Yahoo! JAPAN

ボートハゼ釣りで65匹 初心者家族アテンド成功で釣り人口増加に貢献?

TSURINEWS

アベレージサイズのハゼ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

友人家族が親子4人でボートハゼ釣りに行くことになり、指南役にて同行することになりました。悪戦苦闘?するも、本命65匹とたくさんのゲストに遊んでもらった釣行をレポートします。

江戸川放水路でハゼ釣り

江戸川放水路でハゼ釣りを楽しむには、大きく分けてボート、桟橋、ボートも桟橋も利用しない「陸っぱり」の3パターン。今回は「土曜日」「ほぼ初心者」「家族4人」という3点を考慮し、「土曜日の桟橋は混雑しそう」「陸っぱりは初心者にはハードルが高いかな」という消去法にてボートハゼ釣りを選択しました。たかはし遊船さんでは2人乗りボートは予約できないものの、3人乗り以上のボートは事前予約が可能な点も安心です。

賑わうたかはし遊船(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

初心者への事前確認

ある程度の釣り経験者であれば、ハゼ釣りの持ち物なんて何も考えずに準備できてしまうのですが、もちろん釣り初心者とあってはそうはいきません。改めて友人とのスマホでのやり取りを見返してみると、持ち物や服装の件だけで7回返信していました(笑)

その7回のうちの主要なものを紹介させていただくと、

「サオはボート店で1本200円にてレンタルできるので、10Lくらいのクーラーボックスと飲み物や食べ物を持ってきて。」

サオは200円でレンタル可(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

「仕掛け(ハリ)や小道具(予備のオモリや天秤)は準備しておくので、100均のものでいいからハサミ2~3持ってきて。ハリの交換やエサのカットに使うよ。」

「9月末とはいえ朝方は寒いと思うので、途中で半袖になれる長袖着てきて。因みに長靴は必要ないよ。」

「大きめ(5Lくらい)のチャック付ポリ袋があるとクーラー汚さなくて済むよ。」

因みにレンタルザオはミチイトと天秤、オモリ付きで、ハリのみついていないタイプ。ハリはもちろんボート店で購入可能です。

ハリの他、オモリや天秤も売っている(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

また、毎日ではありませんが、お土産用にホンビノス貝やシジミ等が売っていることもあります。

ホンビノス貝が売られていることも(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

手バネザオで挑戦

今回使用したサオはレンタルの手バネザオ。私も今回はじめて使ってみたのですが、水深にあわせてミチイトの調節が可能な点は予想通り便利。また、リールがないのでとても軽く、かつ先調子でアタリが取りやすいので、ミャク釣りには好都合だと思いました。ベテランであっても、機会があれば是非一度使ってみてください。結構面白いサオですし、何より「粋」です(笑)

レンタルした手バネザオ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

そんな手バネザオの初心者向けの注意点としては、ポイント移動毎に必ずミチイトの調整をすること。ハゼは底にへばりついている魚なので「ゼロテンション」が基本となります。「誘いを入れる」や「広範囲を探る」も重要なのですが、これらは第二段階としてひとまず置いておくこととし、まずはサオを出した時にミチイトがピーンと張る感覚を覚えましょう。

また、初めのポイントまではモーターボートにて曳舟してくれ、トイレやエサ追加、納竿の際はオールを立てればボート店のスタッフさんがかけつけてくれるのですが、それ以外のポイント移動(小移動)は基本自力でやることになります。

ポイント移動はボートハゼ釣りにとって釣果アップのための必須事項。というワケでボートの操作も多少なりとも必要。それほど難しいことではないのですが、慣れた人が乗らなければ軽く予習しておいた方がいいでしょう。

はじめのポイントまでは曳舟で(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

釣り方をレクチャー

5時45分にボート店に到着。受付を済ませ、居合わせた高橋店主さんに状況をきいてみると、アベレージは10cm前後ということでハリは袖3~4号がいいとのこと。ハゼバリ4~5号を持ち込んだ旨伝えると「ギリギリかな」。とりあえずこれではじめてみて、ダメなら小さめのハリを購入の方針でやってみることにしてみます。

