Yahoo! JAPAN

秋のイカダ五目釣りは初心者にも最適 様々な釣り方で多彩魚種を狙おう

TSURINEWS

秋はカワハギも欠かせないターゲット(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

ひと昔前はイカダ釣り=クロダイだったが、今はさまざまな魚種をさまざまな釣り方で狙える釣り場となっている。今回はそんな多様化しているイカダ釣りの魅力を紹介したい。

イカダ釣りの特徴

イカダというフィールドは、簡潔にいえば貸し切りでのんびり楽しめ、なおかつ魚影の非常に濃い釣り場だ。その多くは波穏やかな湾内に設置されており、台風でも来ない限り釣りは可能。大きく揺れることはまずないので、「船に乗りたいけど船酔いするんだよなぁ」という人には、まさにうってつけの釣り場といえるだろう。

また相乗りさせる渡船店がほとんどないため、1つのイカダを貸し切ることが大半。気の合う仲間同士や家族、カップルでのんびり楽しめるのだ。コロナ禍による釣りブームで、休日の堤防はどこも大混雑。イカダなら喧噪を離れて、思う存分サオを振れる。

何がヒットするかわからないのも魅力(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

足場の良さも、イカダの長所といえる。堤防なら海面まで高い釣り場もあるが、イカダは海面までの距離が非常に近く。バケツで水をくむのも楽だ。もちろんトイレ付きのイカダがほとんどで、女性でも安心して楽しめる。

他に堤防と違って、足元から水深が豊富だ。したがって釣れる魚のほとんどが、良型であることが多い。アジなどは堤防では豆サイズがほとんどだが、イカダでは刺し身にできるような25cmクラスだって狙える。

イカダで釣れる魚種

イカダでクロダイを狙うカカリ釣り師の悩みのタネの1つが、エサ取りだろう。ダンゴを打てばその集魚力たるやすさまじく、上層から底までびっしりエサ取りに占拠されることも珍しくない。

イカダで釣れるアジは型が揃う(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

エサ取りの種類はアジやサバ、カワハギ、ベラ、キス、コノシロ、コッパグレ、フグ、アイゴなど。これらのクロダイ釣り師に嫌われているエサ取りたちが、今回の本命になるのだ。クロダイ釣り師からは嫌われても、ファミリーフィッシングには格好のターゲット。

秋は魚種多彩な魚が出迎えてくれる(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

全てが歓迎できる魚ではないが、イージーに釣れる魚が多く本格的な道具立てでなくとも、十分に楽しめる。

タックルをそろえよう

魚種ごとにサオやリールを変えていくのが理想だが、それはイカダ釣りにずっぽりハマってからで十分。まずは1セットそろえよう。オススメは海のルアー用のサオ。中でもエギング用とかチニング用、港湾シーバス用と銘打ってあるものが最も使いやすい。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

長さは7~8ft(2.1~2.4m)前後で、ほぼオールマイティーに使える。サビキ、胴つき、チョイ投げと何でもこい。青物のナブラが出たら、ルアーだって投げられる。

合わせるリールは、ダイワなら2500番、シマノなら3000番クラスが最もバランスがいい。ミチイトは水深がある釣り場なので、伝達性の高いPEラインがお勧め。太さは1号前後。その特性上イト自体にコシがなく、穂先絡みなどのトラブルが起きやすいのが欠点だが、ナイロンラインやフロロカーボンラインなどの先イト(リーダー)を付けることで、トラブルを回避できる。

先イトの太さは3号ぐらいが妥当で、PEと先イトの結び方は電車結びで十分だ。

イカダ五目釣りのエサ

イカダで使うエサはさまざまだ。今回紹介しているような五目釣りではオキアミやムシエサが基本となるが、何を狙うにしてもコマセも大事になってくる。

そこでお勧めしたいのがダンゴだ。しっかり握って投入すれば、底でコマセを効かせることができるし、バラけた状態で上まきすれば上層で効かせることができる。

サンバソウをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

今では開封してそのまま使えるウエットタイプのダンゴが多く販売されている。集魚剤も最初から入っているので、何もしなくても集魚力は抜群だ。1袋は持っていくようにしたい。

他にさしエサとしてはカワハギならアサリ、根魚を狙うなら魚の切り身や大きめの冷凍エビなどもあるといいだろう。

アジを狙おう

前述の通り、イカダで釣れるアジは良型がそろう。サビキで狙うのが定石だが、仕掛けは堤防で使うものより2ランクハリが大きめのもの、ハリスもやや太めのものを選ぶようにしよう。

