Yahoo! JAPAN

県華道展 18年ぶり、川崎市内で 23団体267点を展示〈川崎市多摩区〉

タウンニュース

ポスターを持つ伊藤理事長

県内で最大規模となる華道の作品展「第72回神奈川県華道展」が5月18日(水)から23日(月)まで、川崎市コンベンションホール(中原区小杉町2の276の1/JR武蔵小杉駅徒歩4分)で開催される。川崎市内で実施されるのは18年ぶり。県華道連盟、市茶華道協会(伊藤紅華理事長)主催。

新型コロナの影響で一昨年は中止、昨年は延期だった同展。今回は県内23の華道団体から、それぞれ推薦を受けた華道家による267点の作品が集う。6日間の期間中は、2日ごとに89作品を入れ替えて展示。季節をとらえた古典的なものから現代的なものまで個性あふれる作品が並ぶ。伊藤理事長は「選ばれた華道家たちが、鍛錬している技術で美しい作品を披露する。驚くような作品もあるので楽しんでほしい」と呼びかけている。

午前10時から午後6時まで(19日、21日、23日は5時まで)。入場無料。(問)伊藤理事長【電話】090・1760・1330

【関連記事】

おすすめの記事