Yahoo! JAPAN

日食なつこ、新曲「真夏のダイナソー」ミュージックビデオを公開 3rdフルアルバムの発売も決定

SPICE

日食なつこ

岩手県花巻市出身ピアノ弾き語りアーティストの日食なつこが、6月23日発売シングル「真夏のダイナソー」のMusic Videoを公開した。同時に3rd Full Album『アンチ・フリーズ』の発売を発表&早期予約が開始。ビジュアルも一挙に解禁した。

「真夏のダイナソー」Music Videoは今年4月末、リリースの発表に先駆けて素材の公募から制作がスタート。「あなたのフォルダに眠っている“ダイナソー”の写真、ちょっと貸していただけませんか?」という、夏の空や雲の写真を集める呼びかけに、全国各地、海外から数百枚もの“ダイナソー”写真が集まった。それらとアニメーションを融合し、色とりどりの恐竜が登場する明るくポップな仕上がりとなっている。楽曲はバンド・ヨルシカとしても活動するn-buna氏をアレンジャーに迎えて制作している。

同時に、2021年8月11日に3rd Full Album『アンチ・フリーズ』の発売することを発表し、新しいアーティスト写真、キービジュアルも公開された。アルバムのリリースは前作『永久凍土』から約2年7カ月ぶりとなる。

収録曲はリード曲「なだれ」を筆頭に「KANENNGOMI」、ガリバー鈴木氏アレンジの「HIKKOSHI」、香港発アーティスト・Blood Wine Or Honeyとのコラボ楽曲「99鬼夜行」の新曲が4作。デジタルリリースのみとなっていた「perennial」、「百万里」、そして“cluster ver.”というサブタイトルのもとアレンジが加わった「四十路」の3作。2021年に入り立て続けにリリースされたシングル「音楽のすゝめ」、「真夏のダイナソー」2作が加わり、全13曲で構成される。パッケージは初回限定盤・通常盤の2形態で、初回限定盤は“不凍剤”をモチーフにしたスペシャルパッケージとなっている。

アルバムは本日より早期予約がスタート。6月27日までの予約で、チェーン別ビジュアル+直筆メッセージ入りのポストカードがゲット出来るとのこと。

日食なつこコメント

「アンチ・フリーズ」はコロナ禍で世界中にもたらされた新常識や縛りを、これでもかと利用し倒したアルバムです。通常どおりのスタジオRECに加え、リモートREC、海外アーティストへの制作依頼、自身での初のプログラミング…従来の制作スタイルを明らかに逸脱した楽曲たちが出揃い、とても挑戦的で開けた色を持った1枚のアルバムになりました。

コロナ禍中で失ったものは多いですが、私個人としてはしっかり足を止めて考える機会を得られた重要な期間だったと思っています。いま使える手段は?実は不要だったものは?抜け穴は?…この1年半重ねてきた熟考のまとめが、本作「アンチ・フリーズ」です。

いつかコロナ禍を越えた先には、きっと元通りの世界ではなく新たな自由が敷かれた世界が待っています。過去の価値観をまるで溶かしてはいけない氷像のように守っているだけでは、きっとそこを歩いていくことはできない。本作は、そんな困難極まるイマと新たなミライを溶かし出すために役に立つと思っています。この「不凍剤」をあなたは何に浴びせかけますか?その選択だって、限りなく自由でいいはずですから。

日食なつこ「真夏のダイナソー」MV

【関連記事】

おすすめの記事