Yahoo! JAPAN

東京ドームで大規模ワクチン接種を実施 ――練習前見学やジャビットによる案内も

SPICE

東京ドームでは8月16日(月)から、内野2階コンコースで大規模ワクチン接種が実施される

東京ドームで8月16日(月)から、新型コロナウイルス感染症ワクチンの合同接種が行われる。会場は内野2階コンコース。

これは、『東京ドーム ワクチン合同接種プロジェクト』として文京区・新宿区・港区の3区、さらには読売ジャイアンツと読売新聞社、東京ドーム、三井不動産の4社が協力して実施するもの。複数の大規模自治体が、地域の医科大・大学付属病院、企業、法人などの協力を得て合同接種を行うという、全国でも例のない事業となる。

実施期間は8月16日から11月18日までのうち34日間で、プロ野球の平日ナイター開催日の試合前(9:00~14:00)を中心に行う。なお、時間帯によっては試合前の練習を見学することが可能だ。

さらに、東京ドームならでは取り組みとして、ジャイアンツのマスコット「ジャビット」や公式マスコットガール「ヴィーナス」、子ども向け野球教室「ジャイアンツアカデミー」のコーチが場内の案内役を務める。

また、当日はオーロラビジョンでジャイアンツ戦の名場面集を放映。さらに、接種者へのプレゼントも用意された。1回目の接種時は動画配信サービス「DAZN」の2ヵ月無料視聴カードと不織布マスクが希望者全員に、キリンビバレッジの飲料を先着3万名に配布。2回目の接種時は、球団スポンサーなどが提供するプレゼントの抽選会を実施する。

接種対象者は、文京区、新宿区、港区在住で、接種券を所持する人。予約は3区とも、8月10日(火)から各区役所の専用サイト・コールセンターで受け付け、1日2千数百人を受け入れる。これは34日間で約3万5000人が2回接種する想定だ。

8月2日に行われた発表記者会見では、成澤廣修・文京区長が「知名度の高いエンターテインメント空間なので、若い世代の方々に積極的に接種していただきたい」と期待をにじませた。

また、山口寿一・読売巨人軍取締役オーナーは「集団接種の業務負担が区にとっては重く、特に医療従事者の確保や会場の運営に苦労しているという相談があり、私どもが中心となってコーディネーターの役割を引き受けた。期待に応えられるよう運営・実務に関してもしっかり取り組んでいきたい」と語っている。

国内有数の規模による合同接種となった『東京ドーム ワクチン合同接種プロジェクト』。自治体と民間が連携し、街ぐるみで感染対策を行う上でのモデルケースになることだろう。

【関連記事】

おすすめの記事