Yahoo! JAPAN

パチプロも苦境に陥る2020年 コロナ禍で釘は締められ、6号機の導入で「あまり儲からない」状態に

キャリコネニュース

パチプロの現状とは

今回もパチンコの話だ。今年は、本当ならオリンピックが東京で開催され、華やかな1年になるはずだったが、新型コロナのせいで延期となった。そして、ありとあらゆる業種が収益の低下にあえいでいる。

パチンコ界隈も例外ではない。客足が離れて閉店を余儀なくされたという話が、今年は特に多い。首の皮1枚で繋がってるような経営状態のホールも、このコロナ禍でとどめを刺されて想定より数年早く撤退したというケースが多いと思われる。

僕はコラムでは、パチンコホール目線で話をすることが多いんだけども、儲かっているのは店側だけではない。パチプロ、スロプロたちもまた、長年甘い蜜を吸ってきた。今日は彼らにスポットを当ててみたい。(文:松本ミゾレ)

各地のホールで異変「いつも見かけたジグマプロがホールにいない!」

パチプロには色んな形態がある。数人の打ち子を雇って効率よく良い釘の台を抑えるタイプのパチプロ軍団なんかは、都内でも人気のホールで嫌と言うほど見かけるものだ。

僕の知り合いもしょっちゅうSNSで「今日これから〇〇ってホールで打ち子する人募集」と告知をかけている。日当は数千円程度だが、それでもやりたがる人は多い。そういう打ち子たちを集めて、軍資金を渡し、プラスになった分を回収して稼ぐのが、打ち子軍団の基本的なスタイルだ。

マジでこの手の軍団はそこら中にいる。そして僕は、こういう人たちのことはあんまり好きじゃない。ではどんなパチプロが好きなのかと言えば、これはもうジグマだ。ジグマとは元々「地熊」という文字を当てていたようで、地元のホールに執着し、浮気をしないプロを指す。

ジグマがいる店は回る台がある店として認識できるし、ジグマがいない日は良い台がなかったとみて、釘が読めない僕なんかでも深追いせずに済む。他のユーザーにも存在するだけでメリットをあたえているのがジグマと言ってもいいかもしれない。

ところがコロナ禍以降、僕がよく出向いていたホールに、ジグマがいなくなった。あまりに姿を見せなくなったので店員に聞いてみると「ああ、最近は回る台がないからと言って、来なくなっちゃいました」と告げられた。

コロナ禍のせいで、どこのホールも多少なり釘を締めて営業している側面はある。客数が減っているのに、出率が同じってのは商売にならない。それは当然の措置だろう。

しかしジグマプロはそういう店の変化を敏感に察知して、いち早く逃げ出したわけだ。「そりゃあ負けないはずだわ」とうなずいてしまった(そしてこの日、僕は数万円負けた)。

「今月70万円勝った」みたいな人はもうほとんどいない

また、知り合いにスロプロとして毎日のようにホールに出向いている者がいるが、今後の展望はやはり悲観的だ。現在ホールに若干数残されている高射幸性機種も、あと1年以内にほぼ撤去される。これらは5号機の括りだった。現在はホールに続々6号機機種が導入されている。

この6号機、最高設定でも出玉の増加速度はやけに遅く、毎日のようにツモったとしても、収支がマジで安定しないのだ。下手すると負けることもあるという。

毎月なんとか5号機メインの立ち回りでプラスではあるが、それでも以前よりは勝ち金が減っているのは事実なようだ。実際、今年なんて7月か8月時点でやっと収支がプラス100万を突破したという趣旨の報告をしていたし。

つまりこのままで行くと、年間の収益が200万を切ってしまう可能性もあるってことだ。これじゃあやっていけない。まあ、当人がそのことを一番深刻視しているので、他にも色々と金策を講じているみたいだけども。

コロナ禍の折、今は逆に在宅で完結する仕事の需要は増えているはずなので、そうした分野で何か元からの資格があれば、どうにかなるのかもしれない。

コロナに加えて、台のスペックの低下。これまで「今月70万勝った」みたいな人はもうそうそう見かけなくなった。ただ、それでも年間収支がプラスで終わるであろう人が周りにちらほらいるし、パチンコ屋で得た金でロードスターを一括購入する奴もいる。ちゃんとやればまだまだどうにかなるんだろうなぁ。

でも……やっぱり人間は損失を恐れる必要のないサラリーマンとして働くのが一番精神衛生上よろしいと思う。

【関連記事】

おすすめの記事