Yahoo! JAPAN

コマセ五目釣りでマダイ&ワラサ好打 イナダはトップ20尾超え 

TSURINEWS

最後の最後に大本命をキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版・佐藤淳)

「年末年始に赤い魚で彩りを!」と意気込み、昨年の12月29日(水)、東京湾・剣崎松輪あまさけやからマダイ&ワラサ狙いで納竿釣行を楽しんだ。私はイナダ1尾と悔しさが残る結果だったが、船中釣果はイナダ1~20尾超え、マダイ1~3尾となった釣行をリポートする。

久里浜沖でコマセマダイ&イナダ

参加者は同僚に釣友を加えた6人。今回はあまさけや丸での仕立船であることに加えて、春の乗っ込みシーズンにも同行したメンバーなので、余計な気をつかうこともなく、釣りに没頭できるのがいい。

5時30分すぎ、現地に到着すると、駐車場はほぼ満車状態。すでに港は多くの釣り人でごった返している。手早く準備を済ませて船着場へ移動。右舷、左舷それぞれ3人に分かれて釣り座を確保し、船宿支給のオキアミの解凍、タックルのセッティングを各々のペースで進める。

開始早々イナダ顔見せ

予定よりも少し早い6時45分ごろに出船。イナダの群れが入っているという久里浜沖を目指す。航程20分ほどで水深40~50mのポイントに到着。事前の情報通りイナダの魚影が濃いようで、大船団ができている。

イナダの群れを追って大船団に(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤淳)

船長の「まずはイナダ仕掛けで。上から40mでやってみてください」の指示が出てスタート。開始早々、右舷ミヨシの同僚にファーストヒット。上がってきたのはイナダで、ビタビタビタビタッとヒレが船の床を叩く音が聞こえてくる。間髪入れず、左舷ミヨシの灰野さんもイナダをキャッチ。幸先のいいスタートに、船中一気にヒートアップ。

我慢の時間から待望の本命

しかし、この日は後が続かない。ぽつぽつとアタリはあるものの、上がってくるのはゲストのサバフグばかり。活性が低いのか、本命たちはなかなか口を使ってくれない。灰野さんが孤軍奮闘して数を伸ばすが、ほかのメンバーは我慢の釣りが続く。

開始から2時間が経過したころ、左舷胴の間の米谷さんがマダイをゲット。小型ながら待望の本命登場に、皆のやる気モードは全開に。

待望の本命登場(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤淳)

すると、右舷胴の間の生田さんにイナダがヒット。続いて左舷トモの今井さんにも同魚がヒットし、この時点で1尾も釣れていないのは私一人に。

イナダキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤淳)

そんな折、船長から「マダイ仕掛けに変えてみましょうか」とアナウンス。何かしらの変化が必要と感じていた私にとっては、まさに渡りに船。仕掛けとエサを変えて、赤い魚のアタリを待つ。しかし、魚の反応なく、私の負のオーラが伝播したように全員のアタリが遠のいてしまう。

沈黙破りヒットも痛恨のバラシ

船長の判断で水深25~30mのポイントに移動。すると、さっそく同僚がイナダを上げる。灰野さん、生田さんも続き、さらに米谷さんが2尾目のマダイを釣り上げるが、ミヨシ二人は完全に沈黙。

同船者はワラサをゲット(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤淳)

「オデコで納竿するわけにはいかない」。そう自分に言い聞かせ、コマセをまきながら少しずつ仕掛けを上げてくると、ググーンという強いアタリ。豪快に竿を曲げる引きを楽しみながら丁寧にやりとりしたのだが、最後の取り込みで痛恨のバラシ。

気を取り直して素早く投入すると、すぐにアタリが出て、グーン、グーンと力強く走り出す。意外と手間取ったので「ワラサか?」と期待したが、タモ取りしたのは42cmイナダ。ようやく絞り出した1尾に胸をなで下ろす。

ラストにマダイ浮上で有終

その後もぼつぼつとイナダの拾い釣りが続き、「このまま沖上がりかな……」という空気が流れ始めた矢先、同僚の竿が大きく曲がる。慎重にやりとりして寄せてくると、海中に見えたのは赤い魚影。最後の最後に良型のマダイが顔を見せてくれ、一同、気持ちよく一年を締め括ることができた。

竿頭はイナダ20尾超え(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤淳)

船中釣果はイナダ1~20尾超え、マダイ1~3尾。私はイナダ1尾と悔しさが残る結果だったが、新年度に向けて課題と目標が明確になり、前向きな気持ちで帰路に就くことができたのは収穫だった。次は大物を数釣りするぞ!

<週刊つりニュース関東版 佐藤淳/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年1月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。The postコマセ五目釣りでマダイ&ワラサ好打 イナダはトップ20尾超え first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事