Yahoo! JAPAN

『バチコンアジング』で良型アジがクーラー満タン 1投1尾の入れ食い堪能

TSURINEWS

バチコンアジングで良型アジをゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

佐賀県唐津市肥前町大浦より出船中の、きずなまりんを利用してバチコン(バーチカルコンタクト)アジングへ。友人と2人で、お互いクーラー満タンとなった釣行をレポートする。

バチコンアジング

9月に唐津市肥前町大浦より出船中の、きずなまりんを利用してバチコン(バーチカルコンタクト)アジングへ。

まだ北部九州でやっている遊漁船は少なく、いつもYouTubeを見ながら「あ~こんないい型のアジが釣れたらいいな」とか思っていた。

水深20mくらいで釣るそうなので、タックルは軟めのイカメタルタックルでOK。オモリは10~15号、ワームは2~3inを使用。

筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

タイバラ釣法で25cmアジ

午後5時30分出船。ポイントの伊万里湾まで約30分。ポイント到着時はまだ明るかったので、ワームはクリアー系でラメ入りのものをセットし、ボトム中心に攻めたが反応なし。同船者はぽつぽつと釣れている。

安井船長が「15mで反応があります。タイラバみたいに巻いて誘ってください」とアナウンスしてくれた。

日が沈み、辺りも暗くなった。ワームをグロー系にチェンジ。6時30分ごろ、待望のアタリがきた。心地良い引きで上がってきたのは25cmの良型アジだった。

25cm良型アジを仕留めた(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

釣果を伸ばすコツ

船のライト点灯。これから徐々にタナが上がってくるそうだ。カウンター付きのベイトリールを使うと、ヒットレンジを把握でき便利。毎回ボトムを取らず、ヒットレンジの少し下で止めたら巻いて誘うことが釣果を伸ばすコツ。

最終的には、5mくらいまで上がってきた。ほぼサビキ釣りのような感じでワンキャスト・ワンヒットだった(笑)。

坂井さんはカマスもゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

最終釣果

今回が初めてのバチコンアジング。釣れる魚種はアジ(平均20cmくらい)をメインに、アオアジ、カマス、小サバ、チャリコ(小ダイ)、サゴシなど多魚種が釣れた。友人と2人で行ったが、お互いクーラー満タン。もちろんご近所へお裾分け。翌日の晩ご飯は、みんな大好きなアジフライ祭りだった。

安井船長によると、「10月もバチコンアジングは継続してやります」とのこと。時間などはホームページで確認を。ぜひとも、また足を運びたいと思う。

クーラーも満タンに埋まった(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

<週刊つりニュース西部版APC・吉川徹/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年10月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post『バチコンアジング』で良型アジがクーラー満タン 1投1尾の入れ食い堪能first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事