Yahoo! JAPAN

【松岡茉優×伊藤沙莉】衝撃的な出会いから共演の思い出、最近のプチケンカ話まで親友同士のトーク!

TBSラジオ

TBSラジオ「松岡茉優 マチネのまえに」ゲスト:伊藤沙莉

3月21日・日曜お昼12時から放送されたTBSラジオ『松岡茉優 マチネのまえに』、第50回放送。

残りあと2回も「ぼのぼのと穏やかに過ごせたら」

松岡:3月21日、日曜日。時刻は、お昼12時をまわりました。

こんにちは! 松岡茉優です。はじまりました、『松岡茉優 マチネのまえに』。
きょうも「スタジオ」からお送りしていますので、机もあるし、マイクもあるし。みなさん、良い音で聴いているのではないでしょうか。

そして今週、さらには最終回となる来週の2週にわたって・・・お待たせしました!お待たせし過ぎたのかもしれません!

みんなの大好きな、伊藤沙莉が、やっとやっとやっとやって来ます!!

残すところ2回なんですけど、「マチネのまえに」らしく、ぼのぼのと穏やかに過ごせたらと思いますので、ぜひ、みなさま、お昼の時間を一緒に過ごしてください!

ゲストマンスリー〜本日のゲスト:親友・伊藤沙莉

「私だけ“声デカ女”になっていて」(茉優)「私も声が大きいよ!今さらだけど(笑)」(沙莉)

茉優:きょうは素敵なゲストの方をお迎えすることができました!

沙莉:(笑)

茉優:現在、映画やテレビドラマ、CMなどで見ない日は無いほどご活躍されています!伊藤沙莉さんです!

沙莉:アハハハ(笑)伊藤沙莉です!よろしくお願いしまーす!

茉優:これ、声のバランス合ってるかしら!?

沙莉:たしかにね!

茉優:先週ね、吉田大八監督が来てくださったんだけど、放送を聴いたの。思い返せば、吉田さんがイスの背もたれに背をつけて喋ってたの。

沙莉:はいはい。遠かった?

茉優:私が今、マイクに近づいて喋ってるじゃない!?だからさー、私だけ“声デカ女”になっていてー。だから距離を同じにしよう?

沙莉:でも私、こうやって(イスの背もたれに寄りかかって)いても茉優と同じ声かも。むしろ、倍かも!

茉優:あ、でもそうかも。私、ここ(マイク前に)にするかね。沙莉、声大きいよね?

沙莉:声・・・大きいよ!今さらだけど(笑)

茉優:アハハハ(笑)番組の冒頭で流れてたのは、夏ですね。おうち収録でケータイで録った時の音声ですけど音がキレイでした。ケータイ、すごいねー。

で、沙莉が来るのは2回目ってことになるんですけど。でも、私もこのスタジオにお邪魔したのも3回とか。

沙莉:え?どうゆうこと?ずっと家で録ってたの?

茉優:そうだよー。

沙莉:え?そんなコロナ禍に始まったんだっけ、この番組!?

茉優:ど・どコロナ禍ですよー。コロナ始まってマチネ始まった、みたいな。

沙莉:あ、そーなんだ!

茉優:だから松本穂香さんもご苦労なさったと思うわ。

沙莉:え、でも穂香ちゃんの番組にゲストで出た時に、ここで録ったよ!

茉優:ばちばちにケアしてたでしょ?

沙莉:あー、でもコロナじゃなかった。

茉優:2月とか事前収録だったのかな!?

沙莉:そうだ!そうだわー

茉優:ちょうどその時期なのよ。一時、みんなリモートになったりもして。機材を貸し出してっていう人もいたし。スタッフの方が出張なさってる人もいたけど。私は家で録り続けていたので。

沙莉:手際良かったよね(笑)

茉優:わたくし!?テッシュの箱を立ててさ、その上にさ、アハハハ(笑)脚立も買ったんですよ。

沙莉:やってたよね?(笑)

茉優:そうだよ。だけど、最終的に落ち着いたのはティッシュを置いて、その上にケータイを置いて、ここで喋るのがいちばんキレイに録れるっていうことがわかったってことなんですけど(笑)

沙莉:(笑)

「沙莉と仕込んだ梅シロップ、飲んだ?」(茉優)「お兄ちゃん(=オズワルド・伊藤)が引っ越しとともに持って行っちゃった」(沙莉)

ラジオネーム「そうた。」さん
茉優さん、沙莉さん、こんにちは!「マチネのまえに」放送開始から1年経って、また梅、桜の季節になりました。すっかり忘れていたのですが、沙莉さんにも手伝ってもらったという梅仕事。その後、どうなりましたか? 梅干し、いい感じに浸かってきましたか?

