Yahoo! JAPAN

実は涼しくてラク!暑い夏に活躍するスカート選び&コーデ

つやプラ

40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

穿くだけで女性らしく、お出かけ仕様になるスカートをゲットしたいと思う方も多いのではないでしょうか。

スタイリストの筆者が、今年、手に入れるべきトレンドスカートと着こなし術をご紹介します。

■ボリュームの出過ぎないロング丈スカート

今年は、スカートの丈が足首に届くくらいのロング丈が旬です。

タックやギャザーなど、ボリュームのありすぎないストンと縦に落ちるようなシルエットのものが着やせもできるのでおすすめです。少しゆとりを感じゴワっとしない素材のものが着やすく、スッキリ見えるでしょう。

トップスはインせず着てもOKです。お尻周りが気になるという方は、長め丈のものを合わせてカモフラージュさせてみてください。

コーディネイト全体がIラインシルエットになるよう意識してまとめると、バランス良くコーディネイトすることができますよ。

■細かめプリーツスカートが今っぽさ◎

細かいひだのプリーツが施されたスカートも、今年よく見るデザインです。細かく線が入ることによって縦のラインが強調され、やせ見え効果もあります

スカートのデザインのなかでは比較的クールに見えるので、甘すぎない大人のスカートスタイルにまとめることができます。

コーディネイトの主役になってくれるので、シンプルなトップスでも合わせやすいです。トップスはゆるくインするか、お腹周りが気になる方は腰骨くらいまでの丈のものを合わせてみてください。

サイドスリットが入っているものなど、ゆとりのあるトップスを合わせることが細見えの絶対条件です。

■おしゃれで色っぽい!ツヤのあるサテンスカート

この夏はサテン生地を使用したスカートがさまざまなデザイン、シルエットに採用されており、トレンドど真ん中のアイテムです。ツヤがあることで華やかさと色気を演出することができます

裾に向かってフレアになるようなマーメイドっぽい形が、より今年らしさを増します。

キレイめなブラウスやサンダルなどももちろん合いますが、きちんとしたトップスにフラットな靴といったように、どこか一つラフなアイテムを合わせるとぬけ感が生まれてお洒落度がアップします。

また、カットソーやスニーカーを合わせ、スカート以外をカジュアルなものにするとギャップのあるコーディネイトになりこなれ感が出ます。

ウエストがゴム仕様でラクな着心地のものや風を通す涼しいものなど、暑い夏に大活躍してくれること間違いなし! 一着手に入れて、この夏のお洒落を充実させてみてくださいね。

(スタイリスト/ライター 森田 文菜)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 今こそ見直しを!美容のプロが教える「秋におすすめのスキンケア」

    anna(アンナ)
  2. 乃木坂46齋藤飛鳥「監督と打ち解けるまでが大変でした(笑)」 山下美月・梅澤美波らと映画『映像研』前夜祭舞台挨拶で撮影を振り返る

    SPICE
  3. 【ドラクエウォーク】スーパースター&新機能「ほこら」追加!スマートウォークまとめ

    攻略大百科
  4. 木梨憲武、EP『木梨ミュージック コネクション』から藤井尚之参加の新曲「サンシャイン ラブ 〜差し替え ザッキー〜」MVを公開

    SPICE
  5. 「なんだか人間みたい…」姿勢よくヨーグルトを飲む猫(動画)

    らばQ
  6. 【あつまれどうぶつの森】9月30日に秋の無料アップデートが配信|ハロウィンイベントやかぼちゃなどが追加【あつ森】

    攻略大百科
  7. ワルキューレのエースボーカルJUNNA 待望の2ndアルバム『20×20』が発売決定 二十歳のバースデイライブも決定

    SPICE
  8. セレーナ・ゴメス、手術痕は「私の誇り」

    ナリナリドットコム
  9. 地元の人たちが太鼓判!大阪・日本橋の「すべらないランチ」

    anna(アンナ)
  10. 【ザセム VS エチュード】コンシーラージプシー必見!ハイカバーコンシーラー2種徹底比較

    美容マガジン myreco(マイリコ)