Yahoo! JAPAN

ハタゲームで38cmアカハタ 大型狙いは長めワーム&スイミングがキモ?

TSURINEWS

真鶴半島でキャッチした38cmアカハタ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

神奈川県内でハタゲームが成立する貴重なポイントである真鶴半島にオオモンハタ、アカハタを狙い釣行。38cmのアカハタをキャッチした模様をリポートしたい。

オオモンハタ狙い

日時:9月3日 5時~10時
潮回り:中潮 干潮8時39分 満潮16時14分
天候:曇り
ロッド:ワールドシャウラ2833rs-5
リール:ツインパワーC5000XG
ライン:PE1.5号+リーダー30lb

今回はオオモンハタをメインで狙うことにした。オオモンハタはスイミングに反応がいいため、ジグヘッドとテキサスリグでスイミング中心の道具をセット。釣り場に到着すると足元に無数のベイトがいたため期待できそうな雰囲気であった。

ジグヘッドリグで開始

25gのジグヘッドリグをセットして釣りを開始。着底後15~20巻きして、また着底させることを繰り返す。

すると激しいバイトがあった。しかし残念ながら一瞬重みが掛かっただけで、フックアウトしてしまった。その後反応がなく、一つレンジを落としたスイミングをしてみることにした。

テキサスリグで25cmアカハタ

ナツメオモリを使用したテキサスに、長細いバス用のカーリーテールワームをセットした。先程よりも低いレンジを狙うために、着底後10巻き以内で再度着底を繰り返す。すると25cmほどのアカハタをキャッチした。

ボリュームがなくても長いワームには、アカハタの反応がいいように思える。またなかなか反応がない状況でも釣果に繋がることも多い。

25cmほどのアカハタをキャッチ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

スイミングで38cmアカハタ

引き続きスイミングで反応を探ると、底から10巻きくらいで反応があった。そのため15巻きまでを中心に探ってみることにした。

すると12~13巻きしたところで、激しいバイトがあり38cmのアカハタをキャッチできた。大型のアカハタはスイミングでオオモンハタを狙っている時にヒットすることが多い。大型アカハタを狙いたいアングラーには、スイミングを是非試して欲しい。

当日最大の38cmアカハタ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

釣果に繋がったポイント

最後に、今回の釣行で釣果に繋がったポイントを整理したい。

大型にはスイミング

大型のアカハタはベイトフィッシュを捕食することがある。今回ヒットした38cmのアカハタもベイトフィッシュを捕食していたと考えられる。ベイトフィッシュを捕食しているアカハタには、スイミングが効果絶大だ。底から10巻きくらいまでスイミングで探るとアカハタに効果的なスイミングとなるので試していただきたい。

大型には長いワーム

大型のアカハタには、大きめのワームが有効になることが多い。今回ヒットしたワームはボリュームこそないものの長さは4inchで、テールが長いワームであった。テールが長いワームはアピール力も高いので、ハタに効果がある。

大型のアカハタには長いワーム(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

今後の展望

気温が落ち着き、季節が秋になろうとしている。秋になるとベイトフィッシュが増えて、オオモンハタの反応もよくなる。アカハタはもちろんのこと、オオモンハタの釣果も出やすくなるため、狙ってみるといいだろう。

<山下洋太/TSURINEWSライター>

The postハタゲームで38cmアカハタ 大型狙いは長めワーム&スイミングがキモ?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事