茉優:沙莉とちょうど梅ジュースや梅シロップを仕込んだところだったと思うんですけど、飲みました?

沙莉:1杯だけ飲みました。

茉優:え?他は?

沙莉:お兄ちゃん(=オズワルド・伊藤さん)が引っ越しとともに持って行っちゃった。

茉優:持って行っちゃったんだ・・・。

沙莉:びっくりしちゃったよ、持って行っちゃって。

茉優:なんちゃらハウスでしょ?

沙莉:名前あるの?ピザ作る人(=ママタルト・大鶴肥満さん)がいるって。

茉優:そうそうそう!アメトーークで見た。

沙莉:ほんとに!?蛙亭の岩倉さんと。あと森本サイダーさん、この前、R-1に出てたけど。

茉優:・・・持ってっちゃったんだ。。。

沙莉:持って行ったよ(笑)

茉優:あの方達が飲んでくださってんのかしら!?

沙莉:きっとそうと願ってるけどね!私、お兄ちゃん家に行ったけど、あまり姿を見てないからもう飲み干したのかも!?すごい気に入ってたから。

茉優:混ぜなきゃいけないからね、ちゃんと。たまに回してあげないと。

沙莉:そう!私、茉優にかき混ぜろって言われてから梅の前を通るたびにグルグルやってたわけ。そしたらお兄ちゃんにバカにされて。「なんで洗面所に行くだけなのに、梅を1回1回まわしてから行くんだ!?」って。

茉優:アハハハ(笑)たまに攪拌してあげないと下に沈殿しちゃうから。おいしくするにはよくかき混ぜるんです。梅仕事、今年もやる気ありますか?

沙莉:ありますよ!今年はお酒にしたいな!

茉優:梅酒とどっちも仕込んだらいいじゃない。

沙莉:そうだね。

茉優:お兄ちゃんが瓶を捨ててなかったら、瓶をもらって・・・。

沙莉:やだよ。買う買う。

茉優:買う!?「去年はありがとね」って言って他の瓶に移し替えて、また作るというのもいいんだけど。

「忙しいことに憧れていたのに忙しいって言えない」(沙莉)「親友の沙莉のスケジュールが取れるのが1か月後ですよ!」(茉優)

茉優:それで伊藤沙莉さんの近況をお伝えしたいと思います。

沙莉:いきなり(笑)

茉優:Huluオリジナルの“究極”の1シチュエーションドラマ「ダ・LIMIT」・・・

沙莉:「THE LIMIT」(笑)!

茉優:「ブルーリボン賞」の助演女優賞を受賞しまして、「ギャラクシー賞」の個人賞を受賞〜(拍手)私、花を渡したかった・・・

沙莉:だからコロナよ。「ギャラクシー賞」はあったんですけど、コロナって感じで。

茉優:お花の贈呈は?

沙莉:・・・エライ人?

茉優:そうか、ギャラクシー賞って個人賞を獲った方にゆかりのある先輩とか脚本家さんとかいらっしゃる、そのアットホーム感も素敵な賞かなって。

沙莉:それ「エランドール賞」じゃないの?

茉優:そぉだよね!!エランドールだよね!

沙莉:間違いやがりました(笑)!?

茉優:獲ったのはギャラクシー?エランドールも獲ってなかった?

沙莉:「エランドール賞」もちょっといただきました。

茉優:エランドール賞の花束はどなたがいらっしゃったの?

沙莉:エランドールはコロナコロナっていった感じで。授賞式が無かったんですよ。

茉優:そうなんだ〜。私、沙莉に花を渡すのは絶対に私だと思ってたの!