サビキで狙うのが定石(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

また水深があるので、仕掛けの最下部にはカゴではなく、オモリを付けてコマセカゴは仕掛けの上部にセットする。船のサビキ釣りと同じ要領だ。オモリは10~15号をそろえておこう。

良型をゲットしよう(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

仕掛けが落下しているときはコマセカゴのフタが水圧で閉じ、上げるとフタが開いてコマセが振り出される。任意のタナでコマセを出せる仕様は、水深のあるイカダでは非常に便利だ。

狙うタナは底付近が基本となる。仕掛けを底まで落としたら少し上げ、しっかりシャクってコマセを振り出そう。これを2~3回繰り返したら、いったん回収してコマセを詰め直し、再度投入。最初はアタリがなくてもコマセが効きだせば、アタリが連発するはず。

人気のターゲット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

渋いときは吹き流し仕掛けが効く。コマセカゴとオモリを弓型テンビンに付け、その先に1ヒロほどハリスを取りハリを結ぶ。さしエサを自然に漂わせることで、食い渋ったアジに口を使わせることが可能だ。一度試していただきたい。

カワハギを釣ろう

カワハギの釣り方は基本的に船と同じ。釣れるサイズが小型に偏ることがあるので、少し小さめのハリの仕掛けも用意しておくといいだろう。

エサはアサリをメインにムシエサ、オキアミなど。狙うタナは基本的に底。アタリもなくエサが取られていたら、そこにカワハギがいると断定していい。時々まきエサを打ちながら、粘り強く誘っていこう。

またカワハギの気配がなく、他魚ばかりのときは少し上層を探ってみよう。カワハギは少し浮くときがあるので、少しずつ探るタナを上げていき、底から3mぐらい上までは探っていきたい。

水温が高いうちはベラも元気(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

この釣りはさまざまな魚が掛かってくる。代表的なものはベラやカサゴ、ハタ類など。またフグなど、招かれざる客もよく掛かる。いずれにしてもアタリが多い釣りなので、退屈はしないはずだ。くるもの拒まずの精神で楽しんでほしい。

大物の可能性も

湾内のイカダとはいえ、秋は大物が出る可能性がある。その代表格が青物だ。ハマチやシオが多いが、ワラサクラスが接近してくることも。射程圏内でナブラが立てば、すぐにルアーを投げてみよう。遠投できるミノープラグを、いつでも結び直せるようにしておく。

回遊があれば青物も狙える(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

また潮が走っているときに試してほしいのが、フカセ釣りだ。仕掛けは先イトの先にハリを結ぶだけ。チヌバリの4~5号が適当だ。オモリやウキなどは一切なし。オキアミを混ぜたダンゴを握らずそのままパラパラ上まきし、そのコマセの幕の中にハリに刺したオキアミを投入。潮に乗せてどんどん流していく。

これでヒットするのは青物やマダイなど。潮が走っていないと成り立たない釣法だが、ハリを1袋持っているだけでできるので、釣行する際は頭の片隅にでも入れておいてほしい。

ノベザオで遊んでみよう

コマセのダンゴを打つとき、こぼれたコマセにコッパグレや小サバ、コノシロなどが群がることがある。これを軟らかいノベザオで狙ってみると面白い。サオはヘラザオや渓流ザオなど。

仕掛けは単純なウキ釣りだ。棒ウキにカミツブシオモリ、サルカンにハリス1号、ハリはチヌバリ1~2号。エサはオキアミ。

軟調子のノベザオがあると楽しさ倍増(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

この道具立てで釣ると、小サバや小アジでもイト鳴りさせるほど、スリリングなやり取りを楽しめる。20cmを超えるグレなんかが掛かれば、もう大騒ぎだ。

イカダの可能性は無限大

他にも場所によってはチョイ投げでキスが狙えたり、泳がせ釣りでヒラメやマゴチが狙えたりと、イカダ釣りの可能性は無限大。こんな楽しい釣りを、貸し切りで楽しめるなんてこれ以上のぜいたくはないだろう。もっともっとイカダというフィールドが注目されてもいいと思うのだが……。

スカリの中は多彩な魚でいっぱい(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

なお、釣行する際はライフジャケット着用は必須。堤防のように途中で買い出しに行けないので、飲み物や食料は十分に持っていくようにしよう。またこれからの季節、朝夕は冷え込むので、1枚羽織るものを持っていくといいだろう。

もちろんゴミのポイ捨ては厳禁。出したゴミは必ず持ち帰るように。

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年10月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post秋のイカダ五目釣りは初心者にも最適 様々な釣り方で多彩魚種を狙おうfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事