Yahoo! JAPAN

五条川で夜のナマズゲー 強い流れがブロックされた場所で好反応【愛知】

TSURINEWS

キャタピーソフトにヒットしたナマズ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

愛知県の都心部を流れる新川と五条川へシーバス狙いで釣行。しかし、連日の雨の影響があったのでターゲットをナマズに変更。ナマズを求めて五条川を上流へ北上、見事に本命をキャッチした。

新川でシーバス狙い

8月19日、新川に到着したのは、午後7時半すぎだった。下げ潮のタイミングで、まずは清須市周辺のシーバスを狙う。2.5gのジグヘッドに1.6inchのワームで開始。

この日は連日の雨の影響か普段より水は白く濁り、多くのゴミが流れていてルアーが引きにくい状態だった。常夜灯の光でできた明暗境目、橋脚、水門周りの表層レンジを探るが反応はなく、ベイトフィッシュの姿もなかったので、隣の五条川に移動するが状況は同じで反応はなかった。

ナマズゲームに転戦

そこでターゲットをナマズに変更。タックルはロッドがモンスターキッスディアモンスターMXー7、リールがカルカッタコンクエスト100、ラインがPEライン2.5号、リーダーがフロロカーボンライン40lb、ルアーはキャタピーのタレブラックだ。

ナマズ狙いタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

ナマズヒットもバラし

清須市の巡礼橋周辺からスタート。岸際の植物が茂る際をタイトにキャストして、タダ巻きで探る。すると、ワンドの際でバフゥッと水柱が立ったが、一度切りだった。

釣り上っていくと、出るには出るがフックに乗らない。そこでボディーが柔らかい素材のキャタピーソフトのチャートイモムシカラーへとルアーチェンジ。次に反応が出たのははるひ美術館周辺で、ここでもワンド状になった岸際でヒットはあったものの、食いが浅いのか、最初の首振りでバレてしまった。

さらに北上して北名古屋市から、大口町まで移動してきた。メガドンキホーテの周辺を探る。

下流から探ってきて分かったのは、強い流れをブロックするワンド状の地形とアップストリームで探ったときに反応が集中すること。またダウンで探ると反応はないが、アップで探ると反応が出るのは、雨の影響で上流から流れてくるエサに対してナマズが反応しているのだろう。

強い流れをプロテクトする場所がポイント(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

本命ナマズ50cm登場

さらに上流を探ると、本流の流れをブロックする地形の草むらを発見した。ルアーを長く引くスペースはあまりなかったが、今回反応が出た状況では間違いなくドンピシャだ。

少し足場が高いので、ルアーを横に引かずに垂らしてヨーヨーのように上下に揺らして誘う。草むらにタイトにキャストして上下に誘うと、水柱が立って下から大きな口を開けてルアーを襲う姿が見えた。

アワセを入れると、見事にフッキングが決まった。魚は下流へ走りだすが、強引に寄せてくると今度は足元で首を振って抵抗する。ひるんだ隙にランディングしたのは、50cmのナマズだった。

キャッチした50cmのナマズ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

この1匹をキャッチした時は日付が変わる時間となっていたので、ここでストップフィッシングとした。

<週刊つりニュース中部版APC・戸田英明/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年9月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post五条川で夜のナマズゲー 強い流れがブロックされた場所で好反応【愛知】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事