沙莉:いや、それはもちろん頭には思い浮かびましたけど。でも、事務所の方にいらっしゃって、ちゃんと授賞式をやってくださって。

茉優:ええ!あったかいね〜!

沙莉:感動しました。すごく嬉しかった。

茉優:ニューノーマルとか叫ばれてますけど、あたたかい変換方法があるといいですよね。卒業式も今年は出来なかった子もいっぱいいたみたいだし。

沙莉:入学式もリモートの人もけっこういるみたいで。

茉優:まだ1回も同級生に会ってない大学生も。

沙莉:昨日いた!

茉優:そう、だから別の形で出来たらいいですよね。

茉優:去年共演しました映画『劇場』の他にも、その後も主演された映画「タイトル、拒絶」、「ホテルローヤル」「えんとつ町のプペル」ですね。沙莉、忙し過ぎて最近はどうなんですか?

沙莉:え!?忙しくないよ!?

茉優:忙しいよ。だってさ、沙莉と次にいつ会うって言ったら、1か月後ですよ!親友のスケジュールが取れるのが。

沙莉:(笑)でも私、すごい納得したと思ったのが・・・私、忙しいということが言えない、難しい。

茉優:なんかね!名刺みたいだもんね!「私、忙しいんで!」みたいな。

沙莉:そうそう!忙しいことに憧れていたのに、忙しいって言っていいのだろうかって、果たして。

茉優:自分のことを「女優です」って言えないのと似てない?

沙莉:マジ、同じ!!

茉優:「俳優です」って言っちゃうじゃん。褒め言葉だから、女優って。忙しいも偉そうな感じがしちゃうんだよね・・・

沙莉:そうなのよ!ただの近況に過ぎないのに。

茉優:他の人が言ってるのは全然気にならないよ!

沙莉:そうそう!

茉優:テメェが言うのは・・・

沙莉:テメェは言えないのよ!

茉優:そうなんだよねー。

沙莉:その時にさ、茉優に「忙しい?」「忙しくないよ!」って言ってさ。コーヒーを買いに行こうと・・・

茉優:豆でしょ!?

沙莉:そう!コーヒー豆!コーヒー豆を買いに行こうと思えなくなっちゃって家から出てないけどって言った時に、茉優が「心を無くす、と書いて忙しいと読むんだよ」って。「だから忙しいんだよ」って(笑)

茉優:金八先生かって話でしょ(笑)

沙莉ってコーヒーを淹れるのが上手なんですよ。だから私が「沙莉んちにコーヒー1杯飲みに行ってもいい?」って聞いたら、「豆が無いからひけないけど粉でいい?」って言われて。「なんで豆が無いの?」って聞いたら「買いに行ってない」って。それって忙しいじゃないですか。

沙莉:(笑)

茉優:寝る時間があろうが無かろうが、豆を買いにいく気持ちがあれば忙しくないと思うんだよね。

沙莉:ああ、どんなにね。

茉優:「豆を買いに行けないのは忙しいよ」って言って、我が家の豆を持って行きました!

沙莉:すごく美味しいヘーゼルナッツのね。

茉優:美味しいのよ〜、沙莉のコーヒーは。

「沙莉の朗読、めちゃめちゃ良かったよ!」(茉優)「ありがとね!」(沙莉)

茉優:それと、私事ではございますけど、間も無く3月26日に劇場公開されます映画「騙し絵の牙」。

あとはですね、4月期のドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」。TBSラジオでお会いしたことないんですけども、ジェーン・スーさんが書かれたた本の実写化ということで、吉田羊さんが主演されるんですけど幼少期をやらせていただいております。

茉優:で、私これ、出てから知ったんですけど「311 VOICE Message」。東日本大震災から10年ということで、風化させない取り組みとして高崎卓馬さんがオリジナル朗読「311 VOICE Message」というのを書かれまして。それをラジコの中で特設サイトとして設置されておりました。もう配信は終了してしまっているんですけど、沙莉と共演じゃないけれども・・・

沙莉:同じところに名前があって嬉しかったよね。

茉優:名前が「伊藤」と「松岡」だから50音順だと並ぶわけないんだけども(笑)「い」から「ま」の人が全員いない状況じゃないとムリだよね。

沙莉:さすがにね。

茉優:同じページにあってすごい嬉しかった。

沙莉:聞いたよ、ちゃんと!

