Yahoo! JAPAN

「読書のまち・かわさき」20年 中原図書館長 小島久和〈川崎市中原区〉

タウンニュース

「読書のまち・かわさき」20年

子どもの「本離れ」はどこでも深刻な課題です。川崎市において「読書のまち・かわさき」事業が始まってから今年で丸20年が経過しました。この間、学校における「朝読書」や地域ボランティアのご尽力により、少しずつですが、しかし確実に子どもたちの「本離れ」は解消されてきているように感じます。

図書館でも子どもの読書推進のため、児童図書の充実や「えほんだいすき」の発行、「おはなし会」の実施など、読書に親しむ機会や環境整備に努めてきました。

現在はコロナの影響で、図書館でゆっくり読書ができない状況ですが、その分、家で過ごすことも多くなったのではないでしょうか。この機会により身近で手軽な楽しみとしての「読書」を見直してください。家に居ながら自由に広い世界に思いを巡らすことができます。

これからも図書館は、子どもから大人まで誰もが読書に親しめる環境をしっかりと川崎の地に根付かせていくため、「読書のまち・かわさき」事業を推進していきます。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「新美の巨人たち」で大滝詠一の名盤ジャケット特集

    ナリナリドットコム
  2. 「新美の巨人たち」で大滝詠一の名盤ジャケット特集

    ナリナリドットコム
  3. 「精神的な支えになれば」ときょうだいが贈ったサポート犬に襲われ21歳女性死亡(英)

    Techinsight
  4. 本物そっくり100円ミニチュア 巣ごもり需要で追い風 伊賀市の山田化学

    伊賀タウン情報YOU
  5. <女性からの暴力>「彼女からDV受けてる」息子の告白。アザだらけの身体……【第2話】まんが

    ママスタセレクト
  6. もし自分が先に死ぬようなことがあったら、残った旦那さんには一人でいてほしい?再婚してほしい?

    ママスタセレクト
  7. 総額10万円超 毎日同じパブに通う90歳男性へ人々から善意の昼食代が寄せられる(英)

    Techinsight
  8. <実母と同居>洗濯物のうっかりミスで実母が激怒!ムシャクシャして寝付けない……【後編】

    ママスタセレクト
  9. 結婚生活20年、欠かさず休みの日を合わせて食事をする仲良し夫婦が語る“夫婦円満で一番大切なこと”

    saita
  10. 結婚20年、子ども6人。夫に「働くな」と言われることがすごく苦痛だった。今、好きな仕事ができてるワケ

    saita