Yahoo! JAPAN

コマセマグロ船で23kgキハダ顔出し 上のタナ狙い&置き竿釣法が奏功?

TSURINEWS

コマセ釣りで手中のキハダマグロ(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

東京湾剣崎松輪の瀬戸丸からカツオ・キハダに挑戦してきた。当日は食いの悪い谷間の中で釣行となった。

瀬戸丸でカツオ・キハダ狙い

8月29日(日)、東京湾剣崎松輪の瀬戸丸からカツオ・キハダを狙って、釣友の松本さん、片山さんと乗船。二人はLTアジやタチウオなど湾奥の釣りがメインで、「ぜひ、大物を釣ってみたい」とリクエストを受けて釣行。

瀬戸丸周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

コマセキハダマグロのタックル

今年は解禁当初から、5kgを超えるカツオが釣れていて、キハダもぽつぽつとヒットしている。ぜひ、丸々としたデカカツオの引きと食味を堪能してほしいと思いながら、後者が掛かってもいいように太ハリスをセット。

キハダタックル(作図:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

釣り方は置き竿で

5時30分、鈴木信吾船長の繰船で出港。西へと針路をとる。途中、なかなかトリヤマを発見できず、1時間半走った辺りでスローダウン。

船団に合流すると、「カツオは20~15m、マグロは30~25m。エビングは70~30mを狙ってみて」とアナウンスで仕掛け投入。常連のアドバイスで、「最近は下より上のタナがヒット率は高い」とのこと。

船団の中にて(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

さらに「 あまり竿先を動かさず、静かに待っていたほうがいい」という。そこで、海面から30mで仕掛けを止め、数回コマセを振り出しながら25mで置き竿に。二人にも同じ釣り方を伝える。

やがて、他船ではキハダがヒット。回転灯がともると、こちらもやる気が沸いてくる。しかし、船内は沈黙状態。カツオもアタらず、時間だけがすぎていく。

8時30分にこの船団を離れ、食い気のある群れを探索。いくつか、いい反応があったようだがノーバイト。

釣友の松本さん(手前)と片山さん(奥)(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

キハダ23.2kgゲット

10時30分、再び大船団に合流。すると、右舷胴の間の置き竿にしておいた小川さんの竿が一気に海面に突き刺さる。「きたよ~、頑張って。ほかの人は竿を上げてください」と船長。

松本さんたちは感激しながら、キハダとのファイトを見学。15分ほどで船上に取り込まれたのは23.2kg。

貴重なアタリをものにした小川さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

小川さんの仕掛けは、フロロカーボンライン24号5m、ハリはオキアミマグロ18号で、オキアミの1匹掛け。ハリを隠すように丸めた感じの付け方だった。朝イチ、コマセのなかから、形のいいものを選び、クーラーに保管。水深26mで仕掛けを止めて待った。

同じタイミングで、僚船でも何尾かキハダが上がっていたが、残念ながら13時に沖上がり。当日は食いの悪い谷間にあたってしまったが、シーズンはまだまだこれから。楽しみだ。

<週刊つりニュース関東版APC・間宮隆/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年9月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postコマセマグロ船で23kgキハダ顔出し 上のタナ狙い&置き竿釣法が奏功?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事