Yahoo! JAPAN

志尊淳 “ビンタシーン”カットされるも「現場で笑いを取れたならそれでいい」

ドワンゴジェイピー

志尊淳 “ビンタシーン”カットされるも「現場で笑いを取れたならそれでいい」

映画『極主夫道 ザ・シネマ』の公開直前イベントが24日、都内にて開催された。玉木宏、川口春奈、志尊淳、松本まりか、滝藤賢一、吉田鋼太郎、稲森いずみ、竹中直人が出席した。

おおのこうすけ原作の人気コミックを実写化し、2020年に放送されたドラマ『極主夫道』が映画化。最凶の極道から足を洗い、専業主夫の道を選んだ“不死身の龍”を玉木、その妻・美久を川口、龍の元舎弟・雅を志尊が演じる。


この日のイベントでは、豪華キャスト陣が浴衣姿で登壇。一堂に会した共演者に玉木は「これだけ力のある方々と一緒に作品を作れたということはすごくパワーになっているし、早くお客様に見ていただきたいなという思いでいっぱいです」と笑顔を見せた。

また「この数年は夏祭りにも行けていなかったので、こうして浴衣を着させていただいて気分だけでもすごく上がる。このまま夏を迎えて、さらに気持ちが高揚していけたらいいなと思っております」と久しぶりの浴衣を楽しんでいた。


川口は、紺色の浴衣に鮮やかな黄色の帯を合わせた涼しげなコーディネート。「久しぶりに着れてすごくテンションが上がっています。皆さん浴衣で凛としていて、『格好良いな』と見とれていました」とはにかんだ。


また、今作で『極主夫道』初登場となる松本は、自身の役柄について「肩書とかはすごいんですけど、中身はものすごい純で、そのギャップがすごくて最初はどこまでどうしたらいいのかよくわからなかった」としたうえで、「春奈ちゃんとのシーンで『ここまで面白くやっていいんだな』というか、春奈ちゃんが本当に面白くって」と川口との共演シーンを回顧。

続けて「春奈ちゃんとのキャットファイトのところがあるんですけど、『ズドーン』というセリフは本当に注目していただきたいです。とても笑えるので。私、目が点になったくらい面白かったので、そういうところも見ていただけたらなと思います」と観客に呼びかけた。


龍の元舎弟という役柄のため、なにかと痛い目にあうことが多い雅役の志尊は「僕の感覚が麻痺しているのかもしれないんですけど、ドラマでいろいろやりすぎて、映画で体を張った記憶がないんです」と告白。

しかしその一方で、「ビンタを何回か受けているシーンがあるんですけどカットされていたので、それに関しては監督に文句を言いたいなと思っています。まぁ現場で笑いを取れたならそれでいいと思います」と不満を口にしつつも、穏やかな表情を浮かべていた。



映画『極主夫道 ザ・シネマ』は、6月3日より全国公開。

【関連記事】

おすすめの記事