茉優:私も聞いたよ!

沙莉:うそー!?ちょっと「マチネ」モードだったよね?

茉優:私あれさー、あれも自分で録ってくださいスタイルというか・・・

沙莉:うんうん、そうだよね。

茉優:コロナ禍なので直接会うんじゃなくて、自分達で録るって形だったんですけど。録りながら・・・「噛んじゃいました、すみません!もう1回いきます!テイク2!」みたいな(笑)

沙莉:アハハハ(笑)

茉優:噛んじゃったら普通だったらミキサーさんが切ってくれてやり直すんだけど、自分でやらなければいけないから。「あ、すみません!もう1回いきます、テイク3です!松岡茉優、え〜」とか言ったりして(笑)それを10何回も録ったわ、私!だって、どれが正解か・・・。演出家さんがいればさー、もうちょっと明るくとか、ここ抑揚とか言われるけどわかんないから。「泣きの1回いきます!テイク10、松岡茉優です!」とか(笑)

沙莉:アハハハ(笑)全部聞きたい!

茉優:その中のどれかを選んでくださったんだよ。

沙莉:うんうん。素敵でした。

茉優:どんな風に録ったの、沙莉は?

沙莉:私は事務所で静かで録ったけど、それがタイミング的にちょうど高崎さんがいたのよ。

茉優:え!?ずるっ!

沙莉:でも「みんな淡々としているんで、淡々と読んでください」しか言われてないから!

茉優:ずるっ!

沙莉:ズルいもクソもないんだよ。

茉優:でも演出家が目の前にいるわけじゃないか。

沙莉:でも、どっちがいい?

茉優:え?ああ、確かにね。10個出して勝手に選んでもらうのと目の前でドキドキするの。

沙莉:書いた人がいるんだよ!

茉優:沙莉のめちゃめちゃ良かったよ!

沙莉:ありがとね!

茉優:安藤サクラさんとか上野樹里さんとかとかとかとか、錚々たるメンバーがいらっしゃったんですよ。そんな中で、もう沙莉、すごい良かった!

沙莉:ありがとね!!

茉優:さすがに1番とは言わないよ、先輩方もいるんだから。すごく良かったなー。

沙莉:嬉しいです〜。

茉優:聞けないくせに言うんですよ。

沙莉:聞けるよ。

茉優:聞けないよ、18日で配信終了しちゃってるんだもん。

沙莉:あ、今ってそうか・・・(笑)

茉優:今は事前収録だから。ねえ、事前収録を感じさせないでくれる?(笑)

松岡茉優&伊藤沙莉がリスナーの質問に答える!

「『知らないサーファーにLINE教えちゃった事件』、茉優に超怒られた(笑)」(沙莉)「教育的指導だね(笑)」(茉優)

ラジオネーム「べに」さん
茉優ちゃん、沙莉ちゃん、こんにちは!またラジオでお二人の会話が聞けるのが楽しみです!「最初に出会った時、お互いのことをどう思った?」を知りたいです!

茉優:これはもうね、沙莉に怒られるから沙莉から話す!?

沙莉:だって、そうだよ!覚えてないんだもん。“松岡黒歴史”、私、知ってるから!

茉優:やめな!

沙莉:(笑)

茉優:「私が初めて会ったと思う日」と「沙莉が初めて会ったと思う日」が、別なんですよ。

沙莉:(笑)違うね。

茉優:それでいつもプチケンカするんですよね。沙莉が初めて会ったと思ってる日はいつなんだっけ?

