作り方次第でカロリーオフ!栄養満点な『ちゃんぽん』を美味しく頂こう! - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

作り方次第でカロリーオフ!栄養満点な『ちゃんぽん』を美味しく頂こう!

オリーブオイルをひとまわし

作り方次第でカロリーオフ!栄養満点な『ちゃんぽん』を美味しく頂こう!

魚介類や肉、野菜など、さまざまな具材を一度に摂取できるちゃんぽん。具材の豊富さや、食べごたえのある太い麺に魅力を感じている人も多いのではないだろうか。本記事では、そんな魅力の多いちゃんぽんのカロリーや糖質、栄養などについて詳しく解説していく。

1.ちゃんぽんのカロリーは低い?

長崎県の名物であるちゃんぽん。ちゃんぽん専門のチェーン店などが全国に展開されていて、長崎県でなくてもちゃんぽんを置いている飲食店は多いため、ちゃんぽんを頻繫に食べる人も多いのではないだろうか。

そんなちゃんぽんのカロリーについて気にしたことはあるだろうか。ちゃんぽんのカロリーは具材によって変動するが、平均すると100gあたり約80kcalである。1杯(901g)あたりで換算すると約721kcalであるため、カロリーはそこそこあるといえるだろう。

ちなみに、醤油ラーメンの場合では100gあたり約62kcal、そばは100gあたり約114kcalが平均値である。意外かもしれないが、そばよりもちゃんぽんのほうが低カロリーなのである。

2.ちゃんぽんに含まれている栄養は?

ちゃんぽんは野菜、肉、魚介類など、数多くの種類の具材を使っている傾向にある。そのため、ありとあらゆる栄養を一度に摂取することができるのだ。具体的にちゃんぽんからどのような栄養が摂取できるのか、解説していこう。

ちゃんぽんの野菜に含まれている栄養は?

ちゃんぽんにはキャベツ、ニンジン、コーン、モヤシといった野菜が使用されることが多いだろう。これらの野菜は食物繊維が多く、腸の状態を整えるように促す作用をもっているため、人間の身体にとって重要な成分といえる。

ちゃんぽんの肉に含まれている栄養は?

ちゃんぽんは、鶏肉もしくは豚肉などの肉類を入れることも多い。肉にはタンパク質が豊富に含まれている。タンパク質は筋肉の構成に欠かせない材料であり、ほかにも身体のあらゆる場所で機能している成分である。

ちゃんぽんの魚介類に含まれている栄養は?

エビ、イカ、ホタテといった魚介類も、ちゃんぽんの代表的な具材の一種である。魚介類はタンパク質だけでなく、タウリンやミネラル、ビタミン類がたくさん詰まっているため、人間の身体を動かすのに欠かせない栄養の宝庫といっても過言ではないだろう。

3.ちゃんぽんの糖質はどのくらい?

ちゃんぽんの糖質は、1杯あたり約81.63gである。ほかの麵類の糖質と比較をすると以下の通りだ。

・醬油ラーメン1杯あたり:約69.23g
・そば1杯あたり:約53.56g

糖質だけ見ると、ちゃんぽんが高い傾向にあることが分かる。ちゃんぽんの麵は、ラーメンやそばの麵と比べると太いため、どうしても糖質が高くなってしまう。

また、かまぼこや豆類、トウモロコシなど、糖質の高い具材もたくさん入っていることが多い。糖質が高い原因は麺だけではなく、具材にもあるようだ。

ただし、キャベツやニンジン、モヤシ、肉類、魚介類といった糖質が低い具材もちゃんぽんに多く含まれているため、低糖質な具材だけを使ってちゃんぽんを作れば、ある程度糖質を抑えることはできる。

4.ちゃんぽんをカロリーオフするおすすめの食べ方

ちゃんぽんのカロリーはそこそこあるため、健康を考えている人や、カロリーを極力摂取したくない人にとっては「カロリーオフして食べたい」と思うこともあるだろう。

もし、ちゃんぽんのカロリーが気になる場合は、まずカロリーの高い具材をできるだけ摂取しないことをおすすめする。脂身の多い肉や魚、茹で卵といった具材は比較的カロリーが高いため、カロリーの摂取量を気にしている人は要注意である。

また、ちゃんぽんの麺のカロリーが気になる場合は、麺の量を減らすか、カロリーが非常に低いこんにゃく麺を使用するとよい。

ちなみに、飲食店によっては「麺が入っていない具材とスープのみのちゃんぽん」も販売されているため、あまりお腹が減っていない時はこのような商品を注文するのもおすすめだ。

結論

ちゃんぽんは一見カロリーが高い食べ物に見えるが、食べ方を工夫すればカロリーを抑えることは十分に可能だ。具材に含まれている栄養が非常に豊富といったメリットもあるため「ちゃんぽんはカロリーがそこそこあるから食べない」と決めつけてしまうのは、もったいないといえるだろう。

【関連記事】

おすすめの記事