や行動って不思議ですよね。面白い動きをして飼い主や家族を笑わせてくれることがあります。

何かに刺激を受けて興奮してしまったのだと思いますが、それ以上は興奮しないように対応するべきです。

犬の面白い姿を見て飼い主が過剰に喜ぶと、犬は嬉しくなって興奮を高めてしまいやすいです。

楽しんであげるのは構いませんし、叱ったり怒ったりする必要はありません。過剰に喜んで犬の興奮を煽ってしまわないようにだけ注意しましょう。

3.不満やストレスを発散させたい

「お散歩は行けないよ」の言葉に犬が興奮しすぎてしまうことがあります。

本当にお散歩に連れて行ってもらえないんだと理解した時、不満が爆発して大興奮するのです。

さらにそのストレスを発散させるために興奮しすぎてしまうのです。

「おやつ食べる?」と聞かれて飼い主の元に行ったのに「うそだよ~」とからかわれた時も同じような反応を見せることがあります。

悔しくてイライラして興奮しすぎてしまうのでしょう。

犬を騙したりからかったりして興奮させたり、怒らせたりするのはやめましょう。

面白がって続けていると、必ず信頼と愛情を失うことになるでしょう。

4.遊びがエスカレートした

犬同士で遊ばせている時、エスカレートして犬が興奮しすぎてしまうことがあります。

✔外に出られて嬉しくて気持ちが昂る
✔お友達犬に会えたことが嬉しくて興奮気味になる
✔一緒に遊べて嬉しくてだんだん遊びが激しくなる
✔負けるもんか!と気持ちが高ぶって興奮しすぎてしまう

「遊ぼう♡!」の気持ちが少しずつ「やってやるぜ!」と高ぶってしまうことがあります。

お互いにケガをさせてしまう恐れがあります。

遊びの最中に興奮してしまう場合には、「興奮気味」の段階で犬を引き離して休憩をさせるようにするとよいです。

犬の興奮を煽りすぎると起こること

チアノーゼ

犬が興奮しすぎると血液中の酸素濃度が低下し、チアノーゼを起こすことがあります。

✔チアノーゼ
✔呼吸困難
✔失神
✔心停止

このように症状を悪化させてしまうことがあります。

犬をわざと煽って興奮させるのは絶対にやめましょう。

まとめ

犬が興奮しすぎてしまう理由を4つ解説しました。

✔ごはんが嬉しくて♡
✔飼い主が過剰に喜ぶから
✔不満やストレスを発散させたい
✔遊びがエスカレートした

犬が興奮しすぎる原因には、脳・神経疾患(てんかん・脳の損傷など)・性格などが関わることもあります。

愛犬の興奮する様子が悪化しているように感じる時、興奮する原因が全く分からない時、過剰に心配される時は、早めにかかりつけの獣医師に相談するようにしましょう。

予防をされていない場合、狂犬病や感染症を疑ってみる必要もあるかもしれません。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事