Yahoo! JAPAN

THE RAMPAGEデビュー5周年!“世界進出”への野望「令和の世代を引っ張っていく飛躍の年に」(陣)

フジテレビュー!!

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、メジャーデビュー丸5周年となる1月25日に、ニューアルバム「RAY OF LIGHT」をリリース。発売を記念してトークイベントが開催された。

アルバムは、表題曲「RAY OF LIGHT」や、“夏の一夜のラブストーリー”を描いた「HEATWAVE」、メンバー出演の「バイトルPRO」や「LIVING IN THE DREAM」など全13曲を収録。また、本イベントで、今春よりアリーナツアーを開催することが発表された。

<THE RAMPAGE・浦川翔平、デビュー5周年を回顧「16人で険しい道を乗り越えて…」>

ツアーにかける思いについて、川村壱馬は「デビュー5周年がたって、まだ何かを成し遂げたっていう感覚がないんですよね。ツアーとかでも1万円っていうのは、生々しいですけど払ってきてくれるなら1万円以上のものを提供しないとやっぱりもう二度と来てくれないし、払った意味もない。それ以上のものを提供するっていう気持ちでやっていきたいです」と意気込み。

リーダーの陣は、2022年を飛躍の年にしたいと誓い、「海外の映画の主題歌に選ばれたり、そういう常にワクワクする、自分たちでも思い描かないようなことが起きてほしいです。それが僕らとファンの皆さんが、日々、頑張る活力に絶対になると思うし、いろんなことが規格外になっていくっていうことが、RAMPAGEの求められていることな気がして、令和の世代を引っ張っていくアーティストになるというのが、RAMPAGEの飛躍。結果になるんじゃないかなと思います」と語った。

収録曲「PERFORMER’S D.N.A」に込めた思い

アルバムの仕上がりについて、RIKUは「『RAY OF LIGHT』は、ボーカル含めて最後まで踊り続ける今までにない曲になっています。楽曲ジャンルとしても、かなり80年代のポップスの要素を取り入れて、RAMPAGEとしても新しい壁を壊して、新たな進化を遂げたような作品になったと思います」と力強くコメント。

振り付けを担当したLIKIYAは、「今回は、大人っぽいスタイリッシュな形をイメージ。マイケル・ジャクソンだったり、ボクが憧れているオマリオンとか、いろんなアーティストのインスピレーションが僕の中にあって、そこにRAMPAGEの持ち味である“力強さ”を表現しました」と語った。

表題曲「RAY OF LIGHT」のMVには、メンバーが車の上に乗り、ダンスを披露する場面も。山本は「メンバーの中で、高所恐怖症の龍くんというのがいるんですけど…」と話を持ちかけると、陣が割り込んで、「龍、今日ここのステージの上は大丈夫?」とイジった。

龍は、「ここは大丈夫!」と答え、「(MVの撮影の時は)正直、強い志は持っているんですけど、めちゃめちゃビビりました!衣装のスーツに合うローファーみたいな靴だったので、ちょっと滑りやすかったですし、しかも一番前。でも、気合で乗り切ったら、映像は大丈夫そうでした」と撮影時の心境を明かした。

アルバムに収録されている「PERFORMER’S D.N.A」は、パフォーマーだけのMVになっている。

岩谷翔吾は、曲タイトルに込めた思いについて「EXILEさんへのリスペクトと、RAMPAGEの今まで歩んできた道のりっていうのを表現したいという気持ち、そして、『これから先も人生をパフォーマーに捧げます!』っていう意味も込めてDNAというタイトルにしました。ぜひ、デビュー当時とは一味違うRAMPAGEのパフォーマンスを楽しんでいただけるので、よろしくお願いいたします」と駆けつけたファンに呼びかけた。

【関連記事】

おすすめの記事