Yahoo! JAPAN

“大大阪”時代の関西洋画壇を席巻した画家たちの作品が一堂に♪ 芦屋市立美術博物館 特別展「創立100周年記念 信濃橋洋画研究所-大阪にひとつ美術の花が咲く-」芦屋市

Kiss

芦屋市立美術博物館(芦屋市)で、6月22日より特別展「創立100周年記念 信濃橋洋画研究所-大阪にひとつ美術の花が咲く-」が開催されます。会期は8月25日まで。

1924年に大阪市西区信濃橋交差点に誕生した『信濃橋洋画研究所』の初代講師を務めた一人・小出楢重が晩年を芦屋で過ごした縁から企画された展覧会で、研究所に集った画家たちの作品・60点が展示されるほか、貴重な資料をもとに研究所で行われた指導や学びの実態を再検証し、その存在が日本の洋画界にもたらした影響や成果についても紹介。

小出楢重《帽子のある静物》1923年 油彩、カンヴァス 公益財団法人 西宮市大谷記念美術館蔵 *第10回二科展

会場に展示されるのは、研究所を開設した小出楢重、国枝金三、黒田重太郎、鍋井克之の4者をはじめとする個性豊かな講師陣や、本研究所で学んだ画家たちが生み出した洋画の名品の数々。

大正末から昭和初期にかけて、大阪が面積・人口ともに日本一の近代都市となった“大大阪”時代に、当時と後の関西洋画壇を背負って立つ存在となった洋画家たちの作品が一堂に会する貴重な機会となっています。

第5回夏季講習会 滋賀県大津での風景写生実習(1928年8月) 左より国枝金三、鍋井克之、黒田重太郎

さらに、研究所で行われた当時の洋画教育の詳細や、研究生たちが残した回想、全国の美術団体・研究所に大きな影響を与えた「夏季講習会」のカリキュラムなど、信濃橋洋画研究所の活動の歩みも余すことなく紹介されます。

<記者のひとこと>
アートのジャンルは数あれど、個人的にはやはり「絵画」に心惹かれます。文明開化とともに日本に持ち込まれた「洋画」という文化がどのような形で広がり発展していったのか、その一端について知ることができると思うとワクワクします♪


会期
2024年6月22日(土)〜8月25日(日)

場所
芦屋市立美術博物館
(芦屋市伊勢町12-25)

時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)

観覧料
一般800円、大高生 500円、中学生以下 無料
※歴史資料展示室の観覧料も含みます

★7月15日(月・祝)は「ひょうごプレミアム芸術デー」として観覧無料

休館日
月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休)
※7月15日(月・祝)、8月12日(月・振)は開館し、7月16日(火)、8月13日(火)は休館

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【今週の12星座占いランキング】7月22日~7月28日の運勢は?

    charmmy
  2. 40代とは思えない!老けて見えない垢抜けボブヘア〜2024年夏〜

    4yuuu
  3. 雑談力で好きな人の心を掴む!話題のビジネス書に学ぶコツ

    ウレぴあ総研
  4. 野球場に行きやすくて家賃の安い駅ランキング【ベルーナドーム編】」 3位「小手指」、2位「武蔵大和」、1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  5. 【3COINS】貼るだけでかわいいと話題!「ジェルネイルシール」失敗せずキレイに貼る4つのポイント

    saita
  6. 2024年最新「上海ディズニーランド」の行き方まとめ!一番近いのに一番行くのが大変…!?【海外ディズニー】

    ウレぴあ総研
  7. 【リアル貯金額】34歳、男性。結婚したら老後資金はいくら必要ですか?【FPが解説】

    4yuuu
  8. 【ナチス】に立ち向かったデンマークの少年たち 「チャーチルクラブ」

    草の実堂
  9. イオンモール神戸南に『ミスタードーナツ』がオープンするみたい。張り紙が貼られてる

    神戸ジャーナル
  10. 【上益城郡】キラキラな誰かのブランド生活の写真よりも、人々を救った石橋の美しさに感銘を受ける心でありたい~八勢目鑑橋(やせめがねばし)~

    肥後ジャーナル