Yahoo! JAPAN

【前編】洗濯機のボタンを押すだけが洗濯じゃない!洗濯の手間を省くための3つのアドバイスとは

ママスタセレクト

毎日の家事、大変ですよね。「料理・掃除・洗濯」は三大家事と言われていますが、みなさんは特に面倒くさいと思ってしまうものはありますか? 「洗濯物をより分ける、洗う、干す、取り込む、畳む、しまう」など意外と手順が多い洗濯は、手間がかかるから面倒くさいと感じている方も多いかもしれませんね。

『洗濯って回すだけだと思っているのかな? 洗濯機に入れて、洗剤を入れて回して、ハンガーを各部屋から集めてきて干して取り込んで、畳んで分けて片付けるまでが洗濯だって旦那も子どももわかっているのか。タオルも服も使いたい放題して。ソファーで脱ぎっぱなしにして布団のなかで脱ぎっぱなしにして「あれがない、これがない」って……もう知らないよ』


今回の投稿者さんは、とにかく洗濯が大変だと感じているようですね。タオルや服は使い放題、脱ぎっぱなしに散らかしっぱなしとあっては愚痴のひとつもこぼしてしまうのは無理もないでしょう。「もう知らない!」と叫びたくなる気持ちもよくわかる気がします……。

ママたちの主張。洗濯は「ボタンを押すだけ」じゃない!

投稿者さんに共感するかのようにママたちの怒りが爆発しました。

『腹が立つよね。うちも先日寝る寸前に子どもが「ジャージを出すのを忘れていた」と言い出したから「今から洗濯したら寝るのが遅くなるじゃん」と言い返した。そしたら旦那が「洗濯なんて洗濯機がするだけだろ」と横から口を出して、腹が立って「旦那は出ていけ」と思った』


『わかる、わかりすぎる……。お疲れさまです。わが家の旦那は「洗濯は洗濯機、掃除はロボット掃除機、食器洗いは食洗機だろ? 楽していいなー」だって。1回でいいからやってみろ』


『「ボタンを押すだけだろ」とか言う人もいるけれど、部分汚れとかは手洗いをするし、ネットに入れる服とか手洗いモードとかを分けなきゃいけないし、干すのも畳むのも大変だし……ボタンを押すだけでクローゼットに綺麗に収納されているわけないでしょうがって話だよね』


『すごくわかります! 私が体調を崩した日に、旦那が洗濯機のボタンを押すだけ押して出て行った日には本当に「洗濯は干して畳むまでが洗濯なんだぞ、今日ぐらい休ませて」と思いました。旦那的には優しさだったのだろうけれど……』


「洗濯は洗濯機のボタンを押すだけじゃない!」と主張するママたち。ちょっと考えればそれで済むわけがないのはわかるはずなのに、洗濯機がすべてをやってくれると考えている旦那さんやお子さんは少なくないのかもしれません。「一度でいいから洗濯を自分でやってみてほしい」「ボタンを押しただけで洗濯をした気にならないで」などママたちの悲痛な叫びが聞こえてくるようです。

せめて洗濯物を洗濯カゴに入れて……

『脱ぎっぱなしのものは洗濯カゴに入れるようしつこく言ったほうがいいよ。洗濯に出さないものは洗わなくてよし。臭かろうが汚かろうが自業自得』


『私はもう「洗濯カゴに入ってないものは洗わない」と宣言したよ。そうするとある日まとめてカゴに投げ込んであるときがある……許せん』


『「洗濯カゴに自分で入れておかないと洗濯しないからね」と言って、その通りにすればいいんじゃない?』


『以前この話題でタクシーの運転手さんと盛り上がったことがあったな。その運転手さんも「洗濯物は脱ぎ散らかさないで」と言われても脱ぎっぱなしにしてたのだけれど、ある日を境に奥さんが本当に洗ってくれなくなったんだって。接客業だから困った挙句にカゴにちゃんと入れるようになったと言っていた。私にも「旦那さんが脱ぎっぱなしにするなら、そうしたほうがいいよ」と勧めてくれたよ。なんだかんだ言いながらやってくれるから甘えちゃうってあるんだろうな』


家のあちこちで脱ぎっぱなしにされる洗濯物にため息をつくママたちも多いことでしょう。家族分の洗濯物を家じゅうを回って拾い集めている方もいるのではないでしょうか。「洗濯してほしいものはちゃんと洗濯カゴに入れて!」と口酸っぱく言ってもまったく聞き入れてもらえない現実に、思わずゲンナリしてしまうこともありますよね。旦那さんもお子さんも「そうは言っても脱ぎっぱなしのものもママが洗濯してくれるはず」と甘えているのかもしれません。少し荒療治かもしれませんが、「洗濯カゴに入っていないものは洗濯しません」と宣言をしてそれを実行するという手も。「着るものがない!」「明日必要なのに……」と青ざめることがないよう、きちんと洗濯カゴに入れてほしいものですね。

「洗濯機のボタンを押しただけで洗濯が終わると思わないでほしい!」との主張に、ママたちからは共感の嵐が巻き起こりました。洗濯は毎日のことですから本当に大変ですよね。洗濯の負担が少しでも軽くなるような方法はあるのでしょうか? どうやらママたちからは3つのアドバイスが寄せられたようですよ。さてその内容とは一体どのようなものでしょうか。
後編へ続く。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・マメ美

【関連記事】

おすすめの記事