Yahoo! JAPAN

2021シーズン最終渓流釣りで尺ヤマメ&イワナ 今期の平均釣果は22尾

TSURINEWS

桂川で釣れた尺ヤマメ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

9月13日(月)、山梨県都留市を流れる桂川へと今季ラスト渓流釣行へ出掛けた。今回は今季桂川渓流ラスト釣行の模様とシーズン釣果【計5回】を振り返りたいと思う。

桂川都留漁協の管轄区域

都留漁協では管轄区域が「都留市~富士吉田市の本支流」となっており、例年3月~9月まで月1回第1日曜日に広範囲に渡り定期放流がある。漁協HPで公表されているとおり、1度の放流でも約9000~13000尾と凄まじい数である。

9月の定期放流は5日に行われたようで、放流1週間後ではあるが相かわらずの魚影の濃い釣りを期待しての釣行である。

桂川の釣り場風景(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

渓流釣りタックル

7.5~8mズーム仕様の本流ザオと6.3m渓流小継ザオに、ミチイト1号をサオいっぱいに結び、通し仕掛けでヤマメ8号バリを直結。目印を3つ付けて、オモリのガン玉は2B、3Bを流れの強弱や状況に合わせて加えて使用した。

そして、本日のエサはミミズを2箱用意した。川虫も現地調達して万全の体制で挑む。

エサのミミズ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

朝イチから狙いの区域へ

今季ラストということもあり、狙っていた区間へは6時に現地到着する。今日はまだ誰も入渓した痕跡がないが、連日攻められているのは間違いないだろう。入渓点の大場所からはじめるがアタリがなく、しばらく厳しい状況が続いた。

しかし、ここぞというポイントへ到着してようやくニジマスが掛かり4尾連発。ただ、大きくても20cm止まりとサイズ感が不満。区間最上流まで探るも思わしくなく、釣師にも数人出くわしてしまい小移動を繰り返す。

3場所ほど小移動した区間でようやく22cmのアマゴとヤマメ2尾を釣るも、いつの間にか上流に釣師が入っていた。やはり禁漁が迫ると釣師も多い。人気河川の象徴でもあるようだ。

キャッチした綺麗なアマゴ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

初場所で尺ヤマメ

なかなか上手く行かないので、思い切って車で下流へ移動することに。入渓点を探しながら走り、見つけた初場所へ挑戦することにした。

気持ちを切りかえて入渓すると、上流も下流も釣師は居ないようだ。迷わず上流へ瀬を攻めながら進むと21cmのヤマメと同クラスのニジマスが釣れた。

そして橋下の大淵ポイントがあり、如何にも良型が付いてそうなので慎重に攻めると、1投目でガツガツ!と勢いのあるアタリ。これに反応するとサオが勢いよく曲がる。私もコレは獲るつもりで慎重に対抗しつつ強気のやりとりで攻めていると姿がみえた。数十秒ほどのやりとりで良型のヤマメと分かったころには危なげなく御用となった。

写真を獲りサイズを測ると35cmと満足。続いて流していると22cmの綺麗なヤマメ、ニジマスと続いたところで休憩することにした。車に戻り昼食休憩して午後の釣りに備えることにした。

納得の35cmをキャッチ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

大場所で尺イワナ

しばし休憩してラストポイントまで車で移動すると、誰も釣師はいない。すかさず入渓する。私が入りしばらくして3人ほど同区間へ釣師がきたが、私は大場所で動かずの釣り。ココで1時間勝負して良型を釣り納竿としたいところだ。

午後2時45分から始めるが、開始早々にニジマスが2尾掛かるもののレギュラーサイズ。それから20分ほどアタリもなかったが、突如コツコツとしたアタリに反応すると良型が掛かった。滝下の流れが太いのもあるが、なかなか寄せられないので尺はありそうなサカナだ。先程のヤマメが獲れているので、少し余裕を持ちながら引きを楽しみつつ、寄せると尺イワナだった。

綺麗な尺イワナ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

さらに数投後に掛かったサカナも尺イワナで2連荘。その後15分粘るもアタリがないので納竿した。総合釣果は16尾と私としては状況の割に釣れてくれた方だと思い納得のラスト釣行となった。

今季桂川渓流釣行を振り返って

都留漁協管轄区域での釣りであるが、下流域から上流域までの全流域中6割程度の区間で釣りをしてきた。釣師の数は他の渓流釣り河川に比べて明らかに多いと感じ、やはり人気河川であることは間違いないと感じた。

各流域でもポイントが多く様々な流れがあり、景色も自然的な開けた場所から町中の両護岸な流れなど様々。入渓しやすい割に魚影も濃く、釣り人に人気ある釣り場なのもうなずける。

様々なポイントがある(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

私も今季5回釣行である程度のポイントを探り、どのような川かを少しだけ理解できた。来季からの釣りの予習ができたので、今後の楽しみになりそうである。以下は5釣行分の釣果を記してみた。

2021シーズントータル釣果

・ヤマメ17尾【最大35cm】
・アマゴ33尾【最大27cm】
・イワナ11尾【最大33cm】
・ニジマス51尾【最大63cm】
・総合釣果112尾(平均釣果22尾、いずれもカウント基準は18cm以上)

5回の釣行で112尾(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

比較的釣れるサカナはニジマスが多い傾向であるが、アマゴも多く釣れるようだ。デカ二ジも掛かれば面白く、時には尺物のヤマメやイワナも掛かり、それ以上の個体も何尾かバラしているので同地にロマンはありそうだ。

大物を狙うにしろ『様々な状況がいいように重なり、かつタイミングよくポイントへ入れないことには難しい』ので、気長にそういう機会に恵まれるよう狙いたいところである。都会からでもわりとアクセスがしやすい同地は、来季から私の渓流シーズンの楽しみとなりそうだ。

ビッグなニジマスも釣れた(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

<なおぱぱ/TSURINEWSライター>

The post2021シーズン最終渓流釣りで尺ヤマメ&イワナ 今期の平均釣果は22尾first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事