Yahoo! JAPAN

陳内将、梅津瑞樹、髙木俊、富田翔ら出演の『舞台「紅葉鬼」~童子奇譚~』追加出演者が発表

SPICE

『舞台「紅葉鬼」~童子奇譚~』 (C)DO1 PROJECT/舞台「紅葉鬼」製作委員会

2021年1月8日(金)~14日(木)日本青年館ホールにて上演される『舞台「紅葉鬼」~童子奇譚~』の追加出演者が発表となった。

「紅葉鬼」は、原作コミックスがシリーズ累計発行部数350万部突破、2018年10月から12月にかけ放送されたTVアニメーションも話題となった「抱かれたい男1位に脅されています。」(月刊マガジンビーボーイ連載/リブレ刊)の劇中劇として描かれたもので、2019年に舞台化。美しく儚い宿命の物語と、観客を作品世界に誘い込むような迫力のある演出で人気を博した。今回はその続編となる。

すでにキャストとして西條高人/経若(つねわか)役を陳内 将、茨木童子(いばらきどうじ)役を梅津瑞樹、渡辺綱(わたなべのつな)役を小坂涼太郎、イクシマ役を小波津亜廉、行成(ゆきなり)役を平 楓士、熊武(くまたけ)役を髙木 俊、保名(やすな)役を富田 翔が演じることが発表されていたが、今回新たにいぶき役として岩間甲樹磯田虎太郎(Wキャスト)の出演が決定した。また、美鵬直三朗が演奏(和太鼓・鳴り物)として参加する。

岩間甲樹(いぶき役/Wキャスト)

いぶき役 岩間甲樹

神奈川県出身。ジュエリーキッズミュージカルスクールにて、ダンス、歌、演技、バレエなどのレッスンを重ねる。5歳で歌舞伎座「夏祭浪花鑑」市松役にて初舞台を踏む。15演目以上の歌舞伎に出演。ミュージカル「キンキーブーツ」初演、再演でヤングチャーリー役。その他主な出演作に、ミュージカル「忍たま乱太郎」第8弾 ~がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!~(猪名寺乱太郎 役)、劇団四季ミュージカル「ライオンキング」(ヤングシンバ 役)など。他多くの舞台に出演。

磯田虎太郎(いぶき役/Wキャスト)

いぶき役 磯田虎太郎

6歳より英語ミュージカルにて、ダンス、歌、演技を学び、7歳よりクラッシックバレエを続けている。今年に入り、日本語でのミュージカルレッスンを始め、ジュエリーキッズミュージカルスクールにて、演技、歌唱、ジャスダンス、剣舞等を学ぶ。英語劇でJoseph and Amazing Techicolor Dream Coat、Wizard of Oz、World music 等の舞台に立つが、本格的な日本語の舞台は今回が初演となる。

美鵬直三朗(演奏<和太鼓・鳴り物>)

和太鼓・鳴り物 美鵬直三朗

美鵬流囃子方家元 美鵬駒三朗の孫として生を受ける。
幼少より家元に民謡鳴り物を師事。1998年より「直三朗会」会主として門下生の育成にあたる。仙波清彦氏に長唄、祭囃子を師事。2019年美鵬流囃子方家元を襲名。国内の舞台はじめ、国外では日本大使館の文化事業、自主公演合わせ30カ国以上での海外公演を行う。参加ユニットとしてSUN蕊、WASABI、ALIAKEで活動。地元の囃子、民謡などのリズムを取り入れたワークショップを日本各地で2008年より開催。2017年より、聴覚障害者に向けた和太鼓ワークショップ『感じて打とう』を各地で展開中。

【関連記事】

おすすめの記事