Yahoo! JAPAN

陸上競技で好記録をだす色ってどんな色?【決定版 色彩心理図鑑】

ラブすぽ

陸上競技で好記録をだす色ってどんな色?【決定版 色彩心理図鑑】

選手を支える色彩心理

スポーツの世界でも色彩心理は活用され、アスリートたちの能力向上に色が役立っています。 たとえば陸上競技場のトラックは、長い間赤レンガ色をしていましたが、2000年代になって青のトラックを見かけるようになってきました。

青の効果で選手はリラックスして走れるといいます。また青は視線がブレないで安定する効果も期待できます。青のトラックにすると好記録がでやすいといわれています。

赤は気分を上げて、攻撃的な感情にしやすい色です。交感神経を高めて戦闘態勢にします。ところが陸上競技に関しては、気分を上げるよりも冷静にリラックスするほうが、好記録につながりやすいことを示唆しています。

◉投げやすいと評判の青色ミット

野球でも茶系統(皮色)のグローブだけでなく、青色のものがでてくるようになりました。野球のミットの色と投げやすさの実験では、青色のミットがもっとも投げやすかったといいます。青は認知機能を高める効果があり、コントロールに自信のないピッチャーは青色のミットでコントロールがつきやすくなるといわれています。

茶系統のグローブは、背景の色である土と重なることもあり、コントラストから青が投げやすいといえます。

出典:決定版 色彩心理図鑑

【関連記事】

おすすめの記事