Yahoo! JAPAN

瀬戸康史 結婚と子育ては「最高!毎日『かわいい』や『いとおしい』が更新される」

フジテレビュー!!

瀬戸康史さんが、結婚や子育てについて語りました。

1月28日(日)の『ボクらの時代』は、桐谷健太さん、大谷亮平さん、瀬戸康史さんが登場しました。

大谷亮平「俺が冗談を言うと、1回静まる」

3人は、連続テレビ小説『まんぷく』(2018年/NHK)で共演した仲。また、桐谷さん、瀬戸さんは、現在放送中の『院内警察』(毎週金曜21時~/フジテレビ)で共演しています。

大谷亮平

朝ドラの撮影を振り返り…

桐谷:面白かったもんね。あのとき、俺、朝ドラも初めてやったし。

大谷:同じく。

瀬戸:あ、そうなんですね。

桐谷:(『まんぷく』はNHK大阪放送局制作なので)地元やし。

瀬戸:ね。あ、大谷さんも大阪…。

大谷:そうそう。

瀬戸:そのイメージも、なかったですもん。

大谷:もう言って、全部!「寡黙」「関東の人」…あとは?

瀬戸:(笑)。

桐谷:よう言われんねんやろ?

大谷:言われる。

桐谷:それは、嫌なの?

大谷:「冗談が通じなさそう」とか。

桐谷:(笑)。

大谷:めっちゃ冗談言うし。たぶん、桐谷さんが現場で明るい冗談言うと、みんな、パッて笑うじゃん。俺が言うと、1回静まるのよ。

桐谷&瀬戸:(苦笑)。

桐谷:そんなことないって!

大谷:違う、違う。本当に静まって…。

桐谷:マジで?

大谷:「うん?これは、どっちなんだ?」って。

瀬戸:あ、笑っていいのかな?みたいな空気ができるってことですか、一瞬。

大谷:それか、天然なのか?

桐谷:なるほど。ボケで言ってはるのか、真面目に言ってるけどあれなのか、みたいな。

大谷:そう。それでマネジャーに(話が)いくのよ。俺は、マネジャー経由で…。

桐谷:マネジャーにいくってどういうこと?

大谷:マネジャーが「大谷さんのあれって…」。

桐谷:「マジなんですか?」って。

3人:(笑)

大谷さんのボヤきに、桐谷さんは「俺は、そんなイメージまったくなかった。韓国でブレイクして、そこから日本に来て。どんな人かなと思ってたら、しゃべったら面白いやん。だから、ここ(面白い部分)をもっと引き出したいよね」と語りました。

桐谷健太「ずっと力を入れていたらバテてしまう」

大谷さんと桐谷さんは、ともに43歳。40代になって変わった心境を語りました。

桐谷健太

大谷:(桐谷さんとは)年、近いけど。40歳って何か「半分来たな」感があって。

瀬戸:それって人生の?

大谷:平均寿命でいうと80代。30のときは思わなかったけど「そういうことを気にしても…」って、いい意味でちょっと自分本位になるというか。

瀬戸:うん。

大谷:どう見られようと、どう思われようと、それより優先しなきゃいけない部分、自分の達成感とか、居心地の良さとか。(桐谷さんに)考えません?

桐谷:(これまで)めっちゃグワーっていう(力が入っている)感じになってたから、抜くことの気持ち良さ、脱力することの気持ち良さみたいなものを、今、感じてる。でも、1回そうなってたからこそ、力が抜けるみたいなところもあると思うから、「ここからやな」って、自分でもすごく思っていて。「ここからどんどん、もう、楽しんでやっていこう」みたいな感覚が強いかな。

瀬戸さんが「余裕も出てきますよね、力いっぱいやるよりは」と返すと、桐谷さんは「ずっと力を入れていたらバテてしまう」と、力の抜きどころの大切さを説きました。

瀬戸康史「結婚は地獄の始まりと聞くけれど」

すると、瀬戸さんは「ボーッとできないんですよ」と打ち明け、その流れで結婚生活について語りました。

瀬戸:妻(山本美月さん)がボーッとするの好きで。いつも、うらやましいなって思う。大谷さんは、ボーッとできる人ですか?

大谷:めっちゃできる。できるっていうか、2人と違うのは、(独身で)一人暮らしだから、よりボーッとできる。めっちゃ、ボーッとしてるよ。

桐谷&瀬戸:(笑)。

大谷:朝、起きて、ボーッと。

桐谷:してそう。

大谷:2人は、ボーッとできる時間を作るのが難しいだろうな。

瀬戸:いや、でも俺、独身のときから、ボーッとっていうのができないんですよね。

桐谷:家事とかはするの?

瀬戸:家事は、洗濯とお皿洗いと、掃除機かけたりは、僕がします。

桐谷:めっちゃやるやん。

瀬戸:いや、好きなんですよ。なんなら、やってほしくないっていうか。

桐谷:あ、きれいにする系は、自分で。

瀬戸:僕がやります。

桐谷:なるほど。子育てとかも積極的に?

瀬戸:ああ、そうですね。子育て。

桐谷:今、何ヵ月?

