Yahoo! JAPAN

ボールをしっかりとヒットさせパットが入るようになるストロークのリズムとは!?【大本研太郎の「右脳」パッティングの極意/ゴルフ】

ラブすぽ

ボールをしっかりとヒットさせパットが入るようになるストロークのリズムとは!?【大本研太郎の「右脳」パッティングの極意/ゴルフ】

ボールをしっかりヒットできるストロークのリズム

●ボールをしっかりひっとするために一瞬の「タメ」を入れる
パッティングのストロークのリズムは「ワン、ツー、スリーの3拍子」と言われることもありますが、そのリズムだと、しっかりボールをヒットできないミスが出がちです。

私がお勧めするのは、「ワン、トゥ」と「スリー」の間に、「ウ」という短い音を入れるリズムです。「ワン」はアドレス、「トゥ」でトップ(トゥと口ずさむと腹筋に力が入ります) 。

そして、「ウ」という間を入れて、「スリー」で振り抜きます。

この短い間は、ヘッドの重さを利用して作ります。この間をとることで、インパクトに力を集約することができ、しっかり打てます。

リズムについては、ぜひ動画の確認と合わせてご理解いただきたいと思います。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.12』

【レッスンプロ情報】
●大本研太郎
1974年生まれ。2012年にパターレッスン専用スタジオ「パットラボ」を開設し、アマチュア2000人、プロ180人を超音波機器で詳細に解析。「グラビティーメソッド」を確立し、PGAティーチングプロアワードで最優秀賞を受賞(2018年)。GPC恵比寿代表。

【関連記事】

おすすめの記事