曳舟で対岸のポイントまで連れて行ってもらい、アンカーを入れて釣り開始、ではなくてレクチャー開始。「ハリはハリスが10~15cmくらいになるように結んで」「結び方は片結び2回でイイよ」「エサは1~2cmに切ってつけて」「通し刺しが難しければちょん掛けでもイイよ」

エサ付けが終了したら最後にゼロテンションのレクチャー。

これで大まかなレクチャーは完了。後はたくさん釣るだけ!

小学生が一番乗り

とりあえずお父さん、大学1年生の長男、高校1年生の次男はこの後自力でやってもらい、小学3年生の末っ子には私が付きっきりとなり釣りスタート。思惑通り、私の芸術的なエサ付け?が功を奏し、船中1匹目は末っ子が釣りました。お父さん、お母さんにLINEで報告。展開的にとてもいい流れです。

小学3年生の末っ子に1匹目(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

ポイント移動に悪戦苦闘

出だしのポイントでアタリが遠のいてきたことから、1回目のポイント移動をすることに。ここで思わぬ問題発生!私以外、ボート漕いだ経験が全くないことがわかりました。とはいえ、若くて運動神経良さそうな2人に期待して漕いでもらうも、これが意外と難しいようで思った方向に行かないどころか前にも進まず(笑)

この日使用したボートは5人乗りの大きめのボート。2人乗りの小型よりも小回りきかず、何よりそれ相応のパワーも必要と難易度も高かったことからボート操作は私が担当することに。翌日、予想通り酷い筋肉痛になりました(笑)

深いポイントでポツポツ

予想以上に時間がかかってしまいましたが、何とかポイント移動完了。今度は水深1mの浅いポイントにきてみたのですが……アタリ少なく、たまにダボハゼ(チチブ)が釣れる程度。

すぐに見切りをつけて、すぐさま2度目の魔?のポイント移動を決断。水深2mのポイントでアンカーを下ろしてみます。するとダボハゼ交じりですが、ポツポツとマハゼが釣れはじめました。

その後も水深2mラインを目安に2度移動し、相かわらずダボハゼ多いもののマハゼの数を重ねていきます。

この日の干潮時刻は13時。お昼近くになると予想通りアタリが減少。「あと5匹釣ったら終わりね~!」と、お父さんが子供達を奮起させるも……完全にアタリが止まってしまいました。お父さん、何とか自ら意地の1匹を釣りあげ強制終了!

お疲れ様でした。

最終釣果

釣果は全体でマハゼ65匹とやや低調な結果だったのですが、ほぼ同数のダボハゼが交じった他、30匹程度のフグ(クサフグ)にも遊んでもらいました。フグなんてエサ取り上手いし、ハリスは切るし、何より食べられないし。ベテラン釣り師なら完全に厄介者扱いなのですが、初心者、特に子供達にとってはれっきとした釣り魚。どんな魚でも釣れると楽しいものです。

釣果を手に友人ファミリー(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

次回、良型サイズが釣れる涸沼でのボートハゼ釣りを打診してみたところ、ぜひ行ってみたいとの返答。馴染みのボート店に電話にて聞いてみた限りでは今季は9月末時点で釣果はまだ低調とのことなのですが、タイミングを見量ってこちらも行ってみようかと検討中。

今日は釣り人口増加に少し貢献できたかな?こういう指南役専門での釣り、私自身、初心を思い出すことができてとても楽しかったです。

また余談ですが、家族4人で早朝から釣りに出かけたことで、お母さんが久しぶりに1人の時間を過ごせたとのことでした。

恐らく、この集合写真の誰よりも休日を満喫できたのではないでしょうか(笑)

<尾崎大祐/TSURINEWSライター>

The postボートハゼ釣りで65匹 初心者家族アテンド成功で釣り人口増加に貢献?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事