Yahoo! JAPAN

カンニング竹山、老後1人になったら…「恐怖ひしひし」

ナリナリドットコム

タレントのカンニング竹山(50歳)が、7月26日に放送されたニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA)に出演。「最近すごく考える」ことについて語った。

番組はこの日、内閣府が発表した「2021年度版高齢社会白書」に、60歳以上の約3割が「家族以外に親しい友人がいない」と回答したことにフォーカス。コロナ禍でより深刻になる“高齢者の孤独”について考えた。

番組MCの竹山は「最近すごく考える」と切り出し、「僕は50歳になるんですけど、うちの夫婦は子どもがいないから、もし妻が先に亡くなっちゃった場合、1人になるなって。僕が先に亡くなっちゃった場合は妻が1人になるな、とか。その恐怖はひしひしと感じる年齢になってきた。どうやって一人で生きていくんだろう?って思います」と胸の内を明かした。

ゲストでコミュニケーション戦略研究家の岡本純子さんが「男性の場合は、会社の上下関係に基づくコミュニケーションだけを取っているとフラットなコミュニケーションが難しくなる」と説明すると、竹山は「前に、収録で一緒だった堺正章さんに言われたことがあって」とエピソードを披露。

「『竹山くん遊んでる?』と聞かれたので『遊んでますよ。でもだいぶ酒も飲めなくなったし、世間も厳しいから芸人として女子と遊ぶみたいのもなくなりましたね』と返したら、『バカヤロー!そういうことじゃないよ』って言われて。『芸能界の人とばっかり遊んじゃダメだ。芸能界以外の人と一緒に趣味を楽しんだり、食事をしたり、同じことをやったり、いろんなことをやりなさい。それをやらないと50、60、70歳になった時に深みもでないし、繋がりがなくなるよ』と言われた」と語り、「若いうちからコミュニティを自分で意識的に作っていかなきゃいけないんだなっていうことですよね」とアドバイスを受け止めたと明かした。

【関連記事】

おすすめの記事