Yahoo! JAPAN

川崎市 脱炭素の模範18団体を表彰 最優秀は2団体〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

タウンニュース

スマートライフ大賞を受賞した18団体の人たち

CO2削減や地球温暖化対策に貢献する優れた取り組みを行う市内の企業や事業所、市民を表彰する「第10回スマートライフスタイル大賞」の表彰式が11月18日、川崎市役所第3庁舎で行われた。福田紀彦市長から受賞18団体に表彰状が手渡された。市とCC川崎エコ会議は2013年度に同賞を創設し、毎年表彰を行っている。今回の表彰で延べ128団体が受賞した。

あいさつで福田紀彦市長は「表彰を受ける事業所が様々な業種に拡大している。積み重ねの結果。脱炭素の輪をさらに広げてもらいたい」と語った。受賞団体は次の通り。【最優秀賞】川崎信用金庫▽前田道路株式会社

【優秀賞】トカイナカヴィレッジ松本傳左衛門農園▽マルイファミリー溝口・ノクティプラザ▽早野聖地公園里山ボランティア▽株式会社内藤アカデミー▽川崎市立南野川小学校

【奨励賞】川崎花卉園芸株式会社▽川崎市立大谷戸小学校▽川崎市立末長小学校▽一般社団法人川崎建設業協会▽GBtechnology株式会社▽東京貿易マテリアル(株)京浜営業所▽日崎工業株式会社▽有限会社グリーンフーズあつみ▽ジェクト株式会社▽セレサ川崎農業協同組合▽株式会社渡辺土木

受賞団体の取り組みについてはCCかわさきエコ会議のウェブサイト(https://www.cckawasaki.jp/)で紹介されている。

【関連記事】

おすすめの記事