沙莉:映画のオーディション。

茉優:そうだよね。

沙莉:16、17だよね。

茉優:役がキャバ嬢さんか何かの風俗の役だったよね。

沙莉:そうだね。でも、どっちかと言うとギャル。ちょっとおバカさんキャラみたいな感じの。悪気なく人を傷つけるみたいな役だったんだよね。

茉優:諸刃の剣のようなね。

沙莉:そうそう。それで、オーディションをやっていた時にエチュード形式でマジカルバナナをやったり楽しいオーディションだったんだけど。

茉優:なんかそうだった気がする!お芝居を見るっていうよりは、瞬発力を見てくれてるような。

沙莉:そうそう。みんなアドリブ芝居で。「この人、やばっ!勝てない、超面白い!」って思ったのが、松岡茉優だったんですよ!

茉優:ありがとうございます〜!

沙莉:いいもん見たなって思って。自分もオーディションを受けてるくせに、良いお芝居を見たなって。

茉優:同じ回だったってこと!?

沙莉:そうだよ!

茉優:沙莉と一緒なんか、それ絶対、私も楽しかったはずじゃん!

沙莉:伸び伸びやってたよ、「お芝居っていうのは楽しすぎー!」みたいな感じでやってたよ。

茉優:さむっ。

沙莉:(笑)いちばん良い時だよね。

茉優:そうだね、責任が伴わずに・・・

沙莉:そうそう、純粋に。

茉優:ジャージーボーイズの最初を歌ってる頃のような感じだね。

沙莉:そういう感じかな。そして、帰る時に駅で肩を叩かれて。

茉優:私から!?

沙莉:そうだよ。振り返ったら「沙莉ちゃんだよね!」って。

茉優:あ、知ってんだ!

沙莉:そうだよ。「伊藤沙莉ちゃんだよね!」。

茉優:きもっ!

沙莉:みたいな感じに言われて。今の茉優じゃ想像つかないんだけど。その時は役を引きずってたのか。

茉優:キャピキャピの。

沙莉:そう。共通の友達が高校にいて「◯◯からよく聞いてた!」って。「嬉しい!やっと会えた!バイバイ!」って帰っちゃったの。

茉優:こわいねぇ、、、

沙莉:怖すぎっって思って。マジ、台風!てか、嵐だった!(笑)

茉優:第一印象は最悪だね。

沙莉:最悪でもないよ!すごい子だなって。印象と違ったなっていう感じ。でもさー、そのあとに映画『悪の教典』で会った時はあれはほんとに魔がさしたんだなって感じだった(笑)

茉優:そうだね(笑)ちゃんと共演したのは「悪の教典」になるんだけども、私はやっぱりドラマ『GTO2』が思い出深くって。生徒役が20人くらいいる中で沙莉がいてくれたのは私の中では大事な事だったんです。

沙莉:ありがとうございます。

茉優:そのあと「その『おこだわり』、私にもくれよ!!」でがっつりなんですけど。ほんとに「GTO」の時もそうなんだけど支えてもらったなという印象が大きいです。

沙莉:こちらこそですよ〜。

茉優:ほんとですか。

沙莉:いや、ほんとにそうですよ!撮影のメインロケ地が鴨川だったじゃん。私は千葉県民だったから千葉から電車で行ってる時に、『知らないサーファーにLINE教えちゃった事件』、覚えてる?

茉優:覚えてるよ。びっくりするでしょ。当時は沙莉が実家から通われていたから電車で来てたんだよね。

沙莉:そうそう。

茉優:朝が早かったりイレギュラーな時間に来るわけですよ。声かけられたんだっけ?

沙莉:そう。でなんか、私は最初は私の事を知ってくれてるのかなって思ったら、シンプルにナンパみたいな感じ。

茉優:「伊藤沙莉さんですか?」じゃなくて・・・

沙莉:じゃない。

茉優:「そこのおねーちゃん!」って事でしょ?

沙莉:そうそう。「何してるの?どこ行くの?」みたいな。「お仕事です」「何してるの?」「事務です」みたいな。

茉優:何て?

