Yahoo! JAPAN

ダイナミックな枝垂れ梅が見ごろ、「鈴鹿の森庭園」に平日も多くの客

YOUよっかいち

鈴鹿山系を背に、見ごろを迎えた庭園のしだれ梅など=鈴鹿市山本町

 全国から集めた梅の名木を育てている三重県鈴鹿市の研究栽培農園「鈴鹿の森庭園」の枝垂れ梅など約200本が見ごろを迎えている。貴重な晴れ間がのぞいた2月20日は、平日でも多くの人が訪れて、園内の散策を楽しんでいた。週末にかけて天気の崩れも心配されるが、庭園によると、3月3日ごろまでは花を楽しめそうだという。

 今年は、2014年の正式開園から10年目にあたるという。赤塚植物園(津市)がてがけており、八重咲き品種の代表とされる「呉羽(くれは)しだれ」を中心に、おもに関東から九州までの全国から集めた梅の名木を育てている。

 もともとは、全国の見事な梅が放っておかれたり、海外に流出したりしないようにと、1本数年がかりの難しい移植作業を実現させた。剪定なども工夫し、見事な花を咲かせているが、世話を担当している造園業者たちが新しい世話や剪定の技術を発見し、その技術がこの庭園から全国へと伝えられる循環も生まれているという。

大きくしだれるダイナミックな梅の姿

 大きく枝を張った梅の木から長くしだれる花はどれもダイナミックで、「天の龍」「地の龍」など、名前の付いた代表的な木のほかにも、どれもが堂々とした姿で咲き誇っている。開園は3月下旬までの予定で、午前9時~午後4時。見ごろの間は一部の名木をライトアップし、午後8時30分(午後8時入園)まで開いている。入園料は見ごろの状態によって一般・学生が700円~1800円。小学生は半額、未就学児は無料。

庭園内にはベンチも備えられ、ゆっくりと花見を楽しめる

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「梅雨グレ(メジナ)」狙いの磯フカセ釣り入門【魚種ごとのエサ取り回避術とは?】

    TSURINEWS
  2. オリジナルの手作り作品が会場に集結♪ さんちかホールで「まちの小さな雑貨市 2024 Summer」開催 神戸市

    Kiss PRESS
  3. 【ズッキーニ100本じゃ足りない】作ると毎回取り合いになる!家族大絶賛の唐揚げレシピ

    BuzzFeed Japan
  4. 【卵と油揚げさえあればOK】100円以下でウソみたいな満足度!史上最高にお手軽なおつまみレシピ

    BuzzFeed Japan
  5. 清水エスパルス、1−3でブラウブリッツ秋田に完敗…アウエー4連敗で3位に転落【J2第21節速報】

    アットエス
  6. KIITOで『子どもの洋裁教室』が開催されるみたい。ミシンを使って「サコッシュ」を作るワークショップ

    神戸ジャーナル
  7. 【船釣り釣果速報】腹パンのジャンボイサキが続々顔出し(大分・熊本)

    TSURINEWS
  8. 愛猫の「目が寄り気味」だと気づいたら…気になる3つの理由 治療は必要なの?

    ねこちゃんホンポ
  9. 『しっぽがクルクルしている犬』4選 可愛すぎる特徴や犬種ごとの違いまでご紹介

    わんちゃんホンポ
  10. 4年ぶり!ビア缶チキンなどスペシャルメニューも 山陽百貨店の屋上ビアガーデン「HOPLAND HIMEJI」開催 姫路市

    Kiss PRESS