Yahoo! JAPAN

釣り入門に最適な『ノベザオ』釣りのススメ 淡水も海水もルアーもOK

TSURINEWS

ノベザオで釣ったテナガエビ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

これから釣りを始めてみよう、という人にお勧めしたいのが「ノベザオ」と呼ばれるリールを使わないサオだ。ここではノベザオで狙える代表的なターゲットの釣り方を紹介する。

釣り入門にノベザオ

私が釣りを始めたころと違い、今は初めてのサオがリール付き、という人も多くなった。確かに釣具店の店先に並べられたセット物の値段を見れば、それを選ぶのも自然なことだろう。

しかしそのため、最初のハードルは昔よりも確実に高くなっている。というのも、初心者がリールを使えば、まずライントラブルは避けられないからだ。ましてや、それが安価なセット物であればなおさらのこと。

よほど腹が立ったのだろう、ラインが絡んだまま釣り場に捨てられたセットザオをよく見かける。捨てた人はおそらく、もう二度と釣りをしようなんて思わないはずだ。

もちろん、そんな人は釣りなどしなくて結構。いや、する資格もない。でも、本当に釣りを楽しみたい人が、その楽しさを知る前に断念してしまうのは残念でならない。

という訳で、もちろん遠くの魚は狙えないが、リールの操作で悩む前に、まずはノベザオで1匹を手にする喜びを味わってほしいのだ。

用意するもの

ノベザオ釣りを始める際に用意するものを紹介しよう。

サオ

ひと口にノベザオといってもさまざまな種類がある。最初の1本として選ぶなら、振り出し式で収納寸法50cm前後の渓流ザオがいいだろう。硬さは「硬調」程度のものが扱いやすい。一般的に2.7、3.6、4.5、5.4mと90cm刻みでラインナップされているが、予算が許せば少し長めのものを購入したい。

とはいえ、快適に使える長さは人それぞれ。長くなると重くなるので、片手で扱えるものを選びたい。初心者の場合、普及価格帯のカーボンロッドで4.5m、安価なグラスロッドなら3.6m程度が目安だ。購入の際は必ず、一度伸ばして確認したい。伸ばす際は穂先から、縮める際は手元から、という手順を守らないと破損の原因になるので注意が必要だ。

サオ先には、ミチイト(仕掛けの本線)を接続するためのリリアンと呼ばれるヒモが付いている。サオを買ったらまず、抜け止めとなる結びコブを作っておこう。結び方は、普通の一重結びで大丈夫だ。

抜け止めの結びコブを作る(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

ミチイトの接続方法は、説明するより動画の方が早くて確実。「ちちわ結び」や「ぶしょう付け」で検索していただきたい。リリアンの代わりにローリングトップなどと呼ばれる金属製のものがセットされたサオには「投げなわ結び」が適任。いずれもイトを切ることなく簡単に取り外しができる。

仕掛け

次は仕掛けだが、ウキ釣りの場合、サオと同じくらいの長さのミチイトにウキやオモリがセットされ、その先にハリス(ハリが結ばれたイト、通常はミチイトより細くする)とハリ、というスタイルが基本となる。イトを結ぶことができれば簡単に自作できるが、最初は市販品を利用するのが簡単だ。

市販の仕掛けが便利(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

その他

他にもバケツやハサミ、タオル、ハリを外すためのプライヤーなどは必須。夜釣りの場合はライト類も忘れずに。大物に備えて、タモ網なども用意しておくと安心だ。

ノベザオで狙える魚種は意外に多い。その中から今回は、この時期に狙える手軽なものをいくつか紹介していこう。

オイカワ(シラハエ)

まずは、シラハエと呼ばれるオイカワ。これから繁殖期を迎え、オスには美しい婚姻色が現れる。中流域であればほとんどの河川に生息しているため、身近な場所で楽しめるのが魅力だ。