沙莉:事務(笑)その時に事務員の役をやったわけ。そしたら「ケータイ教えてよ!」みたいになったわけ。(え、イヤ過ぎ!)と思って。「ケータイが無くて」って。そういうところ、私ツメが甘いからケータイが膝に乗ってたの。

茉優:アハハハハハ(笑)

沙莉:「それって何?」ってなって(笑)これはiPodですって・・・

茉優:アハハハ(笑)

沙莉:「うっそつきー」みたいになって(笑)

茉優:当時はiPodとiPhoneを分けている人もいたからねー。

沙莉:そうそう!iPodって言ったんだけどウソだねー教えてよーってなって。断れなく、泣く泣く「はい・・・」って言って。

茉優:いいんだよ、断って。

沙莉:そうだよね。車輌を替える技は今になったら思い付くけど。

茉優:「断ってもいいんだよ!」って私、沙莉に100万回は言った事ありますよ!別件でも。

沙莉:そうね。いろんなことをね。ちょっとねえ、いろいろ勘違いされちゃうかもしれないじゃん(笑)

茉優:そんな事ないけど、ほんとに全部許しちゃうから!断れないんだよねー。

沙莉:断れない。だけど、私は断れないから怖くて、途中でLINEをお母さんの名前に変えて、タイムラインに「娘のお迎えに行かなくちゃ」とわざわざつぶやいて(笑)

茉優:アハハハハハ(笑)お母さんのLINEを教えた風にしたのね(笑)

沙莉:そしたら「GTO」のクラス内で「この名前、誰か知ってる?」ってざわついてて。「私です!」ってなって。そしたら茉優に別部屋に連れて行かれて、

「ほんとにいい加減にしなよ!なんで教えちゃうの?どうして何回言ってもわからないの、この子は!(怒)」

って感じになって(笑)超怒られた記憶がある(笑)

茉優:教育的指導だね(笑)

沙莉:教育的指導してもらってた(笑)

茉優:さすがにもう連絡先はホイホイと教えないとは思いますけど。あ、そうでもないよね?

沙莉:あ、そうかも。共演したら(ゴメンナサイ)って思って教えちゃうよね!(笑)

茉優:それもその時その時で良いのよって思うけど。確かに沙莉には教育的指導を何度かしたことがあります。全部ウェルカムじゃないくせに、「こ〜んなにOKです!」って感じにしちゃってるんだよね!

沙莉:開いてみるとあら不思議だよね(笑)

茉優:だから、「ここですか、伊藤さん家は?」「出口、狭っ!」みたいな。

沙莉:(笑)

茉優:ひょいひょいと入ると全然入れないというお家ですよね。

沙莉:(笑)

「同じ子役からやってきて環境の変化がありながら今も同じ価値観」(茉優)「茉優が一歩二歩先に行って伝えてくれてすごくありがたい」(沙莉)

ラジオネーム「シャーベット」さん
まゆちゃん、さいりちゃん、こんにちは!お二人に質問です!お互いの「好きなところ」「尊敬しているところ」は??

沙莉:これ本当になんか、もうなんていうんだろう・・・一周回っちゃってさ、「おい!」って思うところも好きなわけ。

茉優:私たちね、けっこうケンカするんですよ。

沙莉:けっこうするんですよ。頻繁に。

茉優:おとといもした?

沙莉:ケンカではないけど、「もぉ!」みたいなのはあったよね。

茉優:ほんとにね、人生でいちばんケンカしてる。ママよりケンカしてるかも。

沙莉:友達とケンカって、マジしてこなかったけど、唯一くらいしてる。

茉優:殴り合いはしないわよ(笑)罵倒のし合いはしないけど。

沙莉:めっちゃ冷静だよね。

茉優:「◯◯なの」

沙莉:「違うでしょ」

茉優:「え、何言ってるの」

沙莉:「おかしいでしょ」みたいな(笑)

でもさ、うちら何がいけなかったかってさ、2〜3年前はメールが多かったじゃん?何回もお互いに反省してさ、「メールでやるから感情が伝わんないんだよ!」「うちら言葉を届ける仕事じゃん!」って感じになってさ、「ちゃんと面を付け合わせて喋ろうよ!」ってなってんのに、またメールで「それは違くない?」って(笑)

茉優:いまだにね(笑)なんの習得をしないまま5年くらいずっとメールでケンカしてる。

沙莉:(笑)

茉優:メールだと、うーん・・・。たぶん、自己分析だけど、「私はちょっとメールが硬い」んだと思う。

沙莉:硬いね。

茉優:で、「沙莉は言葉足らず」なのよ。

沙莉:そうだね、主語も無いしね(笑)

茉優:だから、こっちが「えっ?」ってなるでしょ。私が詳しく言うと、「そういうことじゃない!」ってなるし。それでよくメールでケンカするな〜。

・・・じゃなくて、好きなところ!!

