Yahoo! JAPAN

和製ルアー『インチク』で狙うアカハタゲーム 本命&オオモンハタ手中

TSURINEWS

インチクにヒットしたアカハタ(提供:TSURINEWSライター野中功二)

静岡県西伊豆の宇久須港からボートで良型ハタ狙いに出かけてみた。インチクとテキサスリグで本命アカハタ顔出しの釣行をお届け。

ハタ狙いのロックゲーム

10月の釣行日の状況は、天気よしで北東の風が吹いていた。風波程度の海面に意気揚々の出船となった。狙いはハタだ。ショアからはまだまだアカハタが釣れているので、前回のポイントから探っていくことにした。

海面には数隻のえび網の刺し網船が往来していた。この時期の風物詩、イセエビの刺し網解禁の時期だ。

宇久須沖の釣り場風景(提供:TSURINEWSライター野中功二)

ロックゲームタックル

今回のタックルも前回同様の内容。

当日のタックル(作図:TSURINEWSライター野中功二)

SlowEmotionB603にオシアジガー1500番、xesta SCRAMBLE B692-Tにはカルカッタを。ラインはX8プロ0.8号を各機種300m巻き、リーダーは4号で挑んだ。

インチクでアカハタを狙う

当日の作戦はアカハタの良型を狙って前回好調だったポイントからスタートし、水深10~20mをメインで探って行こうと計画した。伊豆のハタゲームはスロージギングでは確立されているのだが、インチクトなると古いイメージで最近はそれほど脚光は浴びていない。今回どこまで釣果が出るのか楽しみだ。

和製ルアーのインチク(提供:TSURINEWSライター野中功二)

イセエビ漁解禁

ポイントに舵を切ると何やら小船や漁船が往来し激しく動いている。何事かと凝視すると、発泡スチロールの玉があちこちに浮いている。10月イセエビの刺し網が解禁であった。ショアからや堤防周りにも刺し網を漁師さんが入れるので注意して釣行していただきたい。

赤金のインチクに本命ヒット

思ったポイントには入れず、少し深い場所からスタートしてみる。水深は約25m、潮の流れも確認したいのでインチク80gをチョイス。風があり速い流され方で移動してしまう。縦の釣りを考えインチクを100gにして対応。

状況に合わせてウェイトとカラーをかえていくと、ゴールドレッドのインチクに良型がヒット。底を感じながらリフト&フォール、時折石の間や根を越えて落ち込む場所があるので集中すると、「ゴン」「ゴゴゴゴ」と穴の奥に引きずり込むような独特のアタリ。

穴に潜られるとなかなか出てこない根魚、リールのドラグはほとんどラインが出ない感じに絞め気味で、掛かったら一気に根から引き離す。離してしまえば後は強い引きを味わいながら巻き上げる。綺麗なアカハタが顔を出した。

アカハタをキャッチ(提供:TSURINEWSライター野中功二)

テキサスリグにも好反応

前回好調だった水深を試したが、今回は小型が多くヒットした。大きさはリリースサイズであった。

ナツメオモリにオフセットフックを使用したテキサスリグでもリサーチ。クローワームやスイムシュリンプには面白いようにアタリが頻発し、カサゴも顔を出した。

カサゴも登場(提供:TSURINEWSライター野中功二)

起伏・水温・小魚が重要要素

今回、赤金のインチクに多くの魚がアタックしてきた。小魚カラーのブルーにはそれほどアタリが出なかったが、海面に上がってきたアカハタが吐き出した物は魚の骨。やはり小魚はキーワードと判明した。

赤金に好反応(提供:TSURINEWSライター野中功二)

海底の起伏があるポイントはまさに1級ポイント。それに、魚群探知機に写る小魚、まだ落ちきらない水温と三拍子揃うもしくは、二拍子揃うポイントではアタリが頻発。今回はそのような場所を探しての釣行で、最大級のアカハタ、オオモンハタも顔を出してくれた。

魚探の反応(提供:TSURINEWSライター野中功二)

ライフジャケットなど水難事故対策を万全にして釣行してください。ゴミ問題や駐車問題で立ち入り禁止の堤防や地磯などもあり、堤防開放の様子見の場所もあります。マナーを大切にして早い開放にご協力を。楽しい釣行をしましょう。

<野中功二/TSURINEWSライター>

The post和製ルアー『インチク』で狙うアカハタゲーム 本命&オオモンハタ手中first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事