Yahoo! JAPAN

ケアプラ等ICT環境整備 利用状況に課題も 横浜市、支援を検討〈横浜市瀬谷区〉

タウンニュース

オンライン講演会の様子(港北区)

横浜市の地域ケアプラザ及び福祉保健活動拠点へ昨年度末までに完了したWi―Fi整備。コロナ禍でもオンラインで各種事業に取り組めるよう、ICT環境整備予算として昨年9月の補正予算で可決されたものだが、これまでの利用状況からは市民向け講座への活用などの面で課題も見える。

地域ケアプラザは高齢者、子ども、障がいのある人など誰もが地域で安心して暮らせるよう、身近な福祉・保健の拠点としてさまざまな取組みを行う市独自の施設。体操教室や食事会、健康講座など生活に役立つ行事・催しを行ってきたが、コロナ禍で活動は制限を余儀なくされた。そこで、オンライン化により地域の交流機会を増やす目的で市内地域ケアプラザ全館(141カ所)と福祉保健活動拠点(18カ所)に3月までに設置されたのがWi―Fi設備だ。オンライン講座等を配信したり、各会議をオンライン化するなどの利用が想定されていた。

市民向け講座5割未満

市では今年4月上旬から1カ月間、地域ケアプラザおよび、福祉保健活動拠点にアンケート調査を実施し、Wi―Fi環境活用の参考にしてもらおうと、5月下旬に結果を共有したという(回答率はそれぞれ82%、72%)。これによると、オンラインの取組みを行ったのは地域ケアプラザで91%、福祉保健活動拠点で100%。取組み事例では「行政・他施設との会議」が同じく84%、85%で最も高く、「各施設と別の場所をオンラインでつなぐ講座」は48%、31%にとどまった。ICT機器や会議アプリ活用等の市民向け講座の実施はそれぞれ29%、23%だった。

港北区では、拠点と各地域ケアプラザを結んだオンライン講演会を企画。当時他地区でも例がなく、職員も手探りだったと話す。栄区の笠間地域ケアプラザではこの11月に会議アプリを使った講座配信を行い、参加者の満足度は高かったが職員側の準備に長期間を要したという。市は、現状からICT活用の職員研修の必要性を認識しており、地域向けの講座を広げていくための支援を検討するとしている。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 飼い主の手によって命を奪われた子犬のチワワ。犬と生きるという意味や責任を見つめ直して。

    わんちゃんホンポ
  2. 息子との2人暮らしで家事&育児の大変さを思い知った大久保嘉人…妻への感謝の言葉に坂下千里子が感涙!

    フジテレビュー!!
  3. 【第14回 北区ふゆっこまつり】おうちで絵馬を作ってみよう! 素敵なフォトスポットもあるよ

    日刊にいがたWEBタウン情報
  4. 【子守りのエキスパート】 男の子の笑いのツボを押さえたあやし方が最高!ふたりの関係は…大親友♡

    PECO
  5. ブロック塀に頭がはまってしまった犬 他の犬に噛まれる二重の災難に見舞われながらも無事救出(米)

    Techinsight
  6. 「今日は会えなかったわね」車に残されたメモに激怒した妻、追い出された夫がSNSでメモの主を探す(豪)

    Techinsight
  7. [上越おくやみ情報] 1月23日更新

    上越タウンジャーナル
  8. 「届かニャ~イ!」爪とぎポールが使えないと不満を述べる子猫

    ねこちゃんホンポ
  9. <離婚したくなった話>夜泣きに怒鳴る夫がムリ!先輩ママからのアドバイスは【まんが】

    ママスタセレクト
  10. 皮膚がんで頭に穴、週2回の日焼け用ベッドを使用していた36歳女性「私のようにならないで」(英)

    Techinsight