Yahoo! JAPAN

『明日カノ』衝撃ワードでまさかの涙腺崩壊、夢から覚めるように…原作にないセリフも話題

ドワンゴジェイピー

『明日カノ』衝撃ワードでまさかの涙腺崩壊、夢から覚めるように…原作にないセリフも話題

6月22日深夜に放送されたMBS/TBSドラマイズム『明日、私は誰かのカノジョ』(通称「明日カノ」)第11話では反響の大きかったホスト編が完結した。ホストにハマり風俗でお金を稼ぐ萌(箭内夢菜)とゆあ(齊藤なぎさ)の揺れ動く気持ちが描かれた第10話。第11話では2人がそろってホストの担当を切る瞬間が訪れた。


「ホスト編最高」「最高に楽しめた」との声が相次いだホスト編。夢だったのではないかと思うほど、萌とゆあが出会った第6話からあっという間に終わりを迎えた。今夜放送の最終話を前に、じっくりと振り返っておきたい。


(以下、第11話ネタバレあり)



「どうしよう…全然楽しくないんだけど」と初めてホストクラブへ行った時に心の中で呟いていた萌。第11話ではホストである楓(高野洸)の誕生日を祝うために、大学を辞めて風俗の仕事でお金を稼いでいた。

 

「ずっと萌ちゃんの味方だからね」という母親からの優しいメッセージを見た後に向かった仕事先で、萌は制服のコスプレを着させられ相手の男性に動画を撮られる。

男性から「こんな姿 親には見せらんないよねぇ?」と言われ、涙があふれてきた萌はそれ以上仕事を続けることができなくなってしまう。心をすり減らして仕事をしてきた萌にとって、その辛さはもう限界まで達していたのかもしれない。

 

誕生日の楓を祝うためにホストクラブへ向かう最中、楓から思わぬメッセージが届いて萌は足を止めた。

「桃花ちゃん 俺も早く会いたい」

いつもは“しごでき”(仕事ができる)で萌の誕生日プレゼントまで用意していた楓から桃花という違う名前が届く。そういう名前の客がいてもおかしくないことに萌はすぐに気付く。胸を締め付けられるような言葉が萌の心の声として語られながら、楓との思い出が映像として流れていく。


「うれしい言葉をくれるのも 欲しかった居場所になってくれるのも 楓が…ホストだから…私が お店のお客さんに愛想笑いするのと同じように 耳障りのいい言葉で甘やかして恋人ごっこをしてくれる でも それは 楓が見てくれてるのは…客としての私だけ…そんなの気付いてた。でも ずっと気付かないふりをしてた。たとえ 真実なんかなくても楓の前だけでは 好きな人の隣だけでは…主人公でいたかったから」


現実を突きつけられて涙が止まらない。そんな萌のもとにメッセージが届く。


「萌ちゃん!キンタマキラキラ金曜日!」


夢から覚めた瞬間だろうか。元々行きつけだったバーのみっこから送られてきた底抜けに明るいメッセージと写真を見ながら、「バカじゃないの?」と涙を流しながら笑う萌。「ほんとバッカみたい」と言いながらも少しスッキリしたような表情が印象的だった。


ホストクラブで楓が萌を待ち構えてドアが開いた瞬間と萌がバーのドアを開く瞬間の映像の切り替えが一つのストーリーに区切りがついたことを思わせる。楓の元からみっこの元へ、萌が元の自分の居場所へ戻ったことを表しているかのようだ。


「何 髪もきれいに巻いておしゃれさんじゃないのよ。めちゃくちゃ似合ってるわよ。」


この原作にはない萌にかけたみっこの言葉に、「私も泣きそうになった」「みっこぉぉって泣いてしまった」と多くの視聴者が涙するほど。萌がホスト沼から抜け出せて本当によかったと誰もが心から思った瞬間だろう。


同じタイミングでゆあも担当ホストであるハルヒ(藤原樹)と喧嘩する。知らないところで高いシャンパンを入れることになっていた第10話からの喧嘩については仲直りしたものの、すぐさまハルヒの被り客による暴露によって険悪な雰囲気となる。

「私はあんな迂闊な画像 撮られるお前の意識の低さにキレてんだよ!客の管理ぐらいちゃんとしろ クソホストが!」


ゆあのこの言葉にさすがのハルヒもキレる。客からの要望にどれだけ神経をすり減らしているか分かるかと問うハルヒにさらにゆあは畳みかける。


「風俗の客とホストの客を一緒にすんじゃねぇよ!ホストは客を選べるだろうが。」


ホストは客を選べても風俗はどんな客が来ても拒めないと訴えるゆあ。自分はそれでも仕事をしてるのに泣かせてばかりいるハルヒを責める。「この寄生虫が!」というゆあの言葉を聞いた瞬間、ハルヒはゆあの首を絞めた。


「ホストだからって何してもいいと思ってんだろ?恋愛ごっこ 求めておきながら俺らを見下して人間扱いしてないのはお前らの方なんだよ!」


ハルヒの迫力は息を飲むほど。これまでホスト陣の感情は全く語られてこなかったが、このやり取りで初めてハルヒの感情が爆発した。


「ああ~ なんか冷めた」


首を絞められた後なんとか立ち上がったゆあは、担当を切ると伝えハルヒを残して部屋を立ち去る。去っていくゆあにハルヒは「掛けはちゃんと払えよ!」と叫ぶ。ハルヒにとってはゆあが金ヅルで、結局はホストと客の関係でしかなかったのだなと思い知らされた。


