Yahoo! JAPAN

オフショアジギングで船中ブリ&ヒラマサ連打 電動ジギング組に軍配

TSURINEWS

ジギングでキャッチしたヤズ(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

山口県長門市油谷・久津漁港の入江丸で、半年ぶりにジギングへ行って来た。釣行当日は、手巻きで一生懸命シャクっている私からすれば納得いかないのだが、電動ジギンガーの方が、明らかにヒット率が高く明らかに魚の反応が違った。そのあたりも踏まえ、当日の釣りをリポートしたい。

入江丸で沖のジギング釣行

3月下旬、山口県長門市油谷・久津漁港から案内中の入江丸でジギングへ行って来た。

昨年末は落とし込みメインで釣行していたこともあり、ジギングは約半年ぶり。前日は春の嵐で、暴風・暴雨で波高4mだったこともあり出船も心配されたが、急速に天候も回復して晴天ベタナギ、絶好の釣り日よりとなり期待感高まる中、午前6時30分に6人で出船。

ポイントの汐巻までは約30分で到着。遊漁船や漁船も多かったが、多数の海鳥が飛び回っていることでさらにテンションが上がった。水深は60~70m。底から10mくらいと中層くらいにベイトボールの反応も。期待するも本命からの反応がない。

ジギングタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

再開早々に青物が連発

1時間ほど静かな時間がすぎたころ、前方の鳥山下に何やら生物が姿を見せた。イルカだ。この反応で食わないのはイルカのせいだ。船長もこのポイントに見切りをつけ、再び沖のポイントへと移動。

再び30分ほど移動し、100~110mとやや深場のポイントに到着。周りに船はいないが、ここでも海鳥が多数飛び回っている。魚探の反応も底から30mくらいまでびっしり出ている。

再開早々、右舷ミヨシの電動ジギンガーに3kgクラスのヤズがヒット。続けて左トモにも同サイズがヒット。どちらも「中層までシャクって食った」とのこと。やはり魚は上ずっているようだ。すると、隣で電動ジギングをしていた吉武さんにヒットすると、私にも待望のアタリ。

各所での連発に船内のボルテージも上がる。吉武さんが無事ランディングに成功し、私もあと20mほどまで上げたが、まさかのフックオフ…。

ブリがヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

ファーストヒットは3kg級

気を取り直して続けていると、底から10mくらいのところでジグに絡みつくような感覚。少し止めて食わせの間を与えると乗った。3kgクラスの小型ながら、ようやくファーストフィッシュをキャッチした。

好ファイトを楽しんだ(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

再び同じパターンでフッキングに成功するも、今度は魚の腹にフックが掛かる。隣の吉武さんにもスレ掛かりでヒットし、後ろのアングラーは尻尾に掛かっていた。食い気自体はさほど高くないのか、ジグに興味を示してジャレついてスレ掛かりするパターンが続いた。

ヒラマサも浮上(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

ヒット率は電動ジギングが圧勝

ファーストキャッチの右舷ミヨシの電動ジギンガーだが、明らかにヒット率が高い。しばらく釣り方を観察させてもらうと、電動リールの「EJモード」を活用していた。

同船者のタックル(電動ジギング)(作図:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

昨今の電動ジギングブームもあり、各メーカーも電動ジギング専用のロッドや電動リールを発売している。その電動リールが、勝手にワンピッチや高速ジャークの動きになるように巻き上げてくれる機能がEJモード。

ロッドを持ち、サオ尻を脇挟みで固定したまま、ロッドをあおることもなく、電動リールでただただ巻き上げるのみ。「ウィン…ウィン」という独特の巻き上げ音が数回続いたかと思うと、「ウー!」と負荷が掛かったモーター音に変わり、魚がヒットしていた。

正直、手巻きで一生懸命シャクっている私からすれば納得いかないのだが、明らかに魚の反応が違う。不本意ながら、私も同じようなリズムで巻き上げてみるが、まったく反応がない。その間にもEJモードは次々と魚をヒットさせ、当日トップ釣果の12尾を釣り上げ、小型はリリースしていた。

同船者も好釣り(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

私の隣で電動ジギングをしていた吉武さんは、中~高速巻き上げしながらロッドをあおる一般的な釣法で8尾の釣果を得ていた。私を含め、手巻きジギンガーは3~6尾と電動ジギング組に完敗であった。

良型アラカブも反応(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

最終釣果

結果、私は3~4kgのヤズ4尾キャッチ&4尾バラシと、やや不満の残る釣果となったが、当日他船で釣行していた人らは、0~2尾ほどの釣果だったとのことで、やはり状況的には厳しかったようだ。

全体釣果(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

例年通りならゴールデンウイークごろまで青物の好調が続き、特にヤズの回遊が見込め、その後は大型マダイが狙えるシーズンへと突入する。機会があればまた釣行したいと思う。

<週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年4月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。The postオフショアジギングで船中ブリ&ヒラマサ連打 電動ジギング組に軍配first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事