Yahoo! JAPAN

焼いた「オクラ」を漬けて10分放置するだけ!“オクラの焼き浸し”レシピ

saita

焼いた「オクラ」を漬けて10分放置するだけ!“オクラの焼き浸し”レシピ

オクラといえば茹でて食べることが多いと思いますが、今回ご紹介するのは、焼いて浸して食べる簡単だけど絶品な副菜"オクラの焼き浸し"。わずか10分で完成するので、あと一品欲しいときにぴったりですよ。

焼いて浸すだけの簡単な一品「オクラの焼き浸し」

下処理したオクラを焼いて浸すだけ。わずか10分で完成します。作り置きしておくと、夕飯にあと一品欲しいときにもとっても便利!
これからの季節、さっぱり食べられるのでリピート間違いない副菜ですよ。

材料 (2人分)

 

・オクラ……1袋
・ごま油……大さじ2分の1
・めんつゆ(3倍濃縮)……大さじ3
・水……100ml
・かつお節(仕上げ用)……適量

作り方

⒈オクラは塩(分量外)をふって転がして産毛を取り、水でよく洗い、ヘタを取ります。
破裂防止のためオクラの真ん中に切り目を入れます。

⒉フライパンにごま油をひいて、オクラを転がしながら焼き目がつくまで焼きます。

⒊容器にめんつゆと水を入れて、そこへ熱いうちにオクラを入れて浸したら完成!

暑い日には冷やしてもおいしい

10分ほど置いて味をなじませたら、器に盛ってかつお節をふりかけて召し上がれ。

そのまま食べてももちろんおいしいのですが、冷蔵庫で冷やして食べるとさらにおいしく食べられます。作り置きできるので、忙しいときにも重宝します。お好みで生姜を入れるのもおすすめ! お酒のあてにもいいですよね。

これからのオクラの旬の季節。ぜひ作ってみてください。

CHIHO/ライター

【関連記事】

おすすめの記事