Yahoo! JAPAN

玄界灘の船イサキ釣りで38cm頭に良型本命でクーラー満タン

TSURINEWS

本命キャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

5月17日、玄界灘のイサキ釣りに福岡県宗像市・大島の第二大福丸(古賀船長)を利用して釣行した。ダブル、トリプルと連掛けを楽しみ、クーラーいっぱいのイサキをキャッチした釣りの模様をリポートする。

第二大福丸でイサキ釣り

5月17日、福岡県宗像市・大島の第二大福丸(古賀船長)で玄界灘のイサキ釣りに釣行した。メンバーは佐田さん、手島さん、長坂さん、金田さん、三浦さんだ。

タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

午前4時すぎ、皆さんが揃ったところで神湊港から出船。前のキャビンに入って仮眠を取っていると、エンジンがスローになり目が覚めた。釣座に着くと仕掛けを作り、用意ができたら釣り開始。船長からは「タナは35mで釣るように」と指示が出た。

連掛けで本命多数ヒット

1投目を投入し、まきエサを出しながらアタリを待つ。すると、仕掛けがまきエサの中に入るとすぐにアタリがでた。船長の指示ダナよりも5m上で狙うと、30~38cm級の腹パンのイサキが釣れだした。

イサキの群れが大きい時は、ハリがあるだけイサキが掛かってきた。右舷船尾の佐田さんのサオもよく曲がっており、イサキ4尾がハリ掛かりして上がってきた。

連掛けでヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

長坂さんもアタリをとらえてダブル・トリプルとイサキを掛けていた。

本命手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

数釣りを堪能

私の横で釣られていた手島さんは1~2尾と良型イサキを掛けていて、「刺し身になるイサキが釣れた」と喜んでいた。左舷船尾の金田さんは28~32cmのイサキを数釣りしていた。

この海域ではマダイや青物は釣れないそうなので、仕掛けを5号から4号に替えて釣りを再開した。

船長もポイントを大きく変えるのでなく、同じ場所を流してくれるので時間のロスもなく釣りができた。

クーラー満タンで満足

この日の釣果は、私と手島さんのクーラーほぼ満タンになり、佐田さんは大型クーラー2個を満タンに埋めていた。

良型数釣り(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

帰ってイサキ20cm級をさばいてみると、真子や白子が親指の大きさだった。イサキが産卵を始めると肛門が赤身をおびてくるので、目安になるのではと思われる。

これからの釣り物はイサキ釣りと夜焚きイカ釣り。特に夜焚きイカ釣りは人気ですぐに満員になるので、早めに予約をするといいだろう。

<週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年6月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post玄界灘の船イサキ釣りで38cm頭に良型本命でクーラー満タンfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事