沙莉:ゴメンゴメン(笑)

茉優:なんでケンカするところになっちゃうのよ(笑)

私はやっぱり沙莉の、ディテールになっちゃうけど声は大好きだね!

沙莉:ありがとう!

茉優:カラオケで沙莉が歌ってくれた曲で、沙莉の歌声で初めて聞いちゃうと原曲を聞いても物足りないの。

沙莉:ありがとー!

茉優:もっと欲しいもっと欲しいってなって。原曲を聞くと沙莉の声のハスキーさやパンチは別じゃん。だから沙莉とカラオケに行きたいなーって、この感染症が始まってすごい思うよ。

沙莉:ほんとに思うね。マジ、カラオケしてないよね。

茉優:沙莉の歌が好きってなっちゃうとまた話が違うんだけど。あとはやっぱ尊敬しているのはお仕事だよね。お互いに子役からやってきて、いろんな環境の変化がある中で今でもね、おおよそ!?同じ価値観でいけてるっていう・・・(笑)

沙莉:そうだね(笑)

茉優:やっぱり私も変わりたくないし、変わって欲しくもないし。尊敬しているところかな。

沙莉:仕事に関しては私も尊敬しているし、何よりこれは仲良くなり始めた時からそうなんだけど、これは自分を下にみるとかじゃなくて、やっぱり一歩二歩、先に行ってくれてるのよ。すごくありがたいこと。

茉優:わたくしめが?

沙莉:そうそう茉優が。それは、これはこうだったよ、という教えも必ずくれるし。あとは上からじゃなく自分が経験したことの感想だったり自分が見てきたことを伝えてくれる。親友が先に行ってくれてるというのはとてもありがたいことで、頑張ろうって思えるし。一緒に並べるような何かが出来るじゃないかなって自分も精進精進って感じでやる糧になるから。そこは本当にいつもすごいなと思うし、かっこいいなと思う。

でも、面倒を見てくれるところが好き!(笑)

茉優:私さぁ、別に誰も産んでないのよ。

沙莉:(笑)でもなんか、娘っぽい感じ!

茉優:ほんとにねぇ、子供が増えてるよね。沙莉のさっきの「LINEを教えちゃダメだよ」もそうだし、なんだろ、“おせっかいやき”なのかなー。

沙莉:でも“世話焼きババア”だと思う。

茉優:うるさい!?

沙莉:うるさくないよ!人によってはうわってなるかもしれないけど、とりあえず私は超心地良い!

茉優:あとさ、私は長女じゃん。で、沙莉は末っ子じゃん。それもまたバランスが良いんだと思うんだよね。

沙莉:それはあると思う。

茉優:橋本愛が真ん中の子だから。

沙莉:あ、そうだったの?勝手に一人っ子だと思ってた。

茉優:ううん、お姉ちゃんも妹もいるのさ。それもあるのかなーって。

沙莉:たしかにねー。

茉優:上のこと下の子が仲良くなるってよく言うじゃない!?沙莉に「これしなよー」って言っちゃうのはうるさくないんだったら、これからも言わせて欲しいわ。

沙莉:言って言って!それは助かる。

茉優:「ここは直して」と思うところは?

沙莉:ダイエットしてるから食べたくないって言ってるのに、食べさせてくるところ!

茉優:ゴメン!

沙莉:(笑)

茉優:だって食べないと、若い人は〜。

沙莉:「たんとお食べ!」過ぎて(笑)私は今セーブしてるからこれが終わったら食べるからって言ってるのに。

茉優:だって沙莉、一生ダイエットしてるんだもん!

沙莉:だって、一生痩せないんだもん!言わせないでよぉ!

茉優:痩せたって!

沙莉:痩せないのー!私の丸顔が気に食わないわけ!