瀬戸:今、7ヵ月くらいです。成長は、本当に早いですね。

桐谷:どんどん大きくなるし。

瀬戸:毎日、顔を合わせても「かわいい」とか「いとおしい」が更新されるって…。

桐谷:ね。

瀬戸:すごい。

桐谷:何か変わった?感覚っていうか。

瀬戸:うーん。涙もろくなりました。

瀬戸さんは「不意に流れてくる子どもの映像とかで、泣きそうになる」と語ると、桐谷さんは「感情の幅というか、気持ちがわかるようになったから、泣けるんだろうね」と感心しました。

瀬戸康史

また、大谷さんは結婚願望を聞かれ「いつか…」「このまま一人で生きていく覚悟もある」と、期待半分、諦め半分だと明かし、瀬戸さんに「結婚はいいものですか?」と質問。すると…。

瀬戸:結婚は、最高だと思います。でも「結婚したら地獄の始まりだ」みたいな…。

大谷:誰が言ったの、そんなこと。

瀬戸:いや、結構な人、言いません(笑)?

大谷:聞くよね。よく聞く。

瀬戸:よく聞くじゃないですか。もう、1ミリも感じたことないです、そんなこと。

瀬戸さんは、結婚について「最高でしかない。プラスでしかない」と語りました。

桐谷健太「子どものころに無垢な感じで遊んでいた感覚」

舞台の公演を控える大谷さんは、子どものころのピアノの発表会で失敗した経験から「舞台はミスできないから緊張する」と不安を吐露。

すると、瀬戸さんは「舞台袖で3回跳ぶっていうのをやっていて。その3回ジャンプで全部、不安はもうどこかに抜けたよと自分に思い込ませている」と自分なりの方法を告白。

桐谷さんも、舞台を楽しむためには「子どものときの、何も気にせず、こうやれば人から褒められる…とかも一切なく、もう無垢な感じで遊んでいた、あの感覚にやっぱりいきたい」と語りました。

大谷:いきたいですね、それは。

桐谷:逆に言うたら「楽しまなアカン」って思ったら、その時点で違うやん。

大谷:うん、意識してる。

桐谷:そんなん思ってないしね、子どものころとか。でも、やっぱり最初は意識してないと、ずっと緊張のほうに引っ張られたりするから。意識的にでも、それさえも楽しむっていうふうになっていけば、それがだんだん増えていけば、そっちの回路のほうがいきやすくなると思うねんな。

瀬戸:うん、うん。

桐谷:脳みその問題もあると思うねん。さっき(瀬戸さんが)言ったみたいに、3回跳んで「自分は、それで大丈夫なんや」って思うっていう、その回路がつながるわけやん。だから、そういうものを持っておくのは、すごくいいかもしれんよね。自分の中で、決めちゃう。

瀬戸:だって、舞台袖3回ジャンプくらいだったら、どこでもできますから。

桐谷:そうね。

瀬戸:やるんだったら、たぶん簡単なのがいいですよ。

桐谷:人っていう字、(手のひらに)書いて(飲み込んだフリ)。

瀬戸:(笑)。

桐谷さんは「自分(大谷さん)の中で、舞台で緊張することをトラウマとして認めてる。それを1回、『そんなんトラウマちゃうわ』っていう感じで決めてもうたら、『新・大谷』出てくる」とアドバイス。

続けて「逆に、すごい伸び代はあるというふうにもとれる。緊張感ない状態のほうが伸びやかにできる、その自分もちょっと想像できるわけやんか。いつかは絶対そっちにいけると思うから、なる早でいける自分の回路を作っちゃうのも面白い」と、ポジティブな考えを披露しました。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【浅草で人気】世界中からバックパッカーが集まる「サクラホステル浅草」に泊まってみた / 朝食付き1泊3500円!

    ロケットニュース24
  2. 「水のある風景」テーマに写真展

    赤穂民報
  3. 声優・小野賢章が富田美憂に“ヤキモチ” 「羨ましすぎる‥」 映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』舞台挨拶

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  4. 【京都洋食】銀閣寺から徒歩圏内!長年愛されてきた町の名店「キッチンなかお」

    キョウトピ
  5. 【京都】人気のお店が続々進出! 2024年にオープンした一度は訪れたいお店4選

    anna(アンナ)
  6. メガネ姿の小野賢章 「嫌わないで!」と役が“憑依” 映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』舞台挨拶

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  7. 【ホロライブ】『hololive GAMERS fes. 超超超超ゲーマーズ』テーマソング『We are GAMERS !!!!』が配信開始! 会場で楽しめるコラボフードも発表 【今週の人気記事】

    PASH! PLUS
  8. 【動画】レースクイーン・広瀬晏夕、K-1ガールズ2024就任で思いを語る!

    WWSチャンネル
  9. 【大津】「琵琶湖ホテル」で絶景を望むルーフトップBBQがスタート!

    PrettyOnline
  10. Ado『ROCKIN’ON JAPAN』2024年7月号表紙巻頭特集に登場!叶えた夢、そして残された夢を語る!

    WWSチャンネル