Yahoo! JAPAN

関西ジャニーズJr.室龍太が“秘密の役柄”で出演&桜田ひよりも登場 映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』追加キャストを発表 

SPICE

左から、室龍太(関西ジャニーズJr.)、桜田ひより

2021年1月8日(金)公開の映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』から追加キャスト情報が発表された。
『おとなの事情 スマホをのぞいたら』は、イタリアで最も名誉ある映画賞とされている『ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞』第61回の脚本・作品2冠に輝いた『おとなの事情』の日本版リメイク作品。これまでに、中国、韓国、フランス、ドイツ、ロシアほか18カ国でリメイクされており、いずれも、「スマホのロックを解除し、届く電話・メールの内容は全員に公開する」ルールのゲームに参加した男女が、夫婦関係や友情を崩壊させる秘密を抱えながら駆け引きする姿を描いている。

写真左から時計回りに、東山紀之、鈴木保奈美、常盤貴子、木南晴夏、益岡徹、田口浩正、淵上泰史 (C)Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.

日本版リメイクである本作では、3組の夫婦と一人の独身男性、男女計7名がスマートフォンに届く電話・メールの内容を公開するゲームに参加。主人公の独身男性・小山三平を東山紀之が演じ、『小川の辺』以来10年ぶりの映画主演を果たす。企画当初、東山は別の役での出演をオファーされていたが、脚本を読み、「この役ならぜひ!」と自ら“モテない三枚目”役に志願したとのこと。共演には、鈴木保奈美、常盤貴子、益岡徹、田口浩正、木南晴夏、淵上泰史が名を連ねており、鈴木と益岡は50代のセレブ夫婦、常盤と田口は40代の倦怠期を迎えた夫婦、木南と淵上は30代の新婚カップルをそれぞれ演じている。なお、本作にはイタリア版『おとなの事情』や各国のリメイク版とは異なる、日本ならではの”おとなの事情”も盛り込まれているという。監督を務めるのは、映画『ヒーローインタビュー』やドラマ『101回目のプロポーズ』などの光野道夫氏。脚本は、NHK朝のテレビ小説『ちゅらさん』『ひよっこ』などの岡田惠和氏が手がけている。


リメイク元予告編

新たに出演が発表されたのは、関西ジャニーズJr.の室龍太と女優の桜田ひより。室の役柄は現状では明かされておらず、桜田は鈴木と益岡が演じるセレブ夫婦の娘・智慧役で登場する。
室と桜田のコメントは以下のとおり。

室龍太

初めまして!室龍太です。映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』に出演させていただきます。この作品は中国、韓国、フランス、ドイツ、ロシアほか18カ国でリメイクされている作品となります。このような名作に出演させていただけるのが凄く嬉しいです。そして主演の大先輩である東山紀之さんとご一緒させていただく事を凄く光栄に思います。たくさんの方々に観て楽しんでいただけたら嬉しいです。

桜田ひより

私は、六甲家のひとり娘 智慧を演じさせていただきました。台本を読んだ時は、ホラー映画を超えた真の怖さを感じました(笑)

観終わった後は、「秘密は秘密のままがいい。」そんな気持ちになりました。ぜひ、劇場でドキドキハラハラソワソワを体験してください!
『おとなの事情 スマホをのぞいたら』は2021年1月8日(金)全国公開。

【関連記事】

おすすめの記事