ハルヒがゆあと会った後にホストクラブに戻りドアから入ってくる場面。楓が萌を待ち構えてドアが開いた瞬間に笑顔を作ったタイミングだ。

ハルヒから「切られたんじゃね?」と言われた時の睨みつけるような楓の表情もこれまで見られなかった表情だ。このシーンも原作にはなかったが、切られた後のホスト陣の裏側を見られたようでとても面白い。


ホスト編に登場したカノジョ2人の演技にも触れておきたい。毎話涙を流していたのではないかというほど、泣きのシーンが多かった萌演じる箭内夢菜。

「笑いながらの泣き演技すごかった」との声が上がるほど、泣きの演技が綺麗で魅力的だ。ゆあを演じる齊藤なぎさについては回を追うごとにその演技力を発揮してきた。

今回に至っては最後にカフェで萌の話を聞いたときの「えっ…ぬるっ。」という言葉を発した時の表情が「怖いくらいゆあてゃ」だと反響を呼んでいる。ホスト編を楽しませてくれた2人の今後の活動に期待したい。



萌が「この数か月でほんとにいろいろあったな…」と心の中で呟くシーンがある。その数か月がこのドラマの第6話から第11話までの間に詰め込まれていた。「情緒めちゃくちゃにされるドラマ」「一番しんどかった」という声が多いように感情移入せざるを得ないくらい見る者を夢中にさせたホスト編。萌を通してホストである楓にハマり、最後はみっこの言葉に救われる、その夢のようにあっという間だった時間を視聴者も一緒になって味わえたのではないだろうか。

 

萌とゆあ、何もかも対照的な2人が同じようにホストを好きになり抜け出せず、風俗でお金を稼ぐ日々を過ごした。ホストの担当が切れた後の萌とゆあが進む道は違うかもしれないが、「自分は絶対にホスト行ったらハマるから生涯行くのやめようと思う」とまで視聴者に思わせるほど、この萌とゆあによるホスト編はリアルで共感できるストーリーだった。

 


第11話でホスト編が完結し、とうとう『明日カノ』も第12話で最終回を迎える。第11話の最後には第1話ぶりに壮太(楽駆)が登場し、雪(吉川愛)を旅行に誘った。最終回の第12話は壮太と雪の温泉デート。


予告では仕事で来たと必死で思い込もうとするような雪の言葉があり、2人の関係が最後どうなるのか気になるところだ。雪に加え、リナ(横田真悠)・彩(宇垣美里)・萌・ゆあも登場しそうな最終話・第12話は、6月28日深夜放送される。


文:SEN


最終話あらすじ

壮太(楽駆)は雪(吉川愛)を誘って、温泉旅行へ。穏やかで楽しい時を過ごす2人。そして壮太は、雪のことが好きだとはっきり告白する。そんな壮太の思いを受け、自身の過去について話し始める雪。その夜、雪は初めて夢を見る。そして帰京する朝、壮太は、これからも雪と一緒にいたいという思いを伝える。果たして、雪が出した答えとは―。

そして、リナ、彩、優愛、萌、カノジョたちのそれぞれの未来は―。




■ドラマイズム『明日、私は誰かのカノジョ』
最終話 6月28日(火)深夜 MBS 0:59~、TBS 1:28~

©「明日、私は誰かのカノジョ」製作委員会・ MBS



【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 夏に涼しさを感じられる!? 「グルメ&おでかけスポット」4選

    anna(アンナ)
  2. 「いいこと思いついちゃったにゃ~ん♪」美猫さんのちょい悪なニヤリ顔にTwitter民から絶賛の声♡

    ねこちゃんホンポ
  3. 北海道の人気観光列車「富良野・美瑛ノロッコ号」8月後半も運転、オクハテ510やDE15ディーゼル機関車で風と音を感じながら行くシアワセ絶景時間! 青春18きっぷでも乗れる

    鉄道チャンネル
  4. 今日8月15日は「終戦の日」 上越市が市内の戦争体験者の証言動画作成

    上越タウンジャーナル
  5. 2022年6月11日オープン No.CAFE

    京都速報
  6. 【ライブレポート】STU48、新公演「花は誰のもの?」東京開催でファンを魅了!

    WWSチャンネル
  7. <テストの点が悪い子ども>娘と親は別人格……。自分の人生を楽しむ大切さに気づいた私【まんが】

    ママスタセレクト
  8. 青春18きっぷで大阪から群馬へ、D51 498 蒸気機関車の SLぐんま みなかみ に会いに! 373系ホームライナーか、もとセントラルライナーに乗るか

    鉄道チャンネル
  9. 友達が欲しかった? カメを口にくわえて連れてくる愛犬に飼い主困惑(米)

    Techinsight
  10. <誰の子ども?>旦那が保育園や健診に一切関心なし!疲れたママが本当に求めていることは

    ママスタセレクト