Yahoo! JAPAN

小田原にも溶岩到達 富士山噴火マップ改定で〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

タウンニュース

小田原にも溶岩到達

神奈川県や静岡県、山梨県などで組織される「富士山火山防災対策協議会」が3月26日に富士山噴火時のハザードマップを新たに公表した。最新のデータでは、小田原市を含む神奈川県内にも溶岩流が到達する可能性があることが明らかになった。

2004年以来、17年ぶりの改定となった今回は、前回のマップ公表以降に蓄積された科学的知見を追加。火口範囲を拡大し、最大規模の溶岩噴出量を前回の約2倍(13億立方メートル)まで想定した。

7日間で県内へ

これら想定を、より詳細な地形データに反映させたことで、溶岩は大きな河川や平野部を流下すると算出。被害範囲が拡大した。最も広範なケースとして、噴火から約1週間で山北町や開成町に、最終的には市北部に到達する結果となった。

今回の発表を受け、市の防災担当者は「結果に驚いたというのが正直なところ。今後は地域防災計画へ反映させる必要がある。市民への周知や説明会の開催などを検討していく」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事