Yahoo! JAPAN

小型~中型サバを軽量メタルジグで釣る方法 夜間は難易度高め?

TSURINEWS

ダブルヒットしたサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アタリはするけど乗らないサバ。厄介なターゲットだ。小型から中型までは、アジングでは本当に釣りにくい。ヤツらをどうするか?今回はメタルジグでの攻略を考えてみた。

乗らないサバをどうするか

前回、同様の趣旨で、なんとか小サバ乗せるためのアジングでのテクニックを紹介した。

今回はアジングから離れて、まだアジが入りきっておらず、サバの海となっている状態での攻略方法を考えてみる。攻め方そのものを、ジグ単から、メタルジグにかえてしまおう。

私もこの方法にかえてから、サバ乗せられないフラストレーションからは解放された。そもそもアジングでなんとかサバを、というやり方がよくなかったのかもしれない。メタルジグを使う方が圧倒的に釣りやすく、さらに、日中でもあっさりと釣れてしまうのだ。

メタルで集めて掛ける

まず日中にエントリーする。そうすれば、あとは簡単。アジングタックルでやるならば、3g程度のメタルジグを使う。投げる。釣れる。

3gメタルジグでサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

日中のサバというのは、ベイトフィッシュパターンが多いらしい。もしかするとナイトもかわらないかもしれない。重めのジグヘッドでワームをシェイクするか、シャッドテールワームで巻きパターンで釣ってもよさそうだ。

もう少しタフな、15gくらいまでのジグが投げられるタックルがあるならば、10g程度のメタルジグをつけて、その上にジグサビキをつけて投げると、連掛けできる。3つくらい連掛けすると、サバといえどもまあまあの引きをする。

光量が大きなキー

メタルジグが効くのは、光量がある時間だ。つまり日中がメイン。メタルジグのフラッシング効果に、リアクションバイトしてくるのだろう。筆者も早朝、夕マヅメと試したが、ほとんど食ってこない。おそらくジグを視認できなくなるせいだろう。

ただ、光さえあればジグの効果に集まってくるので、夜でも外灯下などはメタルジグが効くかもしれない。

ナイトの釣り方

さて、問題はナイト。サバがショートバイトになりがちで、メタルも視認できなくなってからだ。ここからが本番といってもいいかもしれない。これは正直、依然として難しい。

筆者が試しているのは、グロータイプの軽量ジグで誘い、上のジグサビキにグローのワームをつけてスローフォールさせるというもの。一応、一尾釣れたのだが、残念ながら写真撮影する前に外れてしまった。

ただ、日中でもショアバチコンというべきか、ワームのスローフォールは効いた。そのまんま船釣りのバチコンのリグを真似て、PEライン0.3号、リーダー6lbくらいを100cmとり、先にオモリを打って、その先に軽量ジグヘッド+ワーム。これでサバは攻略できた。

サバをショアバチコンで攻略(提供:TSURINEWSライター井上海生)

まあこれは日中にあえてやる釣法でもなく、メタルジグの方が簡単に反応するのだが。

ショアバチコンのワンポイント

ショアバチコンは、スリムタイプのシンカーを使った方がいい。その上でダウンショットリグ方式にすれば、理論上は根掛かりしないし、しても外せる可能性が高い。ラウンド型のシンカーだと、一度根に捕まった(運よく外れたが)。

スリムタイプのシンカーを推奨(提供:TSURINEWSライター井上海生)

トレブルフックがカギ?

小から中サバを釣るときには、トレブルフックがカギかもしれない。

ジグ単の釣りでも、乗せるところまではいくのだが、筆者の印象では80%くらいの確率で外してしまう。これがメタルジグだと、ほとんど外れない。トレブルフックがガッシリとサバの口をとらえて、絶対に外れない掛かり方をしてくれる。

ナイトサバゲームにはまだまだ攻略法が確立できたとはいえないが、とりあえず日中にメタルでサバは釣れる。かなり釣れやすい。サバのフラストレーションに悩まされているアングラーは、ぜひ、メタルジグを持って日中にエントリーしてみてほしい。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post小型~中型サバを軽量メタルジグで釣る方法 夜間は難易度高め?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事