Yahoo! JAPAN

夜の堤防での電気ウキ釣りで23cm頭にメバル連打【熊本・三角港】誘いが重要

TSURINEWS

夜釣りでメバル手中(提供:TSURINEWSライター松田正記)

三角港(熊本県宇城市)の夜釣りで、再びメバルが上向いてきた。3月3日に実釣した際の様子をリポートする。

メバルの釣期

三角港は東港と西港の2つの港からなる。収容人数も多く、風向きによってポイントを決められる。同港のメバルは冬から春が釣期。堤防からの夜釣りで、アオムシなどをエサにした電気ウキ仕掛けで狙う。

見切り移動

午後8時ごろ、東港に着いた。外灯近くに釣り座を構え、早速準備。ウキは遠近自在に探れるLFスマート。ハリは虫エサが弱りにくい細身の速手チヌを選択。タナを1ヒロ取り、サオ下から探りを入れた。

電気ウキ釣りの仕掛け(作図:TSURINEWSライター松田正記)

普段なら2~3投目にアタリが出るが、全く反応がない。すぐに見切りを付け、場所を移動した。

1投目からアタリ

次は西港を訪ねた。今度は外灯がない真っ暗な場所に立ち、釣りを再開。その1投目だった。ウキがじわりと沈み、ゆっくり海中に消えた。小気味いい引きを味わいながら、そっと抜き上げたのは20cmを超すメバルだった。

アラカブが次々に

連発を期待したが、アタリがない。そこでタナを深くすると、アラカブが次々にヒット。小型はリリースし、20cm級の良型だけをキープしていった。

作戦変更

釣り開始から30分、本命が釣れず我慢の釣りが続いた。そこで作戦変更。浅ダナに戻し、遠投。リールをゆっくり巻きながら誘い続けると、ウキが横走りした。ヤリ取りの末に姿を見せたのは23cmのメバルだ。その後も同じ要領で大小のメバルが連打。5尾をクーラーに収め、午後10時ごろに納竿した。

今後の展望

同港のメバルは子を放ったばかり。体力回復のため、そろそろ荒食期に入る。例年のパターンからすると、3月後半から数が望める。

<松田正記/TSURINEWSライター>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. バイオリンの名器「ストラディバリウス」に魅せられた写真家の追悼展が開催中

    タイムアウト東京
  2. 【動画】パナソニックパンサーズ、新クラブ名は「大阪ブルテオン」に

    OSAKA STYLE
  3. 東京の安宿街で見つけた「カンガルーホテル(1泊4000円)」に泊まってみたら…

    ロケットニュース24
  4. 夜空に浮かぶ名馬の輝き!「宝塚記念ドローンショー㏌平安神宮」が6月13日からスタート!【京都市左京区】

    デジスタイル京都
  5. 起業・創業のヒントに 交流カフェ 伊賀市で7月17日

    伊賀タウン情報YOU
  6. Archer、eVTOL機「Midnight」が移行飛行を完了。このマイルストーンに達成した世界で2機目となる

    DRONE
  7. グミッツェルでお馴染み「ヒトツブカンロ 原宿店」で限定レア商品『mofuwa』をゲット! 実は整理券無しでも買えます…!

    ロケットニュース24
  8. 【兵庫・川西】今年も「猪名川花火大会」開催!ふるさと納税で有料観覧席も

    PrettyOnline
  9. コーヒーと健康について学ぼう 6月21日 金港堂珈琲

    タウンニュース
  10. HoldOn公式イメージキャラクター・篠崎こころ、クリアストーン楽天店舗で実施する楽天ライブショッピングに出演決定!

    Pop’n’Roll