オイカワ(シラハエ)(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

ただし、漁業権のある河川では入漁料が必要になる場合もあるので、事前に確認しておこう。

サオ

サオは、一般的な場所なら3.6~4.5mで問題ない。用水路のような小場所なら、1.8m程度のサオでも十分に楽しめる。必要以上に長いサオは邪魔になることも多いが、だからと言って短いサオを買い足す必要はない。

ノベザオを短く使う裏技(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

振り出しザオはラジオのアンテナのように伸ばして使うが、尻栓(サオ尻のキャップ)を外すと分解できる。つまり、先の方だけ抜けば必要な長さにして使えるのだ。これが、長めのものをお勧めした理由でもある。

仕掛け

仕掛けは、ウキ釣りならミチイトがナイロン1号前後、ハリスは0.4~0.6号、ハリは袖型の3号前後。ウキは小型の玉ウキかトウガラシウキを使う。完成品の仕掛けが市販されているので、それを購入すればサオ先に結ぶだけでOK。

エサ

エサはアカムシやサシ、ミミズ、練りエサなどが一般的。川の中の石を裏返してカワムシを採取するのもいい。意外なところでは、ゆでたスパゲッティやうどん、ごはん粒、魚肉ソーセージなども使える。

オイカワの釣り方

狙う場所は「瀬」と呼ばれる流れのある場所や、「淵」と呼ばれる深い所。釣り方は瀬であれば仕掛けを流れに乗せ、流し切ったところで再び上流に打ち返す。

ウキが不自然な動きをしたらアタリ(魚がエサを食べた合図)だ。軽くサオ先を上げてイトを引っ張って、ハリは魚の口に掛ける。この動作は「アワセ」と呼ばれ、覚えておきたい基本的なテクニックのひとつでもある。

淵や池など流れのない場所なら、ウキ下を水深に合わせて待つだけでいい。しばらく待ってアタリがなければ、仕掛けを投入する場所をこまめに変えてみよう。

場所によってはカワムツ、ウグイ、フナ、ブルーギルなどといった他の魚が釣れることも多いので、図鑑などを用意しておけばさらに楽しめる。

カワムツも釣れる(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

他にも、ウキを使わずにサオ先でアタリを取るミャク釣りやエサを使わない毛バリ釣り、まきエサを使うオランダ釣り、川に入って狙うアンマ釣り(ピストン釣り)など多彩な釣り方ができる。興味があれば調べてみるといいだろう。

小アユ

次のターゲットは小アユ。この時期、琵琶湖に注ぐ河川には多くの小アユが遡上するため、まさに今が旬の釣り。

小アユはこれから盛期を迎える(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

アユと言えばナワバリを持つ習性を利用したトモ釣りが有名だが、この小アユはナワバリを持たず群れで行動するため、いい条件に当たれば数釣りも楽しめる。

サオ&仕掛け

サオは川幅によって2.7~4.5m程度。仕掛けはウキの下にビーズ玉の付いた何本かの枝バリがセットされたもので、仕掛けの先に付けられたラセン状の針金にまきエサをセットして流れの中を釣る。

小アユ仕掛け図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

アユといっても手軽な釣りなので身構える必要はない。仕掛けも市販されているので、初心者でもハードルは低い。そろそろTSURINEWSの記事にもベテランAPCの釣行記が掲載される季節なので、ぜひそちらも参考にしていただきたい。

テナガエビ

2種類の魚を紹介したところで、次はエビだ。河川の中流から河口域まで広く生息するテナガエビもまた、恰好のターゲットとなる。

素揚げが抜群に美味しい(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

サオ

主に岸際を狙う釣りなので、サオは1.8~2.7m程度。ミチイト1~1.5号、ハリス0.6号前後で、ハリは専用のエビバリ2~3号を使う。玉ウキを使ったウキ釣りが一般的。

テナガエビ仕掛け図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

エサ

エサは小さく切ったミミズやゴカイ、アカムシなど。エサがハリから垂れないよう、うまくハリ先にセットするのがコツとなる。

釣り方

狙いめとなるのは岸際の石積みや杭の周り、テトラの中など。エサが底スレスレになるようウキ下を調整し、アタリが出てもしばらく我慢。魚と違ってハサミが使えるため、エサをつかんでから口に入れるまでの時間を考えてアワセを入れるのが釣果の秘けつとなる。

