Yahoo! JAPAN

ぺこぱ松陰寺“もしも学校の教師だったら”に新説 「時を戻そう」に流行語大賞候補の声も

Techinsight

松陰寺太勇、珍しくポジティブではない「ノリツッコまないボケ」か

お笑いコンビ・ぺこぱは“お笑い第七世代”芸人のなかでも異色の存在だ。従来のツッコミ担当である松陰寺太勇が、突っ込むかに見せてポジティブなことを言って落とさないけどオチにする「ノリツッコまないボケ」という芸風を確立したからである。たとえば声だけで出演するライスバーガーのCMでは、松陰寺演じる「海老天めんたい味バーガー」の前に相方のシュウペイ演じる「よくばり天めんたい味バーガー」が「どーもー」と被さって挨拶したところ、隠れてしまった松陰寺は怒ることなく「いや、被ってるー…なら、入れ替わればいい」と自分が立ち位置を変えるという感じである。そんな松陰寺が、ネット上で話題の画像「もしも有名人が学校の教師だったら」に新説を唱えた。

【この記事の他の写真を見る】

これまでにブルゾンちえみ with Bやひょっこりはんなどの若手芸人をブレイクさせたことで知られるお笑い特番『ぐるナイおもしろ荘』にて、2019年1月1日放送回で優勝したぺこぱ。12月22日に開催された『M-1グランプリ2019』決勝戦でファイナルラウンドに進み、審査員7人のうち6票を得たミルクボーイが優勝、かまいたちは1票でぺこぱに票は入らなかった。しかし「ノリツッコまないボケ」で注目を集めブレイクのきっかけを掴んだのである。

松陰寺太勇は漫才だけでなくバラエティ番組や情報番組のロケでも「ノリツッコまないボケ」を繰り出すチャンスを狙っており、常日頃から頭のなかでシチュエーションとネタのパターンを考えているのだろう。そんな松陰寺のキメ台詞が「時を戻そう」である。

ネット上で話題の画像「もしも有名人が学校の教師だったら」では、長州力(元プロレスラー)について「校長先生。全校集会で長い話をするが聞き取れない」、富澤たけし(サンドウィッチマン)は「教頭。校長先生の話に『ちょっと何言ってるかわからない』とツッコミをいれる」といったような解説が並ぶ。

そのなかに松陰寺太勇も入っており、「地理・歴史の先生。『時を戻そう』と言って時を戻し、クラス全員で実際に応仁の乱や本能寺の変を見に行く」という内容だ。

松陰寺はそれを見たのか、7月8日にTwitterで「俺が歴史の先生だったら、もちろん『時を戻そう』と言い生徒をその場面へ連れてゆく」と切り出した。オチは「ただし、、、言う事を聞かない生徒はそこに置いてゆく」というもので、「もしも有名人が学校の教師だったら」のオチ「…毎回死者が出る」とはニュアンスが違う。

松陰寺が投稿した画像は、江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜が慶応3年、二条城で諸藩重臣に対して政権を明治天皇へ返上する「大政奉還」について諮問している光景を描いた『大政奉還図』で、よく見ると画像を加工しており徳川慶喜の横に紫のスーツを着た松陰寺が立っているではないか。

「#大政奉還 #いーや幕府はもうダメなのかもしれない」とタグでツッコミを入れているが、松陰寺にしては珍しくポジティブな「ノリツッコまないボケ」にはなっていないようである。

フォロワーからは「さすがエゴサの鬼…こちらをご存知なんですね」、「さすが市場調査してるだけあってやっぱりツイート見てるんですね笑」というコメントがあり、画像「もしも有名人が学校の教師だったら」のパロディーだと憶測する声が少なくない。

また「なんで大政奉還をチョイスしたかと思ったらお誕生日と同じ日でしたか」という情報も寄せられた。松陰寺太勇は1983年(昭和58年)11月9日生まれで、大政奉還は慶応3年10月14日(1867年11月9日)に成立したからだ。

なかには「『時を戻そう』って言葉“TikTok”では流行っているらしいです。2020年の“流行語大賞”を狙えるんじゃないですか?」という声も見受けられた、新型コロナウイルスや豪雨災害など辛いニュースが続く2020年だけに、もしかするとエントリーするかもしれない。

画像2、3枚目は『松陰寺太勇のキザッター【ぺこぱ】 2020年7月8日付Twitter「俺が歴史の先生だったら、もちろん「時を戻そう」と言い生徒をその場面へ連れてゆく。」』『シュウペイ【ぺこぱ】 2020年1月18日付Instagram「おくんなましー→マッチョ→角刈り→ミルクお兄ちゃん」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】

おすすめの記事