Yahoo! JAPAN

須田亜香里、ファンタジーホラー映画『男神』出演決定!「運命的なご縁なのだろうと感激しました」

Pop’n’Roll

須田亜香里、ファンタジーホラー映画『男神』出演決定!「運命的なご縁なのだろうと感激しました」

須田亜香里が、映画『男神』に出演することが決定した。

・須田亜香里の写真 10枚

同作の原作『男神』は、2020年に『日本(美濃・飛騨等)から世界へ!映像企画』にて入選し、YouTube人気サイト『怖い話怪談朗読』にて朗読され、“今までで1番怖い話”と一躍注目を浴びた話題作。

視聴者からの映像化への熱い期待を受けて、オリジナルストーリーで撮影地となる日進市の協力により映画化が決定した。

主演は『ONODA 一万を超えて』で鮮烈なインパクトを残した遠藤雄弥、監督は『ソローキンの見た桜』の井上雅貴。

コメント

遠藤雄弥:
この度、映画『男神』で和田勇輝役を演じさせていただきます、遠藤雄弥です。僕自身、ファンタジーホラーというジャンルの映画に携わるのは、初めてで、井上監督や共演者、スタッフのみなさまと一緒に、どんな映画が出来上がるのか、今からワクワクしています。普遍的な家族愛というテーマも今作の注目すべき点だと思いますので、ファンタジックな世界観も相まって、見たことのない、みなさまが楽しんでいただける映画ができるのではないかと思っています。日進市での撮影も楽しみで、味噌煮込みうどん、味噌カツ、きしめん……とともに、撮影に励みたい所存でございます(笑)。みなさま、映画『男神』ぜひご期待ください!

遠藤雄弥

須田亜香里:
日進市、市制30周年を記念した映画制作に携われること、とても嬉しく思います。大好きな地元愛知県の中でも日進市は実は私の出生地。1度も公表していなかったのですが、今回お話をいただき、なんと運命的なご縁なのだろうと感激しました。愛知県日進市の魅力や可能性を発信できるよう、全力を尽くします。楽しみにしていてくださいね。

須田亜香里

井上雅貴(監督):
映画『男神』は幻想的な映像美と情感豊かな物語が古代の神話の世界へと誘います。しかし、神話には忘れ去られた恐怖も存在します。

真に実力のある俳優陣が神話の深淵に潜む恐怖と対峙し、現代と異世界を交錯する物語が登場人物の複雑な心情を紡ぎます。 映画館の暗闇で感じる美しい日本の神秘と恐怖の共鳴。 映画に身を委ね、幻想と現実の狭間で心揺さぶられる感覚を味わってください。

井上雅貴

益田祐美子(プロデューサー):
世界市場も視野に入れたホラー映画の企画募集をしたところ、『男神』が準グランプリに選ばれました。残念ながら、原案者の八木商店さんは今年の2月に病気で他界。亡くなる直前の遺言は“古戦場の跡が宿る新興住宅地で、縄文時代以前の男神をテーマに必ず映画化してほしい”でした。小牧・長久手の古戦場城跡、愛知牧場、愛知池、五色園、市内5大学が魅力的で、日進市をメインロケ地に決めました。

学生さんや多くの市民団体のみなさまに協力してもらいながら、遊び心豊かに映画製作し、日進市を世界にPRしたい。

益田祐美子

近藤裕貴(日進市長):
日進市が市制30周年を迎えるタイミングで、映画『男神』のロケ地に選ばれたことを大変嬉しく思い、心より歓迎申し上げます。快適な住環境都市と自然美が融合した日進のよさが、どのような作品となってスクリーンに映し出されるのか、完成がとても楽しみです。映像を学ぶ学生や、市民のみなさまにとってもロケ撮影に触れることができる素晴らしい機会になり、これから日進のまちを挙げて盛り上げてまいります。

近藤裕貴

映画『男神』

【企画意図】
古来より伝わる怪談や妖怪譚といった恐怖の要素が存在し、日本独自の文化的背景が反映された作品が豊富にあります。

死や後悔、過去のトラウマなど、人間の心理的な闇を描き、観客の共感や共鳴を呼び起こし、より深い恐怖体験をもたらします。

この映画は恐怖感だけではなく、日本の伝統美や文化に触れることができる作品として、世界に向けて発信することを目的としています。

【物語】
縄文から続く荒ぶる神。年少の男子を生贄として捧げたことから、“男神”と呼ばれ、その実態は誰も知らず、伝説の神として言い伝えられていた。

新興住宅地の日星市、建設会社で働く和田は建設途中で埋蔵文化財を見つける。その数日後、不思議なことが起こった。工事現場に深い穴ができ、街の少年、和田(遠藤雄弥)の息子も神隠しのようにいなくなってしまった。その穴の先は不思議な森に繋がり、そこでは美しい女性たちが着物や巫女の姿で男神を鎮めるための怪しげな儀式をしていた。

息子がその森に迷い込んだことを知った和田は、連れ戻すためにその穴に入ることを決意する。

■出演
遠藤雄弥/須田亜香里/カトウシンスケ/彩凪翔/沢田亜矢子/塚尾桜雅

監督・脚本:井上雅貴
原案:『男神』(八木商店)
配給:平成プロジェクト
配給協力:東京テアトル

2025年秋 ヒューマントラストシネマ渋谷、TOHOシネマズ赤池ほか全国公開

©2025『男神』製作委員会

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 日本一を取りすぎてるスーパー銭湯「SPA HERBS美楽温泉」に行ってみたら、スカウターが爆発した / 埼玉県土呂

    ロケットニュース24
  2. 日本一の美人芸妓・萬龍の波乱の生涯 「美しすぎて小学校が通学拒絶?」

    草の実堂
  3. ヒマワリ観賞会、収穫祭 28日に名張・新田で

    伊賀タウン情報YOU
  4. 大久保桜子、4th写真集の見どころを語る「挑戦的でもあったかなと思います」

    Pop’n’Roll
  5. et-アンド-[ライブレポート]多彩なセットリストでハッピーな空間を作り上げたデビュー3周年記念ワンマンライブ

    Pop’n’Roll
  6. ご飯が止まらない…!1杯約300円の「牛トロフレーク」がとろける美味さで大満足すぎる…!

    ウレぴあ総研
  7. 【ギガソニ 】GIGA・GIGA SONIC in 幕張メッセ vol.2出演者に、NGT48、iLiFE!、わーすた、NANIMONOら豪華アイドルが出演決定! <GIGA・GIGA SONIC presented by ドラゴンエッグ ~ in 幕張メッセ vol.2 ~>

    WWSチャンネル
  8. しんなりした食感がやみつき。覚えておきたい「きゅうり」の旨い食べ方

    4MEEE
  9. ひまわり畑にイルミネーションも!神戸布引ハーブ園がナイター営業実施中

    PrettyOnline
  10. 安全運転に表彰 小林運輸㈱ 2度目の銀賞

    タウンニュース