Yahoo! JAPAN

究極の深海ターゲット『ベニアコウ』釣り 水深1000mから3kg級浮上

TSURINEWS

釣行のラストにヒットしたベニアコウ(提供:週刊つりニュース関東版APC・針生芳昭)

1月末、南房の船宿からベニアコウ狙いで出船。ラストの4投目に一発勝負、究極の深海ターゲットのベニアコウに対面できたのでリポートしたい。

深海ターゲットベニアコウ狙い

ベニアコウの標準和名は「サンコウメヌケ」と「オオサガ」の2種。生息域は水深1000m以上(東京スカイツリー634mと東京タワー333mを足してもまだ深い)。釣り人が狙うことのできる、もっとも深い究極の深海ターゲットだ。

タックルも最強&最大級。ロッドはオモリ負荷300~800号、リールはPEライン12号を1400m。オモリは700号(500号に200号オモリをビニールテープで巻きつける)を使用。

ベニアコウタックル例(作図:週刊つりニュース関東版APC・針生芳昭)

集合時間の3時間前に港到着。オマツリ回避のため、片舷流しの釣りで、両舷には乗せない。座る席はどこにしようか迷う。この日は北の風風速5m/s、波の高さは0.5mの予報。日当りのいいミヨシか、波の影響を受けないトモか迷った末、前者に決めた。

4時30分、全員が集まったところで出船。ポイントまでは1時間ほどで、意外と近い。

ベニアコウの釣り方

南房でのベニアコウ釣りの投入回数は一日4回。投入から着底まで15分、流しに30分、巻き上げに40分。1回の投入から巻き上げ終了まで、90分ほどを要する。

投入

投入はトモ側から「1番目の人」と呼ばれる。最初の人がスムーズに投入したら、船長が船を前進させながら、「2番目の人」と続く。投入準備ができていない、手前マツリなどトラブルの場合は1回休みとなるので、準備は万全にしておくこと。

着底

船長から「水深980m」とアナウンス。余計なミチイトが出ないように、リールのスプールに指を当てて落下スピードを調節。オモリの重さを感じながら海底まで下ろしていく。

もっとも重要なのは、着底を見逃さないこと。竿先が一瞬、オモリの重さから解放されるのを見極める。これを見逃すと潮の流れでミチイトが永遠と出ていってしまう。水深1000mもあるので、再度の底ダチは難しい。

巻き上げ

このあと、オモリの重さを感じなくなったら1~2mずつリールを巻き取る繰り返し。オモリで底トントンができればいいが、潮の流れが速いと厳しい。30~40分ほど流したら船長から「上げてください」と、アナウンスが流れる。魚が掛かっていなければ速めに巻き上げ。魚がついていれば中速で巻き上げる。

忘れがちなのはリールのドラグ調整で、急に引き込まれたとき滑るように設定する。これも大事な作業のひとつ。

ラスト投入で3kgベニアコウゲット

1投目から3投までアタリなし。ただ、エサはかじられているので、何らかの魚はいるので安心する。ラストの4投目、ここまで仕掛けのハリス長を80cmにしておいたが、一発勝負で1.5mに変更。

すると、竿先にかすかに小さなアタリ。しかし、ベニアコウかどうかはわからない。リールの巻上げもオモリ以上の重さがある。しかし、時どき小さな引きが現れ不安がよぎる。「ベニアコウなのか、それともゲストの黒い魚なのか…」。残り20mのところで、3番目の釣り人とオマツリ。若船長が解きにきて、ハリスを1本1本回収していくとムネダラの姿。

がっかりしていると、若船長が「おっ、赤い魚が付いているぞ」と声を上げる。掛かっていたのは59cm3kgの本命。久しぶりのベニアコウが釣れてホッとした。

「この釣りをやってみたい」という人は、まずキンメ釣り、またはアコウ釣りの経験がないと難しい。まったく別次元の釣りなのだ。

ベニアコウの刺身(提供:週刊つりニュース関東版APC・針生芳昭)

<週刊つりニュース関東版 APC・針生芳昭/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年2月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post究極の深海ターゲット『ベニアコウ』釣り 水深1000mから3kg級浮上first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 引き締まった美背中に!メリハリボディを作るヨガのポーズ

    つやプラ
  2. 動きやすくて着心地もいい!1枚で決まる#ワークマン女子の即買いワンピ♡

    anna(アンナ)
  3. 最初と最後の舞台挨拶はファンへの感謝とともに。「シン・エヴァンゲリオン劇場版」大ヒット御礼舞台あいさつ&全国同時生中継

    WebNewtype
  4. あと100日を切ったのに「まだ五輪ショーを続ける気?」 海外メディアも呆れた誰も止められないチキンレース(2)

    J-CAST会社ウォッチ
  5. あと100日を切ったのに「まだ五輪ショーを続ける気?」 海外メディアも呆れた誰も止められないチキンレース(1)

    J-CAST会社ウォッチ
  6. 材料を入れてスイッチオン♡ 炊飯器で簡単に作れる「本格カオマンガイ」レシピ

    anna(アンナ)
  7. 込めたのは復興への祈り 地震で崩れた熊本城の瓦を、ブルーシートで包んだ「二度と落ちない」お守りに反響

    Jタウンネット
  8. 【昭和町】雑貨とカフェ「animoぷらす」の胸キュンがま口アップルパイ

    PrettyOnline
  9. ローソンストア100で「るるぶ×ハチ食品コラボカレー」フェア開催!

    TABIZINE
  10. 【スタバ】コーヒーだけじゃない。新発売の「ティー」フラペもめちゃ美味しそう。

    東京バーゲンマニア