Yahoo! JAPAN

京急川崎駅 「さようなら」パタパタ 2月中旬で見納め〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

タウンニュース

表示案内が変わるのを待ち構える人たち

京急電鉄(横浜市西区/原田一之社長)は1月12日、京急川崎駅ホームの通称「パタパタ」発車案内装置の使用を2月中旬に終了すると発表した。後日、各報道機関が報じると、同駅ホームには別れを惜しむ鉄道ファンなどが、その姿を収めようとスマートフォンなどで撮影する姿が見られるようになった。

世田谷区在住の塩谷空宙(そら)さん(17)は「古いものや珍しいものが好きで、ニュースで知って撮りに来た。このタイプの案内板は初めて見た。見やすいのになくなるのは残念ですね」と話した。

同案内装置の正式名称は「フラップ式列車発車案内表示装置」といい、京急線では1986年12月25日に京急川崎駅に初めて導入された。最多時は10駅ほどに設置されたが、時代の流れでLED表示式への転換が進み、現在は同駅4番線・5番線ホームの2台と6番線・7番線ホームの3台のみ。音をたてながら表示を変える様子が現代では「レトロ感がある」との声もあった。

同電鉄は「パタパタ」の引退を記念して、記念乗車券の発売(申し込み終了)や、参加者のリクエストに応えて様々な案内を表示し、グッズが当たる抽選会を行い、ホテルに宿泊する特別ナイトツアー(申し込み終了)などを実施する。さらに引退記グッズとして、「パタパタ」発車案内装置をデザインした、アクリルキーホルダー、マグネット、定規を2月上旬から発売する予定。

引退の日は2月中旬とだけ発表されており、混乱を避けるために公表はしないという。

【関連記事】

おすすめの記事