Yahoo! JAPAN

淵野辺駅北口 シャッターで街に活気を 桜美林大生、宇宙絵を制作〈相模原市中央区〉

タウンニュース

(上)4枚のシャッターに2種類の絵を描く桜美林大生=12日、淵野辺駅北口(下)中心メンバーの狩野さんと鹿野さん

淵野辺駅北口を中心とする商店街「にこにこ星ふちのべ商店会」でこのほど、桜美林大学の学生によるシャッターアート制作が始まり、道行く人の目を楽しませている。

制作を担当するのは同大芸術文化学群でアートを中心に活動する「はやおサークル」所属の2、3年生。サークルに所属していた現4年生の学生と商店会との交流をきっかけに、シャッターアートで街を盛り上げてもらおうと商店会が昨年10月に依頼し、構想が始まった。準備を進める中、今年に入り計画と人員が整ったことから、2月から制作を開始した。

JAXA宇宙科学研究所と近接することから宇宙をテーマとしたまちづくりを掲げる商店会の希望で、作品のテーマは「宇宙」。シャッターを背景にさまざまポーズで撮影した画像をそれぞれインスタグラムなどのSNS上で発信してもらおうと、4枚のシャッターに惑星と宇宙船の様子の2種類を制作する。このサークルではシャッターアートに取り組むのが初めてとなるため、これまでネット動画などを見ながら作業や描き方の注意点などを学んだ上で、今回の制作に臨んでいる。3月の完成をめざす。

中心メンバーの狩野光咲さん(3年)は「描きづらくて手探り状態」と笑うも、「大作に取りかかるのは久しぶりなので楽しい」と笑顔を見せる。鹿野伶奈さん(同)は「淵野辺がにぎやかになるような作品にしたい」と意気込んだ。

【関連記事】

おすすめの記事