Yahoo! JAPAN

実録!ママたちが苦悩する【ママ友のドン引きLINE】&トラブルにならない“神返信” #7「仲良しだけどやめて…!」

ウレぴあ総研

子ども同士の繋がりで仲良くなった「ママ友」との人間関係に悩んだ経験は、ママなら誰しもあるのではないでしょうか。

特に、コミュニケーションツールのひとつ「LINE(ライン)」でのやりとりに頭を悩ませている人は多いはず。

自分だけの付き合いであれば関係を断つこともできますが、子どもが関係していると、なかなかそうはいきませんよね。

今回は、ママ達に聞いた「ママ友の“返信に困るドン引きLINE”」と、それに対する上手な返し方のヒントについてご紹介します。

ハピママ*

「子ども同士が幼稚園で仲良しになって、連絡先を交換したママ友とのことです。

私は在宅で仕事をしているので、LINEはわりとすぐに返事ができるんですが、そのマメさが逆効果になってしまったのか、1日に何度も他愛もない話題のLINEがくるんです…。

彼女は専業主婦で、近くにご両親が住んでいることもあって、たまにお母さんが家事をしにきてくれるそうで、時間に余裕があるみたいで。

私は在宅とはいえ、仕事もしながら家事もこなしているので、そんなに頻繁にLINEがきても返事をするのが面倒な時も…。

1度既読スルーをすると、疑問文をつけて送ってくることも。

でも悪い人ではないし、子ども同士も仲が良くお世話になっているので、距離を置きすぎるのもアレですし…。

最近は1時間ほど時間を置いて返事をするようにしていますが、それでも即レスなのでどう対応していいか、悩んでいます…」(31歳/Webデザイナー)

仲のいい友人とのLINEでのやりとりは楽しいものですが、子どもがいるとそう頻繁にLINEを続けるのも難しいですよね。

特に、日中子どもが幼稚園や保育園でいない間に、片付けたいこともありますし、そういった時間にママ友からの他愛もない内容のLINEが頻繁にくるのは、少ししんどく感じてしまって当然。

トラブルにならない“神返信”のヒント

LINEを頻繁にしつこく送ってくる相手に対して、話を盛り上げるような返事や、長い文章で共感するような返事を送ると、LINEがどんどん長引いてしまう傾向にあります。

「そうなんだ!」「うんうん」などの共感していることを感じさせる短文での返事がおすすめ。

たまに少し長めの返事を送っておけば、相手との関係が気まずくなることはないでしょう。

また、即レスすると相手に時間に余裕がある、と感じさせてしまうので、返信は少し寝かせるのがベターです。

(ハピママ*/Hanako Iguchi)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ラストアイドル、11th SG選抜メンバー17名決定+9/27にセンター含めた立ち位置を決める<ラスアイサバイブ イチナナ選抜立ち位置バトル>開催!

    Pop’n’Roll
  2. 浦島坂田船、毎年恒例のハロウィンライブをオンラインで開催決定

    SPICE
  3. こなれ感あるシルエット♡小顔見えするトレンドのくびれヘア7選

    美容マガジン myreco(マイリコ)
  4. 実は英語が話せるお笑い芸人ランキング…こがけん、おぎやはぎ矢作、フワちゃんらランクイン

    ランキングー!
  5. 【こだわりがあります!】跳ねたりシワを伸ばしたり、一生懸命にベッドメイキングする柴犬さん♪

    PECO
  6. 大磯舞台に展開『神神化身(かみがみけしん)』 伝奇小説×和風楽曲プロジェクト〈大磯町・二宮町・中井町〉

    タウンニュース
  7. 杉岡太樹監督作品「息子のままで、女子になる」 横浜シネマ・ジャック&ベティで9月18日から公開〈相模原市中央区〉

    タウンニュース
  8. ファールボールをゲットした10歳男児が泣いていた女児にプレゼント 純粋な優しさが感動呼ぶ(米)

    Techinsight
  9. ごはんが待ちきれない! 飼い主さんの目の前でおしゃべりしながらアピールする猫

    ねこのきもちWEB MAGAZINE
  10. 「洗面台」の掃除がグッとラクになる。セリア・ダイソーの浮かせる収納アイテム活用術

    saita