茉優:だって、顔じゃん!面長だったらずっと痩せなくていいんじゃん!

沙莉:面長だったら一生削っていかなければいけないじゃん!

茉優:丸顔なんだよ!?それは顔の形だよ!

沙莉:だからわかんないだって。肉だと思っちゃうの!

茉優:思わないって!だって一緒にお風呂に入った時、「あ、沙莉っていいカラダしてるな」って思うのよ。

沙莉:やぁ〜!(嬉)

茉優:ウエストもちゃんとキュッとなっててね、すごい女性らしくていいカラダなのよー。

沙莉:それ言ってって!

茉優:誰に言ったらいいの(笑)

沙莉:(笑)

「沙莉、今日は花粉症がひどいんだよね」(茉優)「そう、ティッシュを鼻にあてているから」(沙莉)

ラジオネーム「とっち」さん
最近、山を買う芸能人が増えましたね。そこで質問です。麺好きの松岡さんは、将来的に「畑」を買う予定はありますか?好きな品種の小麦を育てて小麦粉にして、「マイ麺」を作るのはどうですか?伊藤沙莉さんとの麦わら帽子姿。カワイイと思います。

沙莉:私も一緒に育ててんだね(笑)

茉優:たぶん、沙莉は手伝ってないよね(笑)

沙莉:たぶん、麦茶でも飲んでんだろうね(笑)

茉優:そうね、おにぎりだけこさえてくれたらそれでもいいけど(笑)

山を買う人たちってキャンプとかの人でしょ?

沙莉:そうだね。いろいろ有効に使ってるよね、山の広大さとか自然の豊かさとかを。すごく自分の心の彩りに影響を与えていていいなと思う。

茉優:どうしたの急に、言葉選びが(笑)

沙莉:今ちょっと頭が回んなくなっちゃって!

茉優:沙莉、今日は花粉症がひどいんだよね。

沙莉:そう、ティッシュを鼻にあてているから。

茉優:じゃあ私が喋るね。

沙莉:そうして!

茉優:山を買う発想は置いておいたとしても、沙莉は千葉出身じゃない?都会のごみごみさよりはちょっと広々としたところじゃないですか、おそらく。

沙莉:そうね。

茉優:だから将来的に家族が出来たら都内じゃなくてもっていう考えはあるの?

沙莉:うん、田舎に家は建てたい!

茉優:へえ。

沙莉:引っ込みたいなって。

茉優:引っ込んじゃうの?でも、沙莉の事務所は多いわよね?

沙莉:そうそう、けっこう遠くから通う人も多いし。出来る出来ないは置いておいて、憧れるなとは思う。

茉優:山を買う予定はありますか?

沙莉:無いよ。島は買いたい!

茉優:島!?買いたいの?島が買えるほどお互いに頑張りましょうね!

沙莉:はい!

ゲストマンスリー〜来週の最終回のゲスト:伊藤沙莉さん

茉優:ということで、お時間がいっぱいなんだそうです!

沙莉:やばっ。私が思い出話をいっぱいしちゃったからかな。

茉優:そんなことないよ!そんなことないんだけど30分経つんですって。

沙莉:そうか、これ30分か。

茉優:あれ、「伊藤沙莉のsaireek channel」は何分?

沙莉:「saireek 〜」は時間の決まりが無いのよ。今日はこれでおしまいって言ったら5分で終わりだし。

茉優:うちは30分なので、ここで終わりなんです。

今週は沙莉をお迎えしたから思い出話ってことになったんですけど、来週は「マチネのまえに」らしく、お昼ごはんのメールとかあたたかくお昼の時間を過ごしたいなと思っております。

寂しく終わりたくないので、来週も来てもらっていいですか?

沙莉:いいともー!! あっ・・・

茉優:いいんだよ(笑)

ということで来週もお願いします!「松岡茉優 マチネのまえに」、お相手は松岡茉優と、

沙莉:伊藤沙莉でした!

茉優&沙莉:バイバ〜イ!!

◆3月21日放送分より 番組名:TBSラジオ「松岡茉優 マチネのまえに」

【関連記事】

おすすめの記事