これも仕掛が市販され、生息域も広いため身近な場所で狙うことができる。ベストシーズンは今から梅雨明けまで。食べてもおいしいのでお勧めだ。

アジ&メバル

さて、次は海に移ろう。この時期のお勧めは、なんといってもアジとメバル。どちらも大きさの割に引きが強く、食べてもおいしい魚だ。

春告魚のメバルも好ターゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

サオ&仕掛け

足場の低い漁港なら、サオは3.6~4.5mあれば十分。仕掛けはミチイト1.5号、ハリス1号前後、ハリはアジなら袖バリなどの5~6号、メバルならチンタメバルなどの7~8号がいいだろう。ウキは玉ウキや棒ウキの他、電気ウキを使えば夜釣りも楽しめる。

ウキ釣り仕掛け図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

エサ

エサはオキアミがあれば大丈夫だ。ウキ下は底近くに合わせるのが基本だが、夜間や朝夕のマヅメには水面近くまで浮いてくることも多い。

ウキ釣りで狙うアジも釣趣満点だ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

サビキ

アジなどの群れが入っているときには、サビキの数釣りも楽しい。通常のサビキでもいいが、ノベザオにはトリックサビキと呼ばれるものがお勧め。これは何本ものハリにワンタッチでエサをセットできる仕掛けで、コマセカゴが不要になるので仕掛けが軽い。この時期はイワシも狙え、初夏には小サバの回遊も期待できる。

ルアーでカサゴも

カサゴなど足元に潜む魚なら、リールがなくても十分に狙うことができる。また、この時期ならアジやメバルも同様に狙える。

ノベザオでルアーもOK(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

基本的には魚が浮いてくる夜の釣りになるが、仕掛けはミチイトの先に小さなジグヘッドとワームをセットするだけ。堤防の壁際や常夜灯の光の周辺で、カーブフォールさせたりサオで引っ張ったりしてルアーを泳がせる。超シンプルで操作も簡単なので、アジングやメバリングで苦戦しているアングラーにもぜひお試しいただきたい。

今回紹介した楽しみ方はほんの一部だが、アイデア次第でターゲットは無限に広がっていく。外で遊ぶには最適な季節。まずは身近な場所で、身近な魚と触れ合ってみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年5月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post釣り入門に最適な『ノベザオ』釣りのススメ 淡水も海水もルアーもOKfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【池田市】古民家で楽しむ台湾茶や絶品の飲茶。「時光舎」のおいしいひと時

    PrettyOnline
  2. 芳醇な香りのエシレ バターを贅沢に使用!極上のレモンバターペースト新発売

    TABIZINE
  3. ヘアピン収納どうしてる?100均グッズを活用した整理アイデア3選

    PrettyOnline
  4. 「沖縄旅行でヘリをチャーターしたら、操縦席にまさかの人物が座っていた」(都道府県不明・30代女性)

    Jタウンネット
  5. これからもみんなを大好きな気持ちをたくさん伝えたい!「いそべかりんのぽかぽかおたんじょう日和」イベントレポート

    WebNewtype
  6. こだわりがスゴイ…「進化系和菓子」が楽しめる大阪・北浜の専門店

    anna(アンナ)
  7. 26時のマスカレイド[<江嶋綾恵梨生誕祭&FC3周年記念祭>密着レポート]かけがえのない仲間とエモーショナルな空間を作り上げたメモリアルライブ「ニジマスのいいところを凝縮したセトリにさせていただきました」

    Pop’n’Roll
  8. 猫が『カカカ』『ケケケ』と鳴く3つの理由

    ねこちゃんホンポ
  9. TOTALFATが事実上現体制初となる全国ワンマンツアー開催

    SPICE
  10. 犬が『寝心地がいいと思っている』飼い主の体の部位3選

    わんちゃんホンポ