Yahoo! JAPAN

ミモザと絢布の会 アマビエと吊るし猿でつるし雛 おだわら市民交流センターUMECOで〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

タウンニュース

外から見える展示

ミモザと絢布(こふ)の会によるつるし雛がおだわら市民交流センターUMECOで展示されている。コロナ禍の中、今年は疫病退散の妖怪「アマビエ」や欠ノ上観音堂の「吊るし猿」などをモチーフに製作。15のつるし雛が窓いっぱいに飾られた。新型ウイルスの感染拡大防止のため、同センターは閉館中だが、窓側から展示は見られるよう工夫されている。

展示は3月11日(木)までを予定している。

http://umeco.info/

【関連記事】

おすすめの記事