Yahoo! JAPAN

辰年の交通安全を祈願 秦野市の交通安全関係団体が実施〈秦野市〉

タウンニュース

交通安全祈願をした交通関係団体役員ら

秦野警察署管内の交通安全を願う「交通安全祈願」が1月19日、出雲大社相模分祠で行われた。

この祈願は、交通安全の啓発活動に取り組む団体が毎年合同で行っているもので、秦野警察署(加藤圭司署長)、秦野市交通安全協会(古谷光一会長)、秦野市安全運転管理者会(田村一彦会長)から16人が参列。各団体の代表者が神前に玉ぐしを奉納し、今年1年の交通事故減少を願い、安全祈願を行った。

秦野警察署管内の2023年1年間の人身交通事故発生件数は265件(前年比46件減)。負傷者数は303人(前年比67人減)で死者は2人(前年比1人増)だった。人身交通事故の主な路線別発生状況を見ると、一般市道等での発生率が圧倒的に多く、約14%が国道246号、次いで約8%が県道62号(平塚秦野線)となっている。

【関連記事】

おすすめの記事