Yahoo! JAPAN

【2022年】おすすめアユ友釣り場:岐阜・長良川郡上漁協管内

TSURINEWS

広い瀬が続く名皿部橋上流(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森 渉)

今年もいよいよアユ釣りが始まる。今回もホームグラウンドの、岐阜県・長良川郡上のポイントを紹介するので参考にしてほしい。

長良川郡上のアユ釣り状況

今年もいよいよアユ釣りが始まる。今回もホームグラウンドの岐阜県・長良川郡上のポイントを紹介したい。

4月に入り郡上では各所でアユの放流が始まった。放流されるアユの量や種苗はほぼ例年通りだが、岐阜県魚苗センター海産系F1が600kg増の15600kgになった。

解禁日は6月4日土曜日。大きく変わった点は、トモ釣り専用区の期間延長。高鷲地区の専用区が解禁日~8月21日までが9月11日までに変更。

また明宝地区の専用区が、解禁日~8月21日までが9月1日までになった。トモ釣り師としては、専用区の期間が延長になるのはうれしい。

大和地区名皿部橋周辺略図(作図:週刊つりニュース中部版APC・松森 渉)

昨年の状況の振り返り

まずは昨年の状況を振り返りたい。例年だと管内上流部が初期の有望エリアになるが、昨年は高鷲地区がスロースタートだった。白鳥、大和は例年通りの釣れ具合だったと思う。八幡、美並エリアはスロースタートだった感じだ。

例年初期はアユの活性が低く、梅雨明けまでは釣れたり釣れなかったりの日が続いた。

しかし梅雨明けからは活性化し、良型のアユがサオを絞った。そのまま7月後半~9月いっぱいは良好だった。天然ソ上アユも梅雨明けから機能したように思える。

10月に入っても場所ムラはあるものの、釣果は上がっていた。八幡地区では尺アユを釣り上げた人もいたようだ。今回は、例年安定した釣果が出ている大和エリアの紹介をしたい。

アユ釣りのタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・松森 渉)

名皿部橋上流エリア

名皿部橋上流は広い瀬が続くエリアで、平瀬、チャラ瀬、急瀬と変化に富んでいる。右岸左岸どちらからでも入川可能で駐車スペースも多い。右岸側の方が駐車スペースは多い。入川口も分かりやすく足場もいい。初心者や高齢者にはうってつけだ。

釣り方も、泳がせ釣り、引き釣りどちらでも釣果が上がる。増水すると急瀬、荒瀬に変貌するのでそのときはタックルをワンランク上げたい。また右岸側がアカ残りになるので覚えておこう。

オトリ店は名皿部橋の袂にある丹羽オトリ店が便利。オトリ店に駐車できるし休憩もできる。

名皿部橋上流は広い瀬が続く(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森 渉)

名皿部橋下流~釜淵橋エリア

名皿部橋下流は下流にエン堤があり、橋からエン堤までは上流と同じ感じ。エン堤下流は流れが少し絞られる。変化も多くなり、所々に深みがありその近辺が有望ポイント。左岸に奥長良ウインドパークがあり駐車できる。しかしコロナの影響で、入り口にゲートが設けられることがある。

ウインドパークの少し下手に、淵に落ち込む荒瀬がある。この荒瀬が一番の有望ポイントで、淵からアユが差してくる。全体的に小型が多い。流れが強いので、釣りをする際は無理な立ち込みは控えよう。

荒瀬が落ち込む淵は、地元で「トロ淵」と呼ばれおり、アユがたまっている。一日のんびり釣るならここ。右岸の河原から釣ろう。型は平均いい。

釜淵橋上流に二股に分かれる瀬は、梅雨明けからのポイントで増水なら左岸、水が引いてこれば右岸を狙う。

長良川郡上大和の名皿部橋下流(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森 渉)

穴場の支流大間見川エリア

奥長良ウインドパーク前を支流の大間見川が流れている。釣り人がオトリ缶を沈める場所で足場が良く普段は水量が少ないが、意外にここが釣れる。特に増水時は一度サオを出してみよう。反応が良ければ結構拾える。

長良川郡上は、長い目で見て釣りが楽しめる川だと思う。他の川ができなくても、郡上だけは釣りが可能なときが結構ある。水引きが早く、多くの釣り人に応えてくれる川だと思う。

<週刊つりニュース中部版APC・松森 渉/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年5月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post【2022年】おすすめアユ友釣り場:岐阜・長良川郡上漁協管内first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事