Yahoo! JAPAN

北海道・支笏湖温泉「丸駒温泉旅館」5月1日にリニューアルオープン!囲炉裏会席を楽しむ新レストランに客室改装

おんせんニュース

写真:清潔・快適を追求した客室改装

北海道千歳市の支笏湖畔の一軒宿「丸駒温泉旅館」が2022年5月1日にリニューアルオープンします!夕食レストラン「薄雪草(うすゆきそう)」が新設され、「囲炉裏会席」をより一層たのしむことができそうです。もともと天然露天風呂と展望露天風呂で源泉かけ流しの温泉が楽しめる同旅館には、2021年12月、支笏湖の水をかけ流しで提供する水風呂も完成しています。新しい時代の秘湯宿を目指す今回のリニューアルを覗いてみましょう!

新しい時代の秘湯宿へ

日本秘湯を守る会の宿である「丸駒温泉旅館」は、北海道支笏湖の地で107年「自然環境」「温泉環境」を守り続け温泉旅館を営んできました。

今回のリニューアルでは、丸駒温泉旅館のコンセプト「こころのふる里」を体現する夕食レストラン「薄雪草」を新設しています。

グリーンシーズンは網焼き、ウィンターシーズンは鍋をメインとした囲炉裏会席料理です。

新レストラン「薄雪草(うすゆきそう)」のイメージ

今回のリニューアルでは清潔・快適を追求した客室改装もおこなっています。全客室を禁煙化し、クロス壁紙を一新、衛生環境に配慮するため湖側客室の畳を「抗菌畳」に変更しています。

また、標準客室「湖側和室10畳」の改装に合わせて、和布団からローベッドスタイルに変更しています。

温泉と支笏湖の水の『Wかけ流し』でととのう

2021年12月、展望露天風呂の横に、男性は石造り、女性は木造りの水風呂が新たに設置されています。そして、水風呂に使われている水は、支笏湖の水。この水は水質1番に何度も輝いていて、丸駒温泉旅館では飲料水として利用しているそうです。

写真:支笏湖を一望する展望露天風呂と男性用水風呂

もともと天然露天風呂と展望露天風呂で源泉かけ流しの温泉が楽しめる同旅館に、支笏湖の水をかけ流しで提供する水風呂ができたことで、『Wかけ流し』の温泉温冷浴という丸駒温泉旅館ならではの「ととのう」体験ができそうです。

サウナが苦手なあなたも、大自然の中で、源泉かけ流しの温泉を使った温泉温冷浴(「温泉浴→冷水浴→外気浴」のサイクル)にトライしてみてはいかがでしょうか?

さらに、丸駒温泉旅館は支笏湖湖岸で唯一、朝日が見られる位置に大浴場があるそうで、宿泊すると朝日とともに温冷浴という特別な「ととのう」体験ができるとのこと。

写真:女性用の木造りの水風呂

野趣あふれる天然露天風呂が自慢

丸駒温泉旅館は、創業大正4年という深い歴史のある支笏湖畔の宿です。創業当時から変わらず、支笏湖と岩場を隔てただけの天然露天風呂が自慢。

この天然露天風呂は、全国でもおよそ20カ所しかないとされる、足元から湧き出る温泉で、支笏湖の水位によってお湯の量が季節によって変化します。湯量が多いときは深さ160cmになることもあるそうです!

眼前に広がる支笏湖はもちろん、風死岳、モラップ山、紋別岳といった大自然に囲まれた野趣あふれる秘湯です。

写真:野趣あふれる天然露天風呂

足元湧出の湯は寒い季節に嬉しいよく温まる泉質

塩分を含んだ温泉は保温効果抜群で、切り傷、火傷、神経痛、五十肩、冷え性などに効能があるとされます。

冬の間も基本閉鎖はせず、露天風呂での雪景色も楽しめます。ただし、悪天候の場合は閉鎖することも。

夕食は、清らかな支笏湖でとれる「姫鱒(ひめます)」を使った料理も楽しみ。あたたかな囲炉裏を囲む、団欒のひととき…… 北海道・支笏湖ならではの思い出に残るステイになりそうです。

(取材・文:Vermiliおん/hotspring727、編集:hotspring727)

【関連記